FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

修理完成記念特別公開 大威徳明王坐像@京都国立博物館 平常展示館

修理完成記念特別公開 大威徳明王坐像@京都国立博物館 平常展示館を見物。

ひさしぶりに京博の平常展示を見る。修理のすんだ大威徳明王坐像も見てみたかったし、全体をぐるっとまわる。

大威徳明王坐像は、手が左右に3本ずつあった。こういう手が多いのは阿修羅や千手観音で見ているから、そう珍しくない。

珍しかったのは、脚も左右に3本ずつあったこと。脚がたくさんある像…と思いおこしてみるが、そういうものを見た記憶がひっぱりだせない。だから、たぶんこういう脚がたくさんある像は初めて見るのだろう。

顔もあちこちたくさんあって、それが全部目を剥いている(憤怒の顔というやつ)。あちこち向いて、全部目を剥いて、手も脚もようけあって、なんや忙しそうな感じもした。

いや~それにしても脚が3本ずつ、6本というのは、強い印象を受けた。
おもしろかった。
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5696-03818161
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ