FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

女たちの本屋(多田淳子)

大阪のドーンセンター1階で営業してきた「ウィメンズブックストアゆう」が2月末で閉店することになった。しばらく前に知人をつうじて閉店するらしいという話は聞いていたが、「ゆう」のホームページにも閉店のお知らせが掲載され、やはり、そうなのか…という思いである。

図書館で『ブンブン堂のグレちゃん』の近くに、ちょっと古そうな『女たちの本屋 「表現としての書店」を実践して』という本があり、引きだしてみると、表紙に並んだ書店名のなかに「ゆう」の前身である「ウィメンズブックストア松香堂」が載っていて、わ~松香堂やと思って借りてくる。

女たちの本屋
奥付をみると、1993年に株式会社アルメディアから出ている。この出版社がまだあるのか、もうないのか、ネット検索ではみつけられず、「古本クラウドブックス」に本の在庫があるのをみつけた。

まず「ウィメンズブックストア松香堂」の中西豊子さんのところと、それから広島の「ブックス家族」の高雄きくえさんのところを読む。

中西さんのこんな言葉が記されている。
▼「でも、考えてみたら女性問題の本屋なんてある間はまだだめなんかもしれないね。なくなってしまうような世の中でないとね。問題がなくなってしまえばそういう本屋も要らなくなるから…でもなくなるのは大分先だろうね」(p.254)

「ウィメンズブックストア松香堂」が、女性問題の本の専門店として開いたのが1982年。それから27年。中西さんがこの本で語ったときからでも16年。その時間は短くはないものの、今回の「ゆう」の閉店は「問題がなくなって」のことでは決してないはずで、そのことにちりちりと心がうずく。

「松香堂」、そして現在の「ゆう」は、「ウィメンズブックストア友の会」という会員組織をもっていて、「ウィメンズブックス」という会員向けの情報誌を出している。私自身は一度もここの会員になったことがないけれど、かつて母が会員だったおかげで、私もこの情報誌をまわしてもらって読んでいた。

母が2冊のファイルに綴じた「ウィメンズブックス」は1987年の第23号から、1995年の第55号まで。ところどころに付箋が貼られ、さいごのほうはヨロヨロした線で本のタイトルに丸が書いてある。おそらく、病気がわかり、しだいに自由がきかなくなってきて、購読を止めたのだろうと思う。

このファイルには、母が切り抜いた新聞記事が一緒に綴じてある。1985年1月10日の毎日新聞の記事、「女性の知の宝庫 日本で一つ ウイメンズブックストア」という見出しで、「京都・松香堂書店」が紹介されたものだ。

記事の途中にこんな話がある。一般書店だった松香堂を女性の本の専門店にしたいと取り次ぎに相談したときのことである。

▼「取り次ぎに相談したら、それはいい話ですね。そらもうかるでしょうという。何のことはない女性の本の専門店といったらハダカとかポルノと勘違いしたのです。男の人だとそれぐらいの認識しかない。婦人問題の本がこの世にあることもよくわかっていない。ニーズがあることもわからない・だから日本にはウイメンズブックストアが出来なかったのです」
 中西さんは、ほんとうは横文字ではなく“女の本の店”としたかった。だがまたまたポルノと間違われても困るので仕方なくウイメンズとしたのである。笑えない笑い話だ。

女の本屋(ウィメンズブックストア)の物語女の本屋(ウィメンズブックストア)の物語
(2006/07)
中西 豊子

商品詳細を見る

次は中西さんの『女の本屋の物語』を読もうと思う。母がのこした「ウィメンズブックス」のファイルをめくりながら。
Genre : 本・雑誌 雑誌
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/75-9c416cf6
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ