読んだり、書いたり、編んだり 

ほんのミニコミ「ブックマーク」87号ができました

ほんのミニコミ「ブックマーク」87号半年ぶりに、ほんのミニコミ「ブックマーク」87号ができました。このミニコミのメインは、読者による「読んだ本・おすすめ本・これから読みたい本」の紹介です。A5判のリソグラフ刷りで、今号は28ページです。

定期購読の方には、2月26日投函で発送しました。
読んでみたい方には、見本誌を送ります。ご希望の方は、送り先をご連絡ください。
編集発行=レター&ピース
letter_peace(at)yahoo.co.jp
短い2月にわーーーっと仕上げようとして、いくつか抜かった(泣)。せっかく送ってもらった本の紹介を1つ漏らしたこと…しかも投函した翌日、仕事帰りに、あれっと気付き、帰って確かめたら、やはり誌面になかった。「送ってくれてありがとう~」と返事もしているのに、どこかの段階で何かを間違って脱落したらしい。うぎゃーーーー!!すみません、次号にあらためて掲載します。

もうひとつ、何度か校正したはずが、誤字を見逃したこと。印刷後に、紙折り機がどう調整してもうまくいかなかったため、あきらめて同居人と共に、各ページをせっせと手で折っていたところ、「折りながら読んでたら…これ、違うんちゃう」と同居人が発見。あわわわわーー!! 手折り作業を終えて、いったんウチへ帰ってから、ボールペンでせっせと誤字修正。せっかく書いてもらったものを、少々ワヤにしてしまった。

おまけに、金曜に内科で「なにか」もらってしまったのか、印刷(土曜)と発送(日曜)の2日は風邪っぽく、少々熱っぽく、アタマもカラダもぼんやりとしていて、封筒の枚数と購読料納入用の振替用紙の枚数を間違えていたりで、妹1号と同居人の手に助けられた。

今号は、Pさん(このミニコミを始めた人)の古文書=1983年に書かれた「ふらんすの野は火の色す…」を掲載。永畑道子さんの講演を聞いての原稿です。
読者のみなさんによる「読んだ本・おすすめ本・これから読みたい本」の紹介も充実。

「絵本はここから始まった―ウォルター・クレインの本の仕事」最終ページ「みんなのしおり」欄では、滋賀県立近代美術館で開催中の「絵本はここから始まった―ウォルター・クレインの本の仕事」を紹介しています。

滋賀では3月26日(日)まで、その後、千葉市美術館へ巡回し、4月5日(水)~5月28日(日)の開催となります。この企画展に関わっている正置友子さんは「ブックマーク」読者で、Pさんの長い友人でもあります。

イギリス絵本留学滞在記―ウォルター・クレインに魅せられてその正置さんの新刊『イギリス絵本留学滞在記―ウォルター・クレインに魅せられて』(風間書房)もおすすめです。カバー表紙の図版は、ウォルター・クレインによる『ながぐつをはいたねこ』。

先にクレイン展を見た私は、この本を読んで、もう一度見に行きたくなっています。できることなら、未踏の千葉市美にも行ってみたい…。



※「ブックマーク」は1部250円(経費込)、定期購読は、6号分(=年2回で、3年分)まとめて1500円です。6号分を区切りにしているのは、かつて隔月刊で年6回出していた頃の名残です。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/6031-28daffb8
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ