FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ロシア革命 1900-1927


ロシア革命 1900-1927
ロバート・サーヴィス著
中嶋毅訳
\2,205
岩波書店
2005年

「ヨーロッパ史入門」10冊のうちの1冊。
こないだ「ロシア皇帝の至宝展」という、これでもかというほど金ぴかのお宝を並べた展示を、国際美術館へ行ったついでに(藤本由紀夫展が目的で行ったついでに)見た。ものすごい絢爛豪華な品々で、ちょっと悪趣味ではないかと思うくらいのモノだった。

世界史のこまかいところは忘れたが、そりゃロシア革命も起こるよのう…と思わせたので、『ロシア革命』の本を借りてきて読んでみた。

訳者解説によると
▽著者が序文で記しているように、ロシア革命の歴史を叙述する際の時期区分として1900年から1927年という長期にわたる期間を設定していることは、本書の大きな特徴である。こうして著者は、およそ一世代におよぶ歴史の文脈の中でロシア革命のもつ意義を理解しようと試みるのである。[中略]こうした独自の視角から著者は、帝政末期のロシアと1920年代のソヴィエト・ロシアとのあいだの「連続と断絶」という問題に新たな光をあてている。著者によれば、工業化や経済成長、社会の近代化という帝政末期のロシアの課題は、革命後のソヴィエト政権にとっても共通の課題であった。工業化・近代化に向かう動きは帝政末期にすでに一定程度進行しており、第一次世界大戦と革命による中段はあったものの、1920年代初頭にはこの近代化に向かう動きが再び現れたのである。こうした主張は、本書のように、革命を長期的展望の中で位置づけることによってはじめて説得的に論ずることができるのである。(147p.)

近いうちに、世界史の教科書かなにか、このあたりの通史的なのも読んでみたい。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/851-e2a3c783
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ