読んだり、書いたり、編んだり 

はたらく動物と(金井真紀・文と絵)

はたらく動物と(金井真紀・文と絵)ころから<br />

自分の持ち場でがんばる動物たちは、のびのびうれしそうで
 余計なことを思いわずらわない。
 いやなことを我慢してやらない。
 もっている力を出し惜しみしない。

…云々と、あとがきに書いてあって、ほんまにそうやな~と思う。(このあとがきは、かなり笑えもする。)
西川さんの『あそびの生まれる場所』がころからから出て、版元のサイトをひさしぶりに見たら、この本がおもしろそうで、読んでみた。
あそびの生まれる場所 ――「お客様」時代の公共マネジメント(西川正)ころから

文も絵も金井真紀さんがかいていて、どちらも目に入ってとおりすぎる間に、ほよほよほよ~と気持ちよくさせてくれるかんじ。自分が、いまの職場で(あるいはむかしの職場で)いらいらっとしたことが、ほどけていくかんじ。淡々と自分の持ち場を守ろう、骨惜しみせずはたらこう、私も、と思う。

近くのカフェで、5月に、著者と本に登場する門川さんと盲導犬ベイスとがやってくるトークイベントがあるのにもうしこんだ。原画展もあるそうで、印刷された絵もよかったけれど、原画はどんなんやろとたのしみ。

(4/12一読、4/24二読)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/6072-bbe68d05
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ