FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしだって看取れる(徳永進)

徳永進『わたしだって看取れる』KKベストセラーズ
徳永進『わたしだって看取れる』KKベストセラーズ

ひさしぶりに徳永進の本を読む。「家でも、ホスピスでも、病院でもいい それぞれのお別れ83」という内容。第4章「死にむかうときのからだ」を読みながら、父が死にむかっていた時間を思い出す。第5章「それぞれの後悔」を読みながら、私自身の後悔のことを思う。

▼死を前にしていないときも、「こっちじゃなく、やっぱりあっちを買っとけば良かった」みたいな後悔を人々は繰り返し、日常を送る。暮らしと後悔は引き離せない。傷の深み、傷つく持続時間などが同じとは言えないが、死という、非日常とも言えるし日常とも言えるもの。そんな死を前に、人々が後悔なしで過ごせることは不可能だろうと思う。それでいい。後悔って悪いものではない。避けたいが避けにくく、避けられないもの。人々は、そんな後悔とともに生きていくもの、そう思い直してみたい気がする。(p.201、第5章「それぞれの後悔」)
12月は母と父の誕生日があって、(生きていたら…)と死んだ親の歳をつい数える。

▼後悔のない死別などないし、後悔のない人生もないと思う。人間の支配の及ぶところに人生は留まらない。思いがけないこと、わからないことに、人生は包まれる。(p.213、第6章「死別のあと」)

ぽっかり空いた穴は埋まらなくても、やがて草が生えたり、石が落ちてきたり、少しずつ変わっていくのだろう。

(2018/12/6了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/6528-e3cf78f5
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在90号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第58回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。