FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

内田樹『死と身体 コミュニケーションの磁場』医学書院

▽「情緒の豊かさ」というのは、そういうことです。分節できる感情表現の種類が多いということです。「情緒」というものは、ごくごく散文的に言ってしまえば、語彙、表情、発声、身体操作として、どれくらいの種類のものを使い分けできるかということに尽きてしまうのです。(108ページ)

▽自然権は原理としては認めるけれども、運用上はそれをある程度制限しないと、自然権の行使を要求する人自身が長生きできない。これが一七~一八世紀における「常識」です。いま読んでも、なかなか奥が深い。「あなたには権利がある。権利があるけれども使っちゃだめです」という、たいへんに矛盾したことをあからさまに主張しているからです。
 わたしはぴたりとつじつまが合った社会理論より、あちこちに矛盾やほころびのある社会理論のほうを信用することにしています。そういう矛盾は「現場」からしか出てこないことばですから。生活実感、社会経験のなかで、人間の愚かさを熟知した人の口からしか出ないことばですから信用できるのです。(166-167ページ)

▽コモンウェルスの限界は、人間はみな同じだ。同じように考え、同じように欲望する。同じように行動し、同じように計算し、同じようなものを価値として、同じようなものに関して美を感じるという「共感と理解の共同体」を理想状態に想定してしまうところにあります。ここから「人の身になって考える」という倫理の危険が出てくるのです。
 要するに、誰のことでも「わかる」わけですよね。「おまえの気持ちはよくわかる」と。みながお互いに「わかった、わかった」となってしまうわけです。
 ということは、自分とは違うような価値観をもっている人間、自分と違う度量衡で世の中の出来事を計量している人間、自分と違う分節の仕方で世界を見ている人間のことがわからなくなってしまうのです。(173-174ページ)

▽他者とは、物を測るときのメジャーが自分と違う人間である。境界線を自分と共有しないものである。(188ページ)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5746-e43b01aa
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ