FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

私という猫(イシデ電)

このマンガのことは、『フリーターズフリー』Vol.02の巻頭セッション「「労働と家族を問う」に登場した白崎朝子さんから教えてもらった。あの巻頭セッションは、国澤静子さんのトークのスゴさがきわだっていた。その国澤さんのようなメス猫がタンカを切りまくりのマンガだよ~と聞いたら、それは探しだしてでも読みたくなる。

近所の本屋や、出かけた先の本屋など数軒をまわってみたが、どこも在庫がなく、あ~読んでみたい読んでみたいと思っていたら、白崎さんが、なんとイシデ電さんのサイン入りの『私という猫』を送ってくださった!それが火曜のこと。

私という猫私という猫
(2008/07)
イシデ 電

商品詳細を見る
白崎さんは、このマンガをよんで「野良猫って基本はシングルマザーだったんだな~」と気づいたと言っていた。とにかく、かっちょいい。猫が。野良たちが。

たとえばあるページには野良猫のこんな「内なる声」が書かれる。

飼われどもは今日も安易に助けを乞う
 野良猫はひとり立ちと同時に「助けを呼ぶ声」を捨てる
 降りられなくなっても
 溺れかけても
 自分で解決する
 駄目なら生を終える
 それだけのこと
 子らがひとり立ちして「助けを呼ぶ声」を捨てる日までは
 私が助ける
 なぜかは知らないが
 私の命にはどうもそういう決まりがあるようだ

 (p.14)

イシデ電さんを含む数名の「猫まんが展」が高円寺であったそうで、その風景など写真入りでイシデさんの「でんやこのごろ」というブログに載っている。
http://denyakonogoro.blog89.fc2.com/

↑このブログがまたオモロイんですわ。むひひ
 
Comment
 
 
2009.02.09 Mon 23:04 乱読ぴょん  #vZbA1Su2
白崎さん
関西巡業たのしかったようでなによりです。私も体調をととのえて…
関西巡業おつかれさまでした  [URL][Edit]
1月31日から、怒涛のような関西巡業3泊4日してきました。気づいたらシングルマザーのお家に転々と3泊。大阪では梅田の居酒屋で「セン●リの風になって~」と小林まり子さんの替え歌を歌うSさんと、シングルマザー4人が笑い転げる宴会。東京だったら、絶対に周りはドン引き(/--)/そのまんまスーパー温泉にナダレこみ、またオシャレなアメリカンバーに連れ込まれるも彼女たちのノリはまったく変わらず…。思わず「すいませんねぇ。お騒がせして…」と店員さんに謝る私。でも浪速の若い店員さんは、まったくドン引きせず、外までお見送り……なんと懐が深いの…(涙)東京ならば絶対にあり得ません!
京都では「私という猫」に一番似ていると私が思うYさん宅に…。家中猫グッズだらけ。クロネコジジを抱く女闘士Yさん。そのギャップが超カワユス…ヽ(´∇`)ノ
3泊目はBちゃんち。ケアワーカーの若い女性やシングルマザーがわらわらと10人近く集まり、美味しくゴハンして朝まで生テレビ状態。みんなマシンガントーク!東京では国澤・白崎トークはまったく受けないのに、関西からばかり受けている所以なのか…。
ちなみに「セン●リの風になって…」を居酒屋で歌っていたSさんとケアワーカーハリセンボンを結成したい、しらさき@東京です。
久々にブログ読みました[e:466]  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/67-6c23dc38
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ