FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

フラミンゴの家


フラミンゴの家
伊藤たかみ
\1,400
文藝春秋
2008年

図書館の新着リストで見たのだったか、新刊案内で見たのだったか、興味をもって借りてみた。

「南口の「さかえ通り」商店街で、実家のスナックを手伝うバツイチ男。元妻が入院したため、離婚以来会っていなかった思春期の娘を預かることに。」


元妻・翔子のガンが見つかり、手術のために翔子が入院するあいだ、ちょうど夏休みの娘の晶(あきら)を預かることになった正人。晶と会うのは6年ぶりで、別れたのは歯のはえかわる頃だったから、もう小6になる晶に会うなり正人は「歯もはえたな」などと見当違いのことを口走る。

翔子と別れた正人は、大阪からクルマをとばせば数時間の「田舎」に出戻り、母親が仕切るスナックを手伝っている。乗っているのは改造シーマ。晶に言わせれば「田舎のカラオケボックスみたい」な内装。

大阪で翔子と暮らしていたのとは、ずいぶん違う「田舎」の風景と人間関係だが、そのなかで晶は夏を過ごし、夏の終わりに母が逝ってしまうのを正人と見送る。

正人のまわりの「田舎」の登場人物たちのなかでも、正人の恋人・あや子の存在がいい。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/651-4d435c88
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ