FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

父ちゃんの話

・尾道商業は校名が数度変わっている。父ちゃんが入学したときは広島県尾道西高校(県「立」ではない)、卒業したときは広島県尾道商業高校(やはり県「立」ではない)
→県「立」という名称でないことは西高時代の自治会誌や卒業アルバムで分かる
・父ちゃんが卒業したのは1954年。当時も水泳部は褌姿である。
・高校で珠算部にいた父ちゃんは2年で部を辞めたそうだ。それは「珠算がどれだけできるようになっても仕方ないと思ったから」だという。「行けるなら大学へ行きたかったから」とも言う。

・父ちゃんの父(私からすると祖父)も尾商の出。大正12年卒。当時は旧制の商業学校で男子のみ。卒業アルバムも残っている。

・父ちゃんの母(祖母)はひじょうに器用な人だった。反故紙を丁寧に綴じた手製のスクラップブックを父ちゃんが田舎から持って帰ってきた。当時は、こんなのも出来る人はみんな自分でつくったものだという。スクラップブックの出来をみても、じつに器用な人だったことが偲ばれる。あまり何も残っていないが、形見のようなものだという。

・父ちゃんの父(祖父)は、字が上手な人で、書道を教えるくらいだったそうだ。祖父が使っていた英和の辞書(祖父の名がサインしてある)も父ちゃんは田舎から持ち帰ってきた。形見のようなものだという。

・父ちゃんの母(あるいは祖母?←記憶不確か)の旧姓は「オダワラ」で、高校の同級生にオダワラ君というのがいて、遠い親戚だと言っていた。

・御調郡向島 ←本家があるところ

以上、04-5-30に聞いた話のメモ。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5829-8fe5ae54
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ