FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

嶋崎吉信・清水直子『がんばれ美術館ボランティア』淡交社

--ボランティアを経費削減の穴埋めとして使うことに対してはどうお考えですか。
 「…やれるものならやってみればとも思います。だって、ボランティアのお世話をするほうがたいへんなんですから。…でも、こんなに手をかけているのだから、このくらいやってもらってあたりまえと考えたこともない。行政から、有給の職員でまかなっているものをボランティアに任せろという圧力がもしあったら、逆手にとってそれに見合う業務拡大をしますよ。今は職員だけでまかなっている美術館業務があり、その上に付加価値を加えるものとしてボランティアに活動してもらっているけれど、既存の仕事に必要な有償の職員を減らしてボランティアでまかなえというなら、活動領域や機会が増えた分だけ、ボランティアの自発的な意志の尊重を理由に、その権限強化を主張して、その分業務拡大しますよ。…」

 柳沢さんは、ボランティアの労働を「搾取」しているつもりはなく、「ギブ・アンド・テイク」と考えている。実際に「単純計算はできないが、70人のボランティアで、事務職員2人くらいの仕事をこなしてもらっている」といい、代わりにそれに見合うような学芸員の労力もボランティアの研修や「お世話」に投入されているという。もちろん、実際は2人の事務職員を雇うより、70人のボランティアが美術館に関わるほうがより地域へのつながりは深められるだろう。

 しかし、「ギブ・アンド・テイク」の関係は、あくまでも現場でボランティアに相対する学芸員の善意によるところが大きいのではないだろうか。

--今後はどんなボランティア活動を展望していますか。
「ボランティアによるボランティア教育ができて、ボランティアの自己増殖ができればベストですね。ベストだけれど、正直無理かな。それはボランティアのヒエラルキーを生むでしょう。ボランティア全体の意識レベルが上がっていき、意見のすりあわせができる関係が成熟するれば、ボランティアのためのボランティアが生まれてきてもいい。ただ、こうした特定の施設に付随する場合、ボランティアは自己実現であると同時に、その施設の運営方針のなかで求められる役割、当館の現状ならお客様に対するサービス提供だということを認識し、それを踏まえたうえで自分たちを教育できるようになれば、の話ですね」…(90-93ページ)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5857-38ec0e2e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ