FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

狂相曲シャリヴァリ宮の才人たち 百花繚乱、19世紀パリ人物図鑑@伊丹市立美術館

狂相曲シャリヴァリ宮の才人たち 百花繚乱、19世紀パリ人物図鑑@伊丹市立美術館を見物。

チラシを見てから、(こ、これは見たい、見にいくぞ)と思っていた。雨もまだ降らず、いつものようにぶらぶらと猪名川沿いを歩いて伊丹へいく。めちゃくちゃ風が強くて、ヒコーキも反対側から着陸してるし、スズメも飛ばされそうな状態。そのなかを歩いていったせいか、美術館についたら、えらいこと目が痛く、エレベーターの鏡でみると、風上側の白目のとこが、真っ赤っかになっていた。

柿衞文庫を見物したあと、いざ「狂相曲シャリバリ宮の才人たち」の展示室へ。バンジャマン・ルボーが描いた人物戯画で、19世紀の絵入風刺新聞「シャリヴァリ」紙上で掲載されたやつ。100点余りというその作品群のうち、伊丹市美では約70点をもっている。

おそらく当時の有名人たちがたくさん描かれているんだろう。私が名前のわかるのはアングルとユゴーぐらいだったけど、見ていると、ニヤ~と笑ってしまう。ぷぷぷと吹いてしまう。

いや~おもしろかった。じつにオモシロかった。

http://www.artmuseum-itami.jp/
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5693-51e7b7f8
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ