読んだり、書いたり、編んだり 

2月に読みおわった本

2月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。出たばっかりの新刊を買って読んだり、もう四半世紀あまり前に読んだ本を引っ張りだして再読したり、「ブックマーク」読者のみなさんから教えられた本や送ってもらった雑誌などを読んでみたり、短かい2月によく読んだなーと思う。本読みの時間をやや控えて、「ブックマーク」87号の支度を少しずつ進め…それでも最後はギリギリで、有給休暇を1日とった。
 
父が年明けに買い換えたプリンターが、どうも初期不良のようで(不運)、一枚も印刷できないのに「紙が詰まってる」だの、ちゃんとセットしてあるのに「トナーカートリッジがない」だのとぬかし、私もかなり色々とさわったがお手上げで、父のねばり強い交渉の結果、サラピンと交換になった。再度の設置を手伝いに行き…パソコン周りはますます難しくなっておるなあと思う。それでも、やっと快調に印刷できるようになり一段洛。しかし、父宅は不運が続き、階上からいきなり大量の水が降ってきて(配管の老朽化が原因らしい)、その次はトイレの水回りがやられ… 一人住まいの80代のじじいには、なかなか過酷で、(がんばってくれえ)と思う。

日が長くなってきて、日ざしが強くなったと感じるものの、冷え込みはまだ強く、気温の上下が大きい。「ブックマーク」の印刷と発送をした日には風邪っぽくて焦ったが、悪化せずに鎮圧できたようで、ひとまず無事。もうしばらく用心して過ごさなければ。

旧暦では正月が過ぎて、二月になったばかり。今日からまた月が満ちていく。

-----
○『草茫々通信10号 特集〈ひとり〉を生きる―障害・人間・文学―』書肆草茫々
○小泉今日子『黄色いマンション 黒い猫』スイッチ・パブリッシング
○松井今朝子『歌舞伎の中の日本』NHKブックス
○恩田陸『蜜蜂と遠雷』幻冬舎 …再
○辻原登『許されざる者(下)』集英社文庫
○辻原登『許されざる者(上)』集英社文庫
○正置友子『イギリス絵本留学滞在記―現代絵本の源流ウォルター・クレインに魅せられて―』風間書房
○朝倉かすみ『少しだけ、おともだち』ちくま文庫
○ローバート・コールズ、ジェーン・ハロウェル・コールズ『危機を生きぬくII ―アメリカ女性の仕事と夢』朝日選書
○津原泰水『11 eleven』河出書房新社
○ロバート・コールズ、ジェーン・ハロウェル・コールズ『危機を生きぬく I ―アメリカ女性の闘いと希望』朝日選書
○北野新太『透明の棋士』ミシマ社(コーヒーと一冊)
○高橋源一郎+辻信一『弱さの思想―たそがれを抱きしめる』大月書店
○上間陽子『裸足で逃げる―沖縄の夜の街の少女たち』太田出版 …再
○沢木耕太郎『旅の窓』幻冬舎文庫
○椹野道流『ローウェル骨董店の事件簿―センチメンタル・ジュエリーの謎』角川文庫
○椹野道流『ローウェル骨董店の事件簿』角川文庫
○飯沢匡・作、土方重巳・絵『ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 10 さいごのぼうけん』理論社
○飯沢匡・作、土方重巳・絵『ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 9 ジャングルの大けっとう』理論社
○飯沢匡・作、土方重巳・絵『ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 8 さばくの赤どろぼう』理論社
○飯沢匡・作、土方重巳・絵『ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 7 もえるにんげんの村』理論社
○飯沢匡・作、土方重巳・絵『ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 6 かいぞくせん大ばくはつ』理論社
○上間陽子『裸足で逃げる―沖縄の夜の街の少女たち』太田出版
○飯間浩明『辞書を編む』光文社新書
○『考える人 2017年冬号(特集 ことばの危機、ことばの未来)』新潮社←梯久美子と中島京子の対談「「死の棘」の妻、島尾ミホをめぐって」をはじめ、特集そのものに興味があって購入、ついでに全部読む
○飯沢匡・作、土方重巳・絵『ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 5 ごくらく島は大さわぎ』理論社
○飯沢匡・作、土方重巳・絵『ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 4 ろうやからにげだせ』理論社
○飯沢匡・作、土方重巳・絵『ヤンボウ・ニンボウ・トンボウ 3 大こう水にながされて』理論社
○梯久美子『狂うひと─「死の棘」の妻・島尾ミホ』新潮社
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/6015-b8ae97a5
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ