FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

文芸誤報(斎藤美奈子)

斎藤美奈子の文芸評をあつめた本である。
主に『週刊朝日』に書いた「文芸予報」、それと朝日新聞に書いた書評がまとまったもの。予報ははずれるから『文芸誤報』、だそうである。

文芸誤報文芸誤報
(2008/11/20)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る

紹介されている本はざっと200冊。
私が確実に「読んだ」とおぼえている本が約20冊。タイトルだけは知ってるなという本がやはり20冊ほど。それ以外は知らねえなあという本。
読んだ本は読んだ本で、斎藤ツッコミなり斎藤の切り口にふむふむと思い、タイトルだけは知っていた本(タイトルくらいは私も知ってるくらい広告によく出てたとか、よく売れたというのが多い)は、さすが斎藤美奈子キッチリ読んでるなア、へええそういう本なのかと思い、まったく知らなかった本やその書き手は、世の中にはたくさんたくさん小説家がいるんやなアと思い…どれもそれなりにおもしろかった。

若い書き手や未知の作品のなかにも「これは今度読んでみたい」と思うのがいくつかあったが、未読群のなかで、とくに「これは読みたい」と思ったのはこの2冊。

自伝 じょうちゃん自伝 じょうちゃん
(2007/11/07)
松谷 みよ子

商品詳細を見る

東京少年 (新潮文庫)東京少年
(2008/07/29)
小林 信彦

商品詳細を見る


近所の図書館が現在システム入れ替え&蔵書点検で休館なので、開いたら借りにいこうと思うのであった。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/81-792725e7
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ