FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ほたる館物語1(あさのあつこ)

なにで見てリクエストしたのかすっかり忘れてしまったが、あさのあつこの『ほたる館物語』の1巻がだいぶ待って、届いた。

ほたる館物語〈1〉 (カラフル文庫)ほたる館物語〈1〉
(2004/03)
あさの あつこ

商品詳細を見る

全く知らなかったが、これはあさのあつこのデビュー作だそうである。しかもいくつもバージョンがあるようで、挿し絵や表紙絵も複数の人がかいているようだ。(検索して思い出したが、ピュアフル文庫バージョンが出たというのを見て、私は図書館にリクエストした気がする。)

読んでみたら、これが思いがけずおもしろかった!
「ほたる館」という旅館に生まれた一子(いちこ)は小学5年生。
女将はおばあちゃん、板前はお父ちゃん、お母ちゃんは若女将。
関西弁がエエ味だしてるし、旅館の人たちや、お客さん、学校の友だちなど、登場人物それぞれがイイ。一子は、ぽんぽんと思ったことを言う子どもだけれど、じっと考えてしまう子、半分言ったところでだまってしまう子…いろんな子どもがいることも、さらっと、しかもみりょく的に書いてある。

いやー、これはハヨ続きを読みたい!と、2巻、3巻を早速リクエスト。

あさのあつこといえばきっと『バッテリー』なのだろうが、私はまだ読んだことがない。あさの作品で読んだことがあるのは、『金色の野辺に唄う』で、これは読んでいて色を感じる物語だった。あざやかな色が目に浮かぶような。

金色の野辺に唄う金色の野辺に唄う
(2008/05/31)
あさの あつこ

商品詳細を見る


ほたる館シリーズは、次に新ほたる館てのがあるらしい。それも読んだら、『バッテリー』を読んでみようかなと思う。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/60-7ff2748e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ