FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

戦争を生きのびた一族

 今日はらんぷの中国茶会へ行きたいがために、仕事は半休をとって、昼まで。カウンター当番をしながら、業務用の本をこりこりと読む。
 図書館経由でいったん帰って、ミートソースのスパゲティで軽く昼ご飯。しばらく本を読んだあと、らんぷへ向かう。付近のギャラリーも見たいので、ちょっと早く出て、宝船の展示と、和ろうそくの展示と、クリスマスがやってきたという展示と、3軒をハシゴ。

 それから中国茶会。今日は妹2号と一緒。大紅袍(だいこうほう)という貴重なお茶がまず出る。オヤツもおいしい。緑茶と、紅茶を順に出してもらって、チーズケーキも出た。おいしい。お茶を飲みのみ、妹2号や、他の参加者の方がたとおしゃべりするのがまた楽しい。

 6時過ぎにおひらき。それから梅田へ戻り、私は同居人と待ち合わせ。その前に、妹2号とちょっとだけ毛糸屋へ寄って、ネックウォーマーを編むための糸を預かる。
 同居人と映画館で合流。今日は「硫黄島からの手紙」。こないだ見た「父親たちの星条旗」と対になっている映画。

 映画がはねたあと、軽く飲みにいこうとビール屋に入る。チーズ盛り、薫製盛り、サラダ、ザワークラウトをアテにして、ビールを飲む。外でビールを飲むのはほんとに久しぶり。

 もっといたかもしれない、同世代のことを考える。「ここにいるのは、戦争を生きのびた人たちの一族なんやなあ」と思う。
 戦争で、ぼこっっと世代が欠けている影響を、分析したものってないんですかねと同居人が言うので、どくふれんの話をする。戦争によって、同世代の多くの男たちが死に、独身で生きた女たち。「芋たこなんきん」の矢木沢さんも、おそらくそういう一人だろうと。

 同居人と初めて一緒に見た映画の話もする。ルビー・モレノが出ていた「あふれる熱い涙」。どんな話だったかは、ほとんどおぼえていない。同居人は「白いゲロ」だけおぼえてるらしい。

よく歩く

 明け方、ばたばたと雨の音がして、ほったらかしていた洗濯物を急ぎとりこみ、そのあとまた寝て、ちょっとゆっくり起きる。

 朝ご飯を食べてから、高校時代の美術部の後輩も出展してるというクラフト展を見物にいく。雨はあがって、陽が射している。クルマがあれば、ウチのすぐ前から道路を南下すればすぐの場所だが、クルマはないので、最寄り駅まで電車に乗り、そこからてくてく25分くらい歩く。晴れてきて、ちょっと暑くなってきた。

 後輩Nさんにも会えて、最近の消息を聞き、作品の話もちょろりと聞いてから、他の人の作品もいろいろ見てまわる。おもしろい。

 おいとまして、また駅まで25分くらい歩き、電車に乗って、同居人との待ち合わせ場所へ。昼ご飯を食べて、国立国際美術館へ行こうと。

 昼は焼売屋で焼売つきの日曜セットを食べた。これがかなりのボリュームで、お腹がすっかり重たくなってしまった。おいしかったけど、ちょっと量が多かった。

 美術館まで歩きはじめた頃には、雲が出てきて、ちょっとかげってきた。風もつめたくなってきた。

 美術館から出てきたら、雨が降ったあとだった。中にいたあいだに、ゴロゴロと雷のような音がしてるなと思ったのは、やはり雷だったらしい。

 朝からはりきって歩いて、ちょっとくたびれたか、途中ものすごく眠くなって、小川信司展をみたあと、ソファでしばらく寝た。

 どっかでコーヒーでもとうろうろ梅田まで戻るが、うまく空いてる店がなくて、お茶はあきらめ、帰ることにする。電車でまたぐうぐう寝る。

 晩は軽めにということで、野菜多めのあっさり鍋。白菜、大根、人参、しめじ、豚バラ少し、豆腐を鶏ガラスープでたいた。柚子こしょうが合う。それと、菊菜ともやしのゴマ和え。

 一風呂あびて、ヒューマンライツの校正をこりこりやって送る。
 寝る前に魚喃キリコの『南瓜とマヨネーズ』をよむ。マンガ。こないだ角田光代との対談で出てきて、図書館にあったのを借りてみた。なかなかおもしろい。他のも読んでみたいけど、図書館にないなあ。

11月に読んだ本

11月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
○川上弘美『ざらざら』マガジンハウス \1365
○香坂直『走れ、セナ!』講談社 \1365
○桑田乃梨子『一陽来福 1+1=0』白泉社 \680
○田辺聖子『私の大阪八景』岩波現代文庫 \945
○村瀬学『自閉症 これまでの見解に異議あり!』ちくま新書 \756
○奥野修司『皇太子誕生』文藝春秋
○奥野修司『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年』新潮社 \1529
○桑田乃梨子『犬神くんと森島さん』白泉社 \730
○桑田乃梨子『おそろしくて言えない 1』白泉社 \630
○小澤勲『痴呆を生きるということ』岩波新書 \777
---10
○村中李衣『絵本を読みあうということ「読書療法」の向こう側とこちら側』ぶどう社 \1575
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 7』秋田書店 \798
○いしいひさいち『武士道残飯物語』双葉文庫 \600
○戸部けいこ『光とともに 自閉症児を抱えて 8』秋田書店 \798
○きくちさかえ、鈴木 賀世子著/早乙女智子医学監修『卵子story 女性のからだと卵子のひみつ』小学館 \1050
○工藤直子『象のブランコ とうちゃんと』集英社文庫 \650
○江弘毅『「街的」ということ お好み焼き屋は街の学校だ』講談社現代新書 \756
○日本経済新聞社編『会社とは何か』日本経済新聞社 \1680
○魚住直子(作)、渡辺あきお(絵)『ハッピーファミリー』学習研究社 \1260
○魚住直子(作)、伊藤英一(絵)『海そうシャンプー』学習研究社 \1260
---20
○香坂直『トモ、ぼくは元気です』講談社 \1365
○田辺聖子『女の気まま運転 カモカ・シリーズII』文春文庫 \368
○角田光代『夜をゆく飛行機』中央公論新社 \1575
○鶴見良行『対話集 歩きながら考える』太田出版(ナマコ・コレクション1)\2940
○倉本智明『だれか、ふつうを教えてくれ!』理論社(よりみちパン!セ)\1260
○岩井克人、奥村宏、木村政雄、小林慶一郎、紺野登、成毛真、平川克美、ビル・トッテン『会社は株主のものではない』洋泉社 \1000
○埼玉大学共生社会研究センター編、鶴見俊輔、池澤夏樹、内海愛子、熊岡路矢、中村尚司、宮内泰介、村井吉敬、吉岡忍『歩く学問ナマコの思想』コモンズ \1470

TOTAL \29192

散歩

 朝から雨。けっこう降る降る。原稿が仕上がっていれば父ちゃんちへ行こうかなと思っていたが、雨も降るし、原稿もまだできんので、今日はウチにいることにする。

 コーヒーいれて、ぼちぼち書く。鶴見本などをぴらぴらとながめながら、なでながら、書く。昼過ぎに、送稿して、一段落。

 昼ご飯を食べて、腹ごなしに晩ご飯用のカレーの支度をして、さてどれを読もうかと迷って、清水眞砂子の『そして、ねずみ女房は星をみた』を読む。

 これが、よかった。ことし書いた本らしい。なるべくゆっくりと思いながら、つぎつぎと読む。紹介されている本もいいし、清水の文章もいい。

 暗くなるまで清水の本を読んでいた。図書館へ行く。
 雨はようやくあがったけど、もう暗い。

 鶴見良行が宮本常一について書いたことばが、長田弘の「散歩」の詩に似ているように思って、むかし持ってたはずの(しかし見当たらない)本を図書館で読む。「散歩」が入っている『深呼吸の必要』という詩集は何度か買って、人に貸したり、人にあげたり、いろいろしていた。その間に、ぜんぶ失ってしまったらしい。

 「散歩」という詩がすきだった。「散歩」の詩をよんでから、詩集の最初にもどって、「あのときだったかもしれない」から順に、ゆっくりよんでいく。図書館に寄贈されたらしきこの本が、長田のサイン本であることにも気づく。閉館のすこしまえまで、ゆっくり読んで、今日はカードに空きがないので、もう一度読みにくるからと置いといてもらう。

 それから手話。今日は「手話でおしゃべり」の日だった。
 帰り際に、聾者のNさんと立ち話。福岡出身のNさんは、高校を出たあと、仕事のために大阪へ来た。福岡と大阪では手話がちがっていて、会社の新人研修のときに、通訳の手話がうまくよみとれず、わからなくて困ったという。口を読みとるにも、「~やねん」「~なはれ」「~でしょ」といった語尾の意味がわからず、紙に書いてもらって、ようやく分かったり、別の意味にとりちがえたり、そういう苦労もあったそうだ。
 そういうのを経てだろうけれど、Nさんは「吉本がすき」で「ダウンタウンがすき」で「紳介がすき」だという。 
 「“やねん”てどういう意味?」「“でしょ”ってどういう意味?」と訊かれて、なかなかうまく説明できない自分に気づく。

 帰って、カレー食べて、江弘毅の『岸和田だんじり祭』を少し読む。

ゴイティソーロ

 先週だったか、職場で会った人と『バスラの図書館員』の話になり、あの、図書館が焼かれたという話に似たのを前にどこかで読んだ…なんやったっけ…とここ数日ずっと記憶をたどっていて、サイードだった気がする、とすっかり手放してしまったサイードの本のことをネットで検索してみたりして、『ペンと剣』だったか、何だったか…と思案。たしかみすず書房の本だった…とネットで探しまわっていて、ようやく思い出した。ゴイティソーロの『サラエヴォ・ノート』。

 サイードの『ペンと剣』(ネットで見てたら、いつの間にかちくま学芸文庫に入っていた)も、ゴイティソーロの『サラエヴォ・ノート』も、むかし持ってたけど、いまは手元にない。こういうときに、ひょいと見られるところに、むかし読んだ本があるとええなあと思う。

 今日も朝から雲っていて、昼すぎから降り出した。けっこう降る。12月にこんなに雨が降ったっけと思うくらい。大阪の冬は「晴れ」やのに。

 朝から夕方まで仕事。本屋をぶらついて、毛糸屋をぶらついて、買い物して帰宅。昨日、同居人の里からコメとともに、大根、奈良漬け、大根ずし(奈良漬けと大根ずしはおそらく自家製)が届いたので、今日はそれを食べる。ぬくい汁物にしようと、野菜たっぷり豚汁をつくる。人参、大根、白菜、ネギに昆布をちょきちょきして入れて、くつくつたいたところへ豚バラの切り落としを投入。酒粕と味噌をときいれる。
 石川の食卓ということで、長期保存していた「こんかづけ」も出して焼く。こんかづけに大根ずしに奈良漬けでご飯がすすむすすむ。

 ひとやすみしてから、Oさん宅からまわってきた洋梨をいただく。ちょうどよく熟れて、オイシイ!

 今日は江弘毅の『岸和田だんじり祭』を読んでいた。『「街的」ということ』の人。とにかく男、男、男、男、男ばっかりの祭の話を、岸和田の女はどないしてんのかなーと思いながら読む。

 風呂で、川上弘美の『あるようなないような』をぴらぴらと読む。なんべん読んでもオモロイな~

アサリ生姜ネギの蒸し煮たまごとじ

 朝から雨。天気予報によると、この先しばらく洗濯日和はやってきそうにない。

 会議のため休日出勤の予定が、会議を延期するのでと電話がかかってきて、出なくてよくなった。ので、原稿をできたら今日書いてしまおうと、コーヒー飲みながら鶴見良行本やら網野善彦本などをぴらぴらとながめる。このあたりで書こうという気にはなっているが、まだ焦点が定まらず、ぴらぴらと本をめくる。

 『歩く学問ナマコの思想』を三読。買ってしまおうかなと迷う。買うなら、『歩きながら考える』もほしい。昨日借りてきた『ヤシの実のアジア学』と『マングローブの沼地で』もちらちらと眺める。エビ研のあとは、ヤシ研だったらしい。
 
 昼頃まで本をぱらぱらやって、返す本から書き抜きをしたあと、昼ご飯を食べて、郵便局へ用足しに。雨はあがっているが、晴れてくる感じでもない。そのあと図書館へ寄って、買い物して帰宅。帰る頃には薄日が射していたので、帰って、洗濯。明日もまた天気がわるくなるらしいが、それまでに乾くかどうか。

 リクエストしていた清水眞砂子の『そして、ねずみ女房は星を見た』と、珍しくカードが空いたので新着本の『台所あいうえお』『ファンタジーと言葉』を借りる。読みたいけど、原稿が先。

 『ヤシの実のアジア学』と『マングローブの沼地で』をちょろちょろ読んで、気分転換にご飯の支度。鍋がつづいていたが、今日はご飯に味噌汁(キャベツとシメジと人参)、菊菜ともやしのゴマ和え、生姜とネギとアサリの蒸し煮たまごとじ。

 ご飯をもりもり食べてから、お茶をのみのみ、ぼちぼち原稿を書く。同居人のやってるゲームがうるさい。きー
 

重曹

 遅番。同居人が出勤したあと、最近流れのわるい洗面所をどうにかすべく、重曹+お湯でぐさぐさと長い長い菜箸で管を掃除。
 あっという間にするすると詰まり解消。スバラシイ。

 天気はもひとつで、雨が降り出すというので、洗濯物は入れておく。

 晩ご飯は、シェフの独創的な飯。

煮込み鍋

 遅番。父ちゃんの誕生日だなあと思いながら一日すごす。電話でもしてみようかと思いつつ、結局電話もかけずに一日が終わる。

 晩ご飯はシェフ作の「キャベツと鶏の煮込み鍋」
 キャベツや人参を料理酒で蒸し煮し、その隣で鶏ガラスープをとり、グリルで手羽先を焼く。キャベツや人参の上に焼いた手羽先をどかどかのせ、鶏ガラスープをそそいでぐつぐつ。
 土鍋でつくってあったが、食べてみると、鍋というより「煮込み」。たらっとポン酢をたらし、柚子こしょうや、白こしょうを振って食べた。もりもり食べて、あったまる。

サンタクロースの大きさ

 朝はちょっとゆっくり寝て、朝ご飯のあと、同居人は午前中に予約の歯医者へ行き、昼にらんぷで待ち合わせ。すこし雨。

 らんぷへ入る前に、らんぷの隣のギャラリーと、東側のギャラリーと2カ所を見る。どっちもおもしろかった。「Silent night SUITA」と、「クリスマス・カロル きむらさちよ」と。

 それかららんぷでランチ。きしめんのような太さの春雨を炒めたのがおいしかった。降り出した雨のなかを、歴博まで歩く。寒い。

 歴博では「煉瓦とタイル」展を見る。煉瓦積みの建物が震災(関東大震災を指す)で軒並み崩れ落ちて、それから建物は鉄筋コンクリートにタイルを貼るようになった、というのに納得。煉瓦風のタイルもあり、勝手に“煉瓦づくり”と思い込んでいる建物も、じつはタイル貼りが多い。

 それから、NHKのほうへ入ってみると、芋たこなんきん関連企画として、「1000の家族写真」という展示をやっていた。家族写真がどっさり並べられていて、ある家族は20年余りの写真が、ある家族は10年余りの写真が…という具合に。子どもらが育ち、親は体型や髪型がかわり、服装や髪型の流行り廃りもそこはかとなく感じられる。こんなプライベートなものを(許可を得てのものだろうが)見られる機会はなかなかない。しかもまとめて何年分も。
 めっっちゃおもしろかった。

 それから心斎橋へ。近美の「ニッポン対美術」を見る前に、ハンズでココアを飲む。ハンズのチラシに釣られて、売り場をうろつき「ダウンソックス」を衝動買いする。これで寝るのはぬくぬくや。

 もこもこの荷物をロッカーへ押し込んで、「ニッポン対美術」を見物。こっちもおもしろい企画。同居人は島成園など、女性の画家の作品が「いい」と何度も見ていた。私は村上隆が信貴山縁起絵巻の飛倉をモチーフに使った絵を出してるのを見て、村上隆はこんなのもやるのか、と思う。ヤノベケンジの生人形は、空也のように口から人形を出していて、おかしい。
 しばらく迷って、図録を買う。
 
 電車でぐうぐうと気持ちよく寝ながら帰る。晩ご飯は、数日前のカレーをリメイクして、カレーうどん鍋。カレーの残りを鶏ガラスープでのばし、白ネギを投入。さらに牛肉と玉葱をバターで炒めて投入。うどんも投入。それをずるずるとスープごと食べた。ほかほか。

 石田千の『踏切趣味』を読んでしまう。「等身大のサンタクロースの人形」というところがあって、(サンタクロースはどんな大きさ?)と思う。

キムチ鍋

 日曜出勤。朝の目覚ましの音が、じりりりりんと、電話の音のように思えたけれど、そんな音の電話はもうだいぶ前のもの。

 朝ご飯を食べて、出勤。寒い。
 昼過ぎに、N子がライブラリーへ来て、いっしょに昼ご飯を食べに出る。1時間弱、四方山話をしながら日替わり定食を食べて、仕事に戻る。N子からは、『まろ、ん?』という、源氏物語を大掴みにマンガにしたという本を借りる。

 久しぶりに中川六平の『「歩く学問」の達人』を読む。ちょっとセイリ痛があって、帰って、ご飯の支度を待ちながら、ごろごろする。腰イタイ、腹イタイ。

 晩ご飯はキムチ鍋。シメはラーメン。辛くてあったまる。
 一風呂あびて、布団に入って、『走れ、セナ!』をもう一度読む。やはり二作目『トモ、ぼくは元気です』のほうが書きなれたというか、こなれていると感じる。『走れ、セナ!』もわるくないけど、もうちょっと人物をつくりこんでほしいような気もする。

 しっかりダウンソックスをはいて、寝る。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ