FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

明日から横浜:柚木ミサトさんの「あかいつぶつぶの絵」展(10/19~23、あざみ野)

『We』編集部のある、横浜・あざみ野のスペースナナ内ギャラリーにて「あかいつぶつぶ展」開催です。柚木ミサトさんの「あかつぶ」のイラストを使った「まもろう」缶バッジ、私もリュックにつけてます。

あかつぶ缶バッジ、あかつぶポストカードなど、あかつぶグッズも販売するそうです。横浜・関東方面のかた、ぜひおいでください。スペースナナで『We』も売ってますので、あわせてごらんください!(ちょっと立ち読み
-----
柚木ミサトさんの「あかいつぶつぶの絵」展

会期:10月19日(水)~10月23日(日)
会場:ギャラリーナナ

(※東急田園都市線、横浜市営地下鉄「あざみ野」駅・西口より徒歩6分)アクセス地図
営業時間:11時~18時 (10/21金・10/22土はイベント開催のため10時半~18時)

柚木ミサトさん「あかいつぶつぶの絵」この赤いつぶつぶは、放射能を表しています。

可愛らしくてキャッチーなのに、恐ろしい現実を分りやすく私たちに伝えてくれる「あかいつぶつぶの絵」

この絵を見て、ハッと今の私たちが置かれている現状に気づいた人は多く、様々なパンフレットやチラシに利用され人から人へ、少しずつ放射能被害の深刻さを伝えるツールとして、拡散され続けています。
柚木ミサトさん「あかいつぶつぶの絵」今やいわば放射能汚染から子ども達を守るシンボル的存在です。

柚木さんの愛らしいイラストに秘められたメッセージを、是非この機会に見て、感じてください。


「あかいつぶつぶの絵」

作者・柚木ミサトさんのブログ
「1日1絵」

【同時開催】

こつこつコテコテ吉田一郎展@海月文庫

こないだの「地図展」には行きそびれてしまった海月文庫で、こんどは「こつこつコテコテ吉田一郎展」。土曜に『We』を売りにいった振り替えで午後「休み」、海月へうろうろと見にいってきた。

これが、ごっつオモシロかった。

メインの作品は「大人(おおびと)さん」。袋菓子、スナック菓子、インスタントラーメン、コメ…などの食品包装のペラペラの袋から、工房ちかくの海に流れついたモノまでが縫い合わされて、大きな人になっていた。
こつこつコテコテ吉田一郎展@海月文庫
Genre : 日記 日記

秋季特別展「さわる―みんなで楽しむ博物館―」(開催中~10/10、大阪・吹田市立博物館)

We170号『We』170号で、「さわっておどろく」話を聞かせていただいた、みんぱくの広瀬浩二郎さんからの案内です。私も近々行く予定~~

博物館のモノをとことんさわれるそうです!!
ホームページで見ると、図録もおもしろそう。
-----
吹田市立博物館 秋季特別展
さわる ―みんなで楽しむ博物館―

チラシ画像:さわる―みんなで楽しむ博物館―人は博物館のモノをさわることで何を得、何を感じるのか?

この特別展では、皮膚感覚・聴覚・嗅覚などの感覚を使って博物館を楽しむことでどのように来館者の知が無限に広がっていくのか、その多様性と可能性を来館者と共に考えます。

展示室では、博物館のモノをとことんさわることができ、9月の土日祝日にはさまざまな関連イベントが開催されます。また、触図・点字版の図録も販売します。

会場:吹田市立博物館 
    交通アクセス
会期:2011年9月4日(日)
   ~10月10日(月・祝)

開館時間:午前9時30分~午後5時15分。
休館日:9月5日(月)、12日(月)、20日(火)、26日(月)、10月3日(月)
観覧料:大人200円(160円)、高・大学生100円(80円)、小・中学生50円(40円)
*( )内は20名以上の団体割引料金
*市内在住の65歳以上の方は100円
*市内の小・中学生は「ぐるっとすいた」カードを持参するか、土曜日に来館する場合は無料
*9月4日(日)、23日(金)、24日(土)は、観覧料無料

問い合わせ:吹田市立博物館 〒564-0001 吹田市岸部北4-10-1 
        電話06-6338-5500 ファックス06-6338-9886 
Genre : 日記 日記

長谷川義史作品展 「こどもたちGO」7/14~7/19@海月文庫アートスペース

今日から、海月文庫(くらげぶんこ)で長谷川義史作品展 「こどもたちGO」が始まってるはず。7/14(木)~7/19(火)、11時~19時(最終日は17時まで)。

土曜(7/16)には音太小屋(ねたごや)で「めぢかららいぶ」だそうですが、音太小屋に100人?!「体力に自信の無い方、お子様はご遠慮ください」と書いてある。私には体力的にムリかも…
長谷川義史作品展 「こどもたちGO」7/14~7/19@海月文庫アートスペース

近日海月へいく予定~
Genre : 日記 日記

絶滅危惧種、此処におる─たてのかよ&モンキー岡田絵画展(海月文庫、~5/29)

お弁当展のときに『特急おべんとう号』を見て、うわー!おもろすぎると、楽しみに楽しみにしてたモンキー岡田さんとたてのかよさんの「絶滅危惧種、此処におる」展@海月文庫『We』172号の入稿がすんだら、これや~と、待ち遠しくおもっていた。今日から!(~5/29、11時~7時、最終日は5時まで)

「ライオンになるのが夢」という(テストにも名前を「ライオン」と書くらしい)上の子の絵も貼ってあって、これがよかった。今回のタイトル「絶滅危惧種」については、片隅にぴらっと置いてある、その上の子の話を書きとめた紙を参照(これがものすごくおもしろい)。

奈良で図鑑を見ながらサバンナを妄想したモンキーさんの絵と話のばかばかしいおかしさ(これも、ぜひ本になってほしい)。たてのさんの絵のそこはかとないおかしさ。にやにやして笑えます。
絶滅危惧種、此処におる─たてのかよ&モンキー岡田絵画展
Genre : 日記 日記

長沢芦雪 奇は新なり(MIHO MUSEUM、~6/5)

長沢芦雪 奇は新なり石山駅からバスで50分という、行くのに気合いが必要なMIHO MUSEUMで、「長沢芦雪 奇は新なり」展。今回の目玉は、去年みつかったという「方寸五百羅漢図」。方寸というのは、3センチ四方くらい。その中に五百はないけど、羅漢さんが三百くらい描いてあって、象なんかもいる。

石山から、1時間に1本のバスは、美術館までほんまに50分かかる(片道800円)。瀬田の唐橋を渡ったあとは、ぐんぐん山へ近づいていって、けっこうな山道をぐいぐいとバスは走り、目には新緑があざやか。山のなかでみる藤も、お手入れされた藤棚とは違って、かっこよかった。

前にここへ来たのは、秋の若冲展。その前の蕪村展は春季展だが、こんな新緑の季節に来るのは初めてやなと思った。
Genre : 日記 日記

「プリズム・ラグ ~手塚愛子の糸、モネとシニャックの色~」展(大山崎山荘美術館、~6/12)

「プリズム・ラグ ~手塚愛子の糸、モネとシニャックの色~」展大山崎の山荘美術館へ久しぶりに行く。もひとつ前の「山荘美学:日高理恵子とさわひらき」展も行きたかったけど、行きそびれた。今やってるのは、「プリズム・ラグ ~手塚愛子の糸、モネとシニャックの色~」展

これが、めっちゃおもしろかった。美術館のサイトや、チラシを見ても、おもしろそうなニオイはただよってくるが、現物を見ると、なんかもう「モノを見る目」が変わってしまうかんじ。

隠れてるものを、見えるようにしてみせる。そして、見立ても含まれていて、「ああ、そうか」と、気づくともう元のようには見えなくなる。目が更新されるというか。
Genre : 日記 日記

パウル・クレー展 おわらないアトリエ(京都近美)

パウル・クレー展 おわらないアトリエ水曜の「やすみ」は、『We』読者でもあるふたりのiさんと一緒に、京都の近美へクレー展をみにいった。住んでるところがバラバラなので、最寄り駅の東山で集合。お昼を食べてから、近美へ入ると、いつもはわざわざ言われないが、背負ってるリュックをロッカーへ入れてくれと言われる。

3階の企画展会場は、込みすぎでもなくガラガラでもなく、ほどほどの人出(土日はさすがにもっと混雑するのだろう)。今回の会場は、展示室の中にたくさんの「壁」が立ててあり、その両面に作品を展示するようになっていた。出展数がかなり多いせいもあるのだろうが、ちょっと迷路のようであった。
Genre : 日記 日記

子どもが見たアート十選

2月の半ばから、日経の文化面(朝刊の一番ウラの面)の右上で「子どもが見たアート十選」の連載をやっていた(日経はこの「ナントカ十選」を、いろんなテーマでやっていて、毎回なかなかいけてる)。連載は3/4で終わったが、もっと読みたいな~と思うおもしろさだった。

美術館とかああいうところで「シーーッ!」と言いながら(言われながら)見るのはおもしろくない。なんじゃこりゃー!とか、こうかな?ああかな?ああ見える、こう見えると、自分の経験に照らしたり、他の人の思うことを聞いたり、想像力をむくむくとふくらませたり、そんなのをごちゃごちゃやりとりしながら見るほうが、おもしろいと思う。

一緒に行った誰かと、同じものを見た誰かと、そういうやりとりするだけでなくて、見て感じるところには自分の内とのやりとりもあると思う。
Genre : 日記 日記

イロとソザイで ぬう連者(3/3~14、ドットアートコスモ 右脳の散歩道ギャラリー)

「どっぷり船場 じっくりアート」展のキモイリだった船場のドットアートコスモから、にぎやかでおもしろそうな次の展覧会の案内が届く。行きたーい! 
-----
第7回近大連者展 『イロとソザイで ぬう連者』
会期:2011.3/3(木)~14(月)
時間:平日12:00pm~19:00pm 土・日12:00pm~16:30pm
12(土)/13(日)3時半より、ぬいぬい・立体ワークショップ体験下さい
会場:ドットアートコスモ(大阪市中央区淡路町2-5-8 船場ビル203) 入場無料
第7回近大連者展 『イロとソザイで ぬう連者』
Genre : 日記 日記
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ