FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

わたしの子どもたちへ―笠木透詩集


わたしの子どもたちへ―笠木透詩集
笠木透(詩)
堀尾一郎(絵)
径書房
\1600
1985年

「クッキングハウス」の本を読んでいたら、笠木さんの歌とか笠木さんのコンサートという話がしょっちゅう出てきて、どんなんやろ?と探してみたら、詩集があったので、図書館で借りてきた。

表題作「わたしの子どもたちへ」は十年余りをかけて、北海道や沖縄まで、口から口へ、手わたし口うつしで伝わっていったという。

▽生きている鳥たちが
 生きて飛びまわる空を
 あなたに残しておいて
 やれるだろうか
 父さんは

(「わたしの子どもたちへ」第一連、p.20)


笠木自身が曲をつけた歌、各地の民謡に曲をとった歌、高石ともやが曲をつけた歌などもある。

「パパラギ」からとられたシリーズもおもしろかった。


▽お腹いっぱいすきなだけたべて
 頭の上には屋根があって
 村の広場で祭りをたのしむ
 これ以上働くことなんてないさ

 人間の仕事 それはよろこび
 人間の仕事 それはたのしみ
 人間の仕事 汗をながして
 人間の仕事 心あつめて
 人間の仕事 歌がながれて
 人間の仕事 しなやかな手足

(「サモアにあるのは人間の仕事」さいごの2連、pp.145-146)


で、詩をよむと、この人が歌ったのも聞きたくなるのだった。どこかで手に入るかな。

画像は、同じタイトルのCDジャケット写真。


笠木透作詞の「クッキングハウス」の歌は、ここで聴くことができる。
http://www.cookinghouse.jp/cd_books.html
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/652-f7211e80
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ