FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

逆襲、にっぽんの明るい奥さま(夏石鈴子)

久しぶりに『いらっしゃいませ』を読み、ちょうど夏石鈴子の新しい本(12月に出たやつ)が手に入ったので、続けて夏石本を読む。

逆襲、にっぽんの明るい奥さま逆襲、にっぽんの明るい奥さま
(2008/12/18)
夏石 鈴子

商品詳細を見る

あ~おもしろかった。

たとえばこんなところがよかった。
▼…ネイルなんて塗ってもそのうちはげるものだし爪だって伸びていく。どうせやっても無駄ではないか、と思う人もいるだろう。そういうことも本当だろう。けれど、花だってそのうち枯れるし、おいしいものをいくら食べてもそのうちお腹は空く。けれど、短い期間であれ、自分がきれいで楽しいと思えることは特別なことだ。花を見て、確かに心は一瞬でも豊かになるし、おいしいものを食べればうれしい。
 人間なんて、そんな一瞬が力になって、それ以外のなんでもない時間を過ごせるのではないか。わたしには、そう思える。やってもみないうちに、どうせ、なんて自分の頭で決めてあきらめてしまったら、何も新しいことは始まらない。
 わたしが塗ったマニキュアは、必ずそのうちはげてしまう。それでも、その色がお客さまのその小さな爪の上にある間は、きっとその人は楽しくいられる。そう思うことは、この職業を選んだ人間だけが感じられるしあわせだ。(p.157)

「あとがき」に夏石はこう書いている。

▼…「会えば挨拶をする普通の明るい方ですよ」という女の人の、明るくない部分を字にしてみました。…(中略)…
 逆襲したわけは、そうでもしないと誰も、主婦の話なんて聞いてくれないからです。うっかり「どうしたの」と言ったら、面倒なことを振られるとでも思うのでしょうか。そうではないのに。ただ知って欲しい。それだけのことです。(pp.188-189)

で、続編のタイトルは『突撃、にっぽんのきれいな奥さま』を予定しているそうで、これも楽しみ…いつ出るんやろな。

誤字発見。
41ページうしろから3行目
自給が850円
→時給が850円
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/79-644db8a7
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ