読んだり、書いたり、編んだり 

今朝子の晩ごはん 環境チェンジ!篇(松井今朝子)

久々に再読。2008年、リーマンショックのあの年の下半期には、こんなこともあったっけと思いながら読む。

巻末の、ブログ読者から松井今朝子に宛てたQ&Aのなかで、「今の20代、10代の人々に何を求めますか? また、何をするべきだと思いますか?」の問いへの答えが、いい。

▼いろんなことを、もっともっと知ってほしいと思うし、知るべきだと思います。それは何も学校のお勉強めいた知識や、近ごろ流行りの○○検定的な知識ではぜんぜんありません。隣に座って、ふっとため息をついた人の気持ち。遠く離れた国で何らかの紛争に巻き込まれている人の気持ち。自分の四代遡った先祖が生きていた時代と、そこから類推される当時の人びとの気持ち。自分のこどもが生きるであろう時代のありようと、そこから類推される子どもの気持ち。そういったことを本当に知るには、ネット検索や通りいっぺんの本で得られるお手軽な情報では到底間に合いません。多くの本を読み、多くの人と出会い、多くの人と話し、多くの人から聞き、そしてそこからおおいに想像力を働かせることが必要なのです。本来「知る」とはそういうことであることを何よりも知ってほしいと思います。(p.253)

45歳で初めて「小説」というものを書き、50歳で乗馬を始めて、55歳で初シュノーケリングをした、という松井を知ると、新しいことはこれからだっていくらでもできるのだと思える。

p.196で、おそらくグリンピースと書いたつもりであろうところが「グリーピース」となっていた(笑)。

(2016/10/29再読)
-----

『今朝子の晩ごはん』は、と実は買って読んでいる。この4も買おうかな~と迷いながら、私がこの晩ごはん本をおしえた近所のおばちゃんが買ったから回してあげるというので、じゃ貸してもらおうと思ってるうちに本屋からは消え、ゆっくり読んでるおばちゃんからはなかなか回ってくる気配もなく、図書館にあったので借りてきた。

今朝子の晩ごはん―環境チェンジ!篇 (ポプラ文庫)今朝子の晩ごはん―環境チェンジ!篇
(2009/10/10)
松井 今朝子

商品詳細を見る

9月に読みおわった本

9月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。今月は古いのから新しいのまで小説をたくさん読んだ。宮部みゆきの"杉村三郎シリーズ"をてっぺんから順に4冊読み、山崎豊子の"労音"がモデルらしき懐かしい時代の話を読み、深沢潮の昨年の作を2冊読み、(読み終えた方から本をいただいたので)宮下奈都の本屋大賞受賞作を読み、よしもとばななの描く女2人旅の話を読み、津島佑子が「差別の話になったわ」と言い残したという絶筆小説を読み、村田沙耶香「コンビニ人間」を読んでみたかったので初出の掲載誌『文學界』を借りてきたついでに他の掲載作も全部読み、新聞の書評欄でチラと見た気がする朱川湊人の主夫小説を読み、広島カープが25年ぶりに優勝したというのでカープが初めてリーグ優勝した戦後30年の年を舞台にした話を読み、「ブックマーク」で紹介されたうえに中村和恵さんの新聞連載でも紹介された子鹿の話を読み、前からちょっと気になっていた今村夏子の作を読み、読みかけで積んでいた太宰治の小説集をあたまからもう一度読みなおし、松田青子の最新刊を9月半ばに買ってから寝る前にちびちびと楽しんで読み、7月にいちど読んだ吉田修一の違う未来があるかもしれないような話をもういちど読み、常識にちょっとツッコミを入れるような朝井リョウの作を読み、有吉佐和子の初期短編集を読み… 

猛暑猛暑猛暑の8月がすぎて、やっと涼しくなるかと思ったところが、かなり暑い9月だった。台風がどんどこやってきて、雨も多く、蒸し暑い蒸し暑い蒸し暑い。朝晩がしのぎやすくなったぶん、夏の疲れがじんわりとにじんできたようなところへ、昼間の暑さとの落差が堪えるといったらない。しかも、ほとんど猛暑日のような気温の日がありーの、熱帯夜寸前みたいな寝苦しい夜がありーので、月半ばには、(アカン疲れた)と職場を早退した日もあった。

そんな合間に、ちょくちょく父の様子見にゆき、やはり秋の気配に夏の疲れが出てきたようであるなーと思う。何をするにも時間がかかって、時間が足りない足りないと父はこぼすが、さしあたり「今日やらなくていいことは、来たときに手伝うから後回しにしたら、それよりはウトウト昼寝でもしたら」と提案する。

最近、新聞のコラムから湯煮(ゆに)という魚の調理法をおぼえ、あれこれと試してみた湯煮が早速なんども食卓にのぼる。簡単でおいしい。もっと早く知りたかった! 今年も4分の3が過ぎて、来年のカレンダーや手帳が店頭に並ぶようになり、郵便局の前には"年賀状印刷"の幟がひるがえる。日が暮れるのも早くなってきた。

-----

8月に読みおわった本

8月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。今月は、「ブックマーク」86号に紹介された本の中からいくつか読み、出た頃から気になっていた本をいくつか読み、その他、買った本やもらった本や図書館で見かけた本などを読んだ。7月後半からこつこつ支度をしてきた「ブックマーク」は、職場の「夏やすみ」に入って、なんとか仕上げまでこぎつけ、ちょっと大変だった印刷と発送もすみ、ヤレヤレ。

NASAが言うてた"史上最も暑い夏"はアタリだった。7月の暑さは、いま思えば屁のようなものだった。8月に入り、ほぼ連日の猛暑日で、大阪の8月の猛暑日日数は、記録を塗り替えたという。かろうじて猛暑日を免れた日も34度だったりで、37~38度という体温を超えるような気温の日も数日あり、さすがの暑さに、図書館や空港へ避暑に行く日もあった。

去年の8月はお盆を過ぎたらサーッと涼しくなったし、一昨年の8月はやたら雨が降って猛暑日はゼロだったし、お盆を過ぎてもいつまでも暑く、9月以降も残暑が続くという予報にげんなりする。しかし、この月末に至って、見たことないような進路をとった台風10号の影響か、風と雨のおかげで一息つける涼しさになり、季節は変わろうとしているのか…と思う。

今月も様子見にしょっちゅう父宅へ行った。父の体調は落ち着きつつあるが、まだ低空飛行状態で、食が細り気味。暑さが涼しさに変わるあたりの気温の上下もカラダに堪えそうなので、自分自身の体調にも用心しつつ、父の一人住まいを見守ろうと思う。

-----

ほんのミニコミ「ブックマーク」86号ができました

「ブックマーク」86号半年ぶりに、ほんのミニコミ「ブックマーク」86号ができました。このミニコミのメインは、読者による「読んだ本・おすすめ本・これから読みたい本」の紹介です。A5判のリソグラフ刷りで、今号は32ページです。

定期購読の方には、8月27日投函で発送しました。
読んでみたい方には、見本誌を送ります。ご希望の方は、送り先をご連絡ください。
編集発行=レター&ピース
letter_peace(at)yahoo.co.jp

発送予定の前日・金曜日に「夏休み」をとっていた。昼頃に版下を仕上げ、いつものところへ印刷機を使いにいくと、なんと、印刷機が故障していた!!前に、紙折り機が壊れていて、妹や同居人と一緒に手折りでがんばったことはあるが、印刷機の故障は想定外…
Genre : 日記 日記

7月に読みおわった本

7月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。今月はどちらかというと小説が多かった。月初に初めて吉田修一を読んだら、そのあと妹や知人から本がまわってきて、さらに数作を読む。もらった文庫本で宮部みゆきを読んだら、シリーズの2作目だったので、1作目と続く3作目を読む。山崎ナオコーラは、予約で新刊を買って読み、桂望実と北村薫と朝井リョウは本屋で文庫化された作を見かけて、図書館で親本を借りて読む。申京淑の小説には娘の名として「ジニ」が出てきて、崔実の小説の主人公の名も「ジニ」だったが、これは朝鮮ではよくある名なのか、あるいはたまたまかと思う。

『中濱鐵 隠された大逆罪―ギロチン社事件未公開公判陳述・獄中詩篇』は、先月読んだ『大杉栄伝』の巻末に参考文献としてあがっていたもので、相貸でヨソの図書館の本を借りて読んだ。「未公開公判陳述」は当て字と旧字にカタカナ交じりで中濱鐵の陳述が書き取られたもので、そう厚い本でもないのに読むのに苦労した。これを読んでいる途中、読みたいと思っていた『桐山襲烈伝』を、買った人から数日貸してもらうことができて、夜更かし気味で3日で読む。中濱鐵が述べている「大逆」の準備行為と実行行為の経緯が、(陣野による小説の梗概によれば)桐山襲の小説に出てくる人物たちの思想や行動と重なるようだった。桐山襲の名は知っていたが、私が読んだことがあるのは「大逆と死刑」の文章だけで、小説は全く読んだことがなかったので、こんどは桐山の作品そのものを読んでみたい。

6月に比べ、ぐっと暑くなってきた。最寄りのアメダス地点の7月の気温は、猛暑日が2日、真夏日が22日で、それでも日が暮れる頃にサーッと風が吹いて気温が下がり、ウチの風通しがそれなりによいせいもあるが、まだそれほど寝苦しさはない。これも、8月になれば猛暑日に熱帯夜が続くのだろうか。

暑さにやられた父が体調をくずす。暑さのみならず、姉の死はやはり堪えているようで、キケンを感じて様子見に行く頻度をあげている。父の体力と気力を上向かせるには…と思案する。暑さで自分の通勤も汗だくになってきたので、用心しなければと思う。

父の様子見に行く合間に、前から気になっていた「リビングライブラリー」に初めて参加してみた。「本を読むことで他人の人生を経験すること…」といった話が有川浩の小説に出てきたが、リビングライブラリーという時間はそういう感じでもあった。

-----

6月に読みおわった本

6月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。通勤途上で、あるいは休みの日に、今月もいろいろ読んだなあと思うが、その読んだあれこれをなかなか書きとめられないまま、読むばかり。通勤時間にあまりにも浸食されていて、体力的にも精神的にもちょっとキツい。

梅雨らしい6月だった。こんなにシトシト雨の日が続く梅雨は、久しぶりな気がする。とはいえ、九州は大雨続きで、広島でも土砂崩れで電車が脱線したり(私がむかし住んでいた近くだ)、市街が冠水したり(イトコの住む近くだ)で、「シトシト」などと形容できるのは、大阪では強い雨がさほど続かなかったせいだろう。

ウチのあたりと職場付近とでは空模様が違うこともあり、出る前に天気予報と雨雲レーダーをにらんで、どの傘を持って出るか(長い傘か、雨用の折り畳み傘か、晴雨兼用か)、どの靴を履いていくか(長靴かふつうの靴か)と迷う日が多かった。職場のあたりで大雨洪水警報が出ていた日、すでにウチの付近は雨があがっていたし、逆にウチのあたりが土砂降りで大雨洪水警報の日には、職場付近はたいして降っていなかったり。あるいは、一日のうちで雨から晴れへ、晴れから雨へと天気が移り変わる日もあった。長靴を履いて、長い傘を差していったのが、帰りにはくっきりと影ができるほど晴れて、日除けに雨傘を差してみたり。

雨が多かったが、晴れた日には30度を超える真夏日もあり、かと思えば最低気温が10度近い薄ら寒い日もあって、電車やら建物のクーラーはだんだん強くなってくるし、職場まで歩くとじっとり汗ばむし、体調を崩さないようにと心掛けるのが精いっぱい。それでも移動疲れのせいか、月半ばには調子が悪かった。

5月に亡くなった伯母の満中陰法要と納骨のため、父を妹とカバーして広島往復。2ヶ月近くが経つものの、姉の急逝に父はやはり落ち込んでいるよう。生きていた人が不在になることには、そう簡単に慣れられない。

-----

5月に読みおわった本

5月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。月初の連休中、伯母が急逝した。母と同じ、寝ている間の死は、のこされた者にとって、すぐにはのみこめなくて、しばらく便りも電話もしていなかったことが悔やまれた。足弱になった父を妹とカバーしてお葬式へ。連休中の急なことで新幹線の席をとるのが大変だったが、JRのみどりの窓口の方が探してくださったおかげで、時間はかかったものの座って往復できたのが有り難かった。

4月から読みつづけている『虚栄の市』は最終の4巻をまもなく読みおわる。中島京子の新刊を読んだら、その下敷きとなっている伊藤整の古いエッセイが読んでみたくなり、図書館には遠い館に全集しかなかったこともあって、初めて電子書籍を買って読んでみた。読むのは読めたが、紙をさわりながら読むのとは何かが違うように感じ(読んだあとの記憶のありようが違う気がする)、でもそれは単に慣れの問題なのかもしれないと思いながら、まだ次々と電子書籍を買おうとまでは思わず。

2月に亡くなった津島佑子の古い本を読み、4月に亡くなった吉野朔実の本を読み、没後10年になる米原万里の本を読み… 読んだ本のことを書きとめておきたいと思いながら、読書メモを復活できず。

5月が爽やかとはもう言えないなと感じた一ヵ月。気持ちのいい日は少なく、蒸し暑かったり、雨が降ったり、そうかと思えば真夏日の暑さのあとに、ひんやりとしたり。外が暑くなるにつれ、電車やバスなど乗り物のクーラーが効きはじめ、気温差に日々くたびれる。誕生日がすぎて、年齢を書くときに、自分の歳がいくつだったかしばし迷う。

-----

4月に読みおわった本

4月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。月の後半は、アタマのくたびれる仕事が詰まり気味だったので、通勤時にはおおむね小説を読んだ。久しぶりに平安寿子を読み、山田太一を読み、北村薫を読んで、北村の"ベッキーさんシリーズ"3冊のあとは、「ベッキー」つながりでサッカリーの『虚栄の市』を読む。400ページ余りの岩波文庫で4分冊という大長編は(読めるかな~)と思ったが、著者自身による原著の挿し絵がたくさん入り、これが話によくあって、よけいにおもしろい。

遠い遠い職場への通勤は2年目にはいる。1年前の4月に比べれば慣れた。試行錯誤の結果、できるかぎり楽なように行き帰りに乗る電車を決め、乗ってるあいだはほとんどずっと本を読む。それでも遠いことには変わりないし、眼にもあまりよくないのだろうが、読書時間が取れるのが救い。

春らしく気温の上がり下がりが大きい4月で、雨も多かった。熊本と大分を震源とする地震は、阪神大震災のときと同様、浅い直下での断層横ズレだったというが、14日、16日と震度7もの大きな揺れが続いたばかりか、余震回数があまりに多く、早く収まってくれればと思わずにいられない。

-----

3月に読みおわった本

3月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。2月の終わりに「ブックマーク」85号をつくって発送したら、その疲れが出たのか3月最初の週は数日ふらふらと熱が上がったり下がったり。それで、いちにちは早退、いちにちは休みをとった。通勤が遠すぎるので、「余力のあるうちに帰る」のが大事やなーとあらためて思う。季節は変わろうとしていて、20度超えのえらいぬくい日から氷点下の日まで、気温の上下が大きく、それもカラダにこたえた。

あの大きな震災と原発事故の発生から5年が過ぎた。たまたま通りかかったらリハをやっていて、伊丹の酒蔵での東日本大震災チャリティコンサートを聴きにいく。ちょうど「ブックマーク」85号の表紙で大船渡のしおりを描いたから、"大船渡から歌いに来ました"にも惹かれたのだった。

いつものごとく、期限ぎりぎりに確定申告の書類をつくって出し、そして年度末とあって仕事はこまごまと忙しなかった。いつまでもつか…と思いながら通い始めた遠ーい職場で1年が経つ。

今月は、読んだ本に「誤字」や「脱字」を見つけたり、ここは合ってるのか?と思うことがいつも以上に多く、版元のサイトから問合せを送ってみたら、思いがけず、どこの版元からも返事のメールがきた(以前には、問合せをしても何の音沙汰もない版元もあったのだ)。調べて回答をくれたところもあり、「読者の声には編集者全員が必ず目を通しています」と伝えてきたところもあって、そうやってちゃんと回答をもらえると(ここの本はまた読もう)と思う。

明日から新年度。1年使った手帳を、新しいものに替える。

-----

2月に読みおわった本

2月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。月初に読んだ斎藤美奈子の『ニッポン沈没』から、「出光」の人たちの本を読んだり、2月6日の台湾南部地震をきっかけに乃南アサの『美麗島紀行』を読み、そこから台湾の歴史の本や台湾がらみの本を読みつぎ、1月下旬に自分が転倒したことに加えて、今月に入って父が二度も転倒したせいで、『転倒予防』を本屋で見つけて読み、月末にかけては、図書館の返却期限をにらんで順々に読み… 「ブックマーク」の支度をしながらのわりには、いろいろ読んだなと思う。うるう年で、いつもより1日多かったせいもあるが。

2月も気温の変動は大きく、20度超えの暑いような日から、氷点下の冷え込む日まで、そりゃインフルエンザも流行るだろうと思った。まだ寒い日は続くが、近所で梅の花がほころびはじめ、季節が変わりつつあるのを感じる。

-----
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ