FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

カゼヲキル(増田明美)

出た頃から気になっていた増田明美の小説だが、なかなか読めず(3冊あるし)、ひょいと読みはじめたらこれがなかなかおもしろくて、午前中に1巻を、遅番出勤の休憩時間に2巻を、帰ってきてから寝る前に3巻を読んでしまった。

カゼヲキル 1助走カゼヲキル 1助走
(2007/07/21)
増田 明美

商品詳細を見る

カゼヲキル〈2〉激走カゼヲキル〈2〉激走
(2008/04)
増田 明美

商品詳細を見る

カゼヲキル(3)疾走カゼヲキル(3)疾走
(2008/07/31)
増田 明美

商品詳細を見る
千葉の田舎で野山を走り回って育った中学生・山根美岬が、「練習日誌ってなんですか」「クロカンってなんですか」というところから陸上をはじめ、高校で走り、実業団に入って、マラソンで走るようになるまでを描く物語。

ライバルへの嫉妬、ケガによる焦り、自分がエースだという気持ち、駅伝という競技、そしてマラソンへの道…美岬の明るさと疾風怒濤が、時にお笑いで、時にぎりぎりとうずまく思いとして書かれている。

実在の選手をモデルにしたとおぼしき登場人物もちらほらいて、増田明美がモデルと思われる解説者が出てきたりもして(この解説者のしゃべりが増田明美そっくり)、そういうところもおもしろい。陸上業界にいた人なら、いっそうおもしろいのかも。

強いて難を言うなら、各章タイトルが、本のタイトル同様すべてカタカナで、それにどうも違和感がのこった。

私が借りた図書館では「おとなの本」分類だったが、小学校の高学年や中学生も読めるだろうし、むしろ子どもが読むのを想定しているような気もした。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/83-b5312f46
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ