FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

虹色ほたる 永遠の夏休み


虹色ほたる 永遠の夏休み
川口雅幸
\1,575
アルファポリス
2007年

手話サークルの人から借りた本。
話の運びは、もひとつ…と思ったし(かなり無理を感じる部分がある)、登場人物の造形もステレオタイプが勝ってる気がしたが、ところどころ、とくにタイトルにもなっている蛍が飛ぶシーンなどは、文字からイメージがふくらむようで、わるくなかった。

この本、アルファポリスの「ドリームブッククラブ」という、読者支援により書籍出版化を目指すサイト発らしい。
著者のサイトを探して見てみたら、なにかの推薦図書になったとかで、9刷だそうだ。

9刷なら、修正されているだろうとは思うが、私が借りた1刷にはよくある誤字が。

184ページの3行目、

▽若干小六のオレが

ここは、意味からして「弱冠」だろう。ひじょうによくある誤字だが、ごていねいにルビが振ってあるから、編集段階で誰も気づかずにスルーされたのだろう。

もう一つ、ケータイ持たずの私には詳しく分からないが、携帯電話の留守録というのは、電話本体に録音されているものなのか?

というのも、物語の冒頭で、主人公ユウタが交通事故死した父の形見として持っている、古い型の携帯電話がでてきて、

▽実はこのケータイには、お父さんの声がたくさん録音されているのだ。
 何れもオレが借りた時に、お父さんがオレ宛てに伝言したもの。
 そう、これは世界に一つだけしかない、お父さんのメッセージ入り携帯電話。
 形見であり、オレの大切な宝物だ。(p.14)

という語りが入る。

昔のケータイのことも今のケータイのことも詳しくは知らないが、留守電というのは、どこかのセンターに録音されて、それを聞きにいくのではないのか? 電話本体に録音されるのか?

固定電話の留守録なら、私もわかる。今はデジタル式の録音になっている機種がほとんどだろうが、昔は、小さなカセットテープが入っていた。

祖母が死んだときも、母が死んだときも、いろいろな声が残ったその録音テープを、私は処分できず、そのテープがセットされていた電話機本体がつぶれてなくなった今も、引き出しに入ったままだ。

もう二度と聞けないだろうけれど、捨てられない。

ただ、ケータイの留守録がそんなものなのかは、私にはわからない。

配達あかずきん


配達あかずきん
大崎梢
\1,575
東京創元社
2006年

『平台がおまちかね』を読んだら、こっちの本屋の話もまた読みたくなって、図書館で借りてきた。本屋の大変さもわかりつつ、本屋で働いてみたくなる小説。

謎解きがわかっていても、もう一度読んでおもしろい。

野球の国のアリス


野球の国のアリス
北村薫
\2,100
講談社
2008年

同僚さんから借りた本。本の造りが凝っていて、ページの角がまるく削ってあるところなど、辞書のような感じ。

“かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド” というシリーズの一冊。いずれも書き下ろしなのだそうだ。

野球が好きで好きで、小1の頃からボールを握ってきたアリス。少年野球チームのピッチャーだったけれど、中学からさきは、女だと見通しがくらい--高校になったら野球部員になったって、女は公式試合のベンチにも入れない。

小学校を卒業したアリスが、ある日、鏡の向こうの国へ行って…
時間が少しずれていて、空間の向きが逆さのその国で、アリスは「これが最後になるのだろう。一生で最後だろう」と思って、投げる。

『鏡の国のアリス』を、もう一度読んでみようかなと思った。
それと、この書き下ろしのシリーズも。

家郷の訓


家郷の訓
宮本常一
\630
岩波文庫
1984年

タイトルは、かきょうのおしえ、とよむ。
久しぶりに古本屋らしい古本屋で、古い岩波文庫を買う。今のような白い紙のカバーがかかったものではなく、青い帯が巻かれていて、もとはハトロン紙がかけてあったであろう時代のもの。といっても、これは文庫では1984年が初版で、私が買ったのは同じ年に出た2刷のものだった。

今売っている文庫は630円らしいが、この84年のものは奥付に400円とあり、私は古本屋で250円で買った。

『家郷の訓』は何度か読んでいる。白いカバーがかかった文庫も一度は(もしかしたら二度くらい)買ったはずだが、本棚に見当たらないので、また読みたくて買った。

青い帯にはこうある。

▽故郷の暮しの中に,子どものしつけのありようを描いた出色の生活誌.子ども・民俗・教育を考える人への贈り物.


もとは、第二次大戦中に書かれ、出版された(1943年)本で、戦中のこともあちらこちらに書き留められている。(この戦中に書かれたことの印象は、以前読んだときにはほとんどなかった。)

「私の家」から書き起こされた『家郷の訓』は、「よき村人」の章で閉じられる。
その「よき村人」のなかには、幸福ということについて、このように書かれている。

▽本来幸福とは単に産を成し名を成すことではなかった。祖先の祭祀をあつくし、祖先の意志を帯(たい)し、村民一同が同様の生活と感情に生きて、孤独を感じないことである。われわれの周囲には生活と感情とを一にする多くの仲間がいるということの自覚は、その者をして何よりも心安からしめたのである。そして喜びを分ち、楽しみを共にする大勢のあることによって、その生活感情は豊かになった。悲しみの中にも心安さを持ち、苦しみの中にも絶望を感ぜしめなかったのは集団の生活のお陰であった。村の規約や多くの不文律的な慣習は一見村の生活を甚しく窮屈なものに思わせはするが、これに対して窮屈を感ぜず頑なまでに長く守られたのはいわゆる頑迷や固陋からばかりではなかった。怡々(いい)としてこれが守り得られるものがそこにはあった。それがこの感情的紐帯である。(p.193)


仲間がいること、共に遊び、仕事をするツレがいることは、「子供仲間」の章や「若者組と娘仲間」の章にも書かれている。むしろ、子供の仕事が多くあり、また若者や娘たちの担う仕事が多くあったため、一人ではなかなかできるものではない辛気な仕事を仲間とともに、退屈せずにやりとげたのだということだろう。
子供たちが学校へ行くようになったことのほかに、子供の仕事がめっきり減ったために、子供同士の紐帯が解けてきたと宮本は記している。


宮本常一をよむと、亡き恩師を思い出す。
先生が言っていたのは、こういうことだったのだろうかと、いまさら思い出し、なつかしく思う。

フルタイムライフ


フルタイムライフ
柴崎友香
\1,470
マガジンハウス
2005年

心斎橋近くのビルにある包装機器会社に事務職として勤めることになった喜多川春子の一年を書いた小説。OL小説で関西弁だと、田辺聖子を思い浮かべる。
この小説も読んでいて、ドラマ「芋たこなんきん」で藤山直美が金物屋で事務員をやっていたのがふと浮かんだ。

グッジョブかぁちゃん レディコミ女王の育児奮闘日記


グッジョブかぁちゃん レディコミ女王の育児奮闘日記
渡辺やよい
\1,000
徳間書店
2006年

こないだ読んだ『ピーター・ノースの祝福』の渡辺やよいのマンガを借りてきた。
内田春菊とはまた違う意味で、スゴかった。どっちかというと、中田雅喜の『ももいろ日記』風。

絵柄はもひとつ私の好みではなかった。
「父兄」と出てくるのもなー、ちょっとなー。

やはり、小説を読んでみたい。
しかし近所の図書館には『ピーター・ノースの祝福』以外に渡辺やよいの小説がないので、他市からの相互貸借待ち。

コトの本質


コトの本質
松井孝典
\1,575
講談社
2006年

松井孝典が、いかにして松井孝典になったか、が語られた本。
中学、高校を、松井孝典の同級生として過ごしてきたパキラハウスの佐藤雄一が、「インタビュアーからのまえおき」を巻頭に書いている。

▽何がわからないのかわからないという困惑から、彼のこれまでの著書をくりかえし読むうちになんと二年あまりが過ぎてしまいました。「松井君をインタビューして、自分とはどこが違う人間なのかを答えなさい」という問いをおのれに課し、最初の五分で違いは明らかになったのですが、全体像がどうにもとらえられない。彼をつかまえる視点が見つけられないのです。

わざと「私はなぜ一流なのか」というスカッとするほどに傲慢な設問を立てて、彼の言葉の山を整理してみたり、漱石の「自己本位」の流れをひいた「エゴイスト」というコンセプトで見直したり、人生システムとして見た「松井システム」とは何かを模索したりしては放擲していました。放擲したままでは、時間を割いてくれた松井さんにあいすまない。ウジウジと行きつもどりつしているうちに、彼の話の中に出てくる「見る」という言葉、「見える」という言葉がなんとなくひっかかってきました。

そして「ものを見る」と「ことが見える」というふたつのいいまわしがあることに気づいたとき、ああ、そうだったのかとわかりました。あの言葉とこの言葉がつながり、ここの話とあそこの話との関係がわかってきて、自分の問いに対する答案の展望が開けました。しかし、素材である松井さんの言葉は何も変わっていません。変わったけれども何も変わらない。何も変わらないけれど、頭が軽くなるほど変わった。何が変わったかといえば、原稿の切り張りをザクザク進めていく際に、確信があるかないかだけの差なのです。

松井さんの感動、喜びの根源についての言葉を集めて構成したのが第一章となっています。松井さんという人間を理解する入り口がここに示されています。そのような松井さんができあがったプロセスを第二章で、社会の中で生きている関わりを第三章で、考えることのプロフェッショナルとはどういうものなのかが第四章でまとめてあります。(pp.5-6)


松井の語りが、構成されて、示されている。
その意味では、この本は「松井孝典著」ということになっているが、ちょっと違う。

自分は一流だ、それ以外の学者との違いはここなのだ、というような話は、人によっては傲慢さを感じてうんざりするであろうが、その“傲慢な感じ”も含めて、けっこうおもしろかった。

たしかに、この人の発想には、別の次元へ跳躍するような、突き抜け感がある。

きょうのできごと


きょうのできごと
柴崎友香
\473
河出文庫
2004年

関西弁小説。
もう、めっちゃ関西弁の小説。


映画にもなったらしく、その映画の撮影にからんだ「きょうのできごとのつづきのできごと」というのが巻末に入っている。小説の世界と、映画撮影というこの世の世界と、だけど映画の世界という虚構の世界と、そのへんがごちゃっとなって、不思議なテキスト。

もう一冊なんか読んでみよかな。

美しい庭のように老いる 私の憧れの老女たち


美しい庭のように老いる 私の憧れの老女たち
宮迫千鶴
\1,785
筑摩書房
2001年

宮迫千鶴の本で印象深くおぼえているのは『超少女へ』。ほかに読んだことがあるのは『ママハハ物語』や『ハイブリッドな子供たち』、『サボテン家族論』など、家族モノ。

宮迫がことしの6月に60歳で亡くなったのは、びっくりした。病気だったにしても、60は早い。母が59で死んだのとほとんど同じで、早すぎると思ってしまう。

この本は、表紙がキレイで、ずっと気になっていた。
ちょっと調べものもあって、ついでにするすると読む。

表紙の絵は、宮迫自身の描いた絵だ。


タマーロの『心のおもむくままに』に出てくるオルガの言葉が引かれている。

▽過ちをおかすのは自然なことだが、それを理解せずに逝ってしまったら、人生も無意味になってしまう。
(p.56)

祖母の話、ばあちゃんたちの話が、印象に残る。
年を取るのがこわくなくなってきたのという話も。

夏の初めと夏の終わりに、新聞折り込みには、「アンチエイジング」と称して、“とても○○歳には見えない”という使用者の顔をばばーんと並べた、ナントカ液やらナントカ石鹸やらの広告がごっちゃり入っていた。

そういう広告を見るたびに、いかに若く見えるかということや、○○年前とほとんど変わらないというのが強調されるのは、何なんやろうなーと思っていた。

老けるのがこわいのか?
老いは先延ばしすべきことなのか?
シミやシワの集積よりも、そんなのがないつるっつるの肌がよいものなのか?

この本を読んでいて、そんな広告のことがふと頭をよぎった。

終末のフール


終末のフール
伊坂幸太郎
\1,470
集英社
2006年

よく本を貸してくれる同僚さんが、伊坂幸太郎がけっこうすきだと言うので、そのうち読んでみようと思っていた。こないだ『終末のフール』がおもしろかったと聞き、さあ今度こそと借りてきた。

「8年後に小惑星が衝突する、そして地球が滅ぶ」と発表されてから5年、「あと3年」を生きる人たちを描いた連作集。

発表直後は、われ先にと安全な場所を求めて移住しようとする人たち、食糧を買い占めようとする人たちがあふれ、どうせ先はないと人を殴り殺してみる者があり、暴力や略奪によって社会の秩序はほとんどなくなったかのようだったが、そうした混乱状態もやや落ち着き小康を保っているかにみえるという仙台が舞台。

「小惑星の衝突→地球滅亡」という設定は、荒唐無稽な気もするが、「あと3年」をはかなんで死のうとする者があり、妊娠がわかって産むかどうかを迷う夫婦があり、接近する小惑星が見られるなんてと衝突当日が晴れた夜であってほしいと願う天文オタクがあり、妹の仇を打とうとする兄たちがあり…限られたものになった時間をどう生きるのか、生きられるのか、不思議な設定ながら、次々と読む。

読んでいて、暴力をふるうのは男だというのが前提になっているなあと思ったのがここ。

▽「…僕の両親がさ、突然、バットで殴り殺されたんだ」
 [中略]
 「犯人の男は死んだのか?」まず真っ先に脳裏に浮かんだのは、そのことだった。(p.198)


 「犯人は死んだのか?」ではなくて、「犯人の男は死んだのか?」
 そうか、「男」ということになっているのか、と思いながら読んだ。


連作になっていることは、途中からわかってきた。だから、最後まで読んでから、もう一度、てっぺんから途中まで読んだ。ああ、ここで出てきたこの人が、こっちのこの人か、と少しずつ分かってくる。

伊坂幸太郎の本は、なにか棚にあれば…というのでは借りられそうになく(複本も含めほとんどの本が貸出中で、リクエストもちらほらついている)もう一冊リクエストしてあるので、それを次は読んでみるかな。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ