FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

大絵巻展@京都国立博物館

大絵巻展@京都国立博物館を再度見物。

2週間前に、展示替え後の絵巻を見物しようと早起きして開館時間をめざして行ったところ、定刻の開館時間である9時半に着いたら、すでに「入館1時間待ち」になっていた。この暑いのに1時間待ちはキツいのう、それに待って中へ入ったところで、ところてんがずるずると押し出されるのと同じ状態で、ゆっくり見物もできまい、どうせ並ぶならもっと早く来て開館前に並ぶほうがヨイ…ということで、あっさり「後日、出直し」と決め、その日は京都市美へ行った。

で、出直しの日をどうするかとシフト表をにらんで思案していると、行けるのは最終日ということになった。開幕初日と、最終日と、こんな見物は初めてである。

おそらく9時半より前に繰り上げ開館しているだろう、ゴッホ展の経験を考えると9時に開けるだろうと推測し、京博8時半到着をめざして、早起きして行く。前の晩も早く寝て、6時起き、朝ご飯を食べて、ウチを出たのは7時前である。

8時25分くらいに京博前についた。すでに正門にも南門にも列ができている。南門前の列の後ろに並ぶ。前に並んでいたご夫婦は広島からやってきて、昨日も来たがものすごい待ち時間だったので出直して今日来たと、その前に並んでいたおっちゃんは見にくるのは6度目だと話していた。6度はスゴイ。

予想どおり9時に開門し、正門と南門と両方から、建物の前までざくざくと列はすすむ。そこから20人ずつくらい区切って入館。中へ入ると、思ったよりも空いていた。小走りに奥へ奥へと進んでいく人たちがいる。どうも「源氏物語絵巻」と「鳥獣人物戯画」を「1列目で見るための列」がつくられているらしい。

「源氏物語絵巻」はいずれ徳川美術館へ見にゆけばよい、「鳥獣人物戯画」は京博の平常展示でちょこちょこ並ぶということで、列には並ばんでええなと決める。はりきって列に並んでいく人が多いせいか、他の展示ケースの前はけっこう空いている。

 餓鬼草紙や病草紙、屁こき踊りの福富草紙、狸と十二支の合戦のやつ、異時同図がつかわれている信貴山縁起絵巻の尼公の巻、酒呑童子… 後半を見るのを楽しみにしてたやつをゲラゲラ笑いながら見てあるく。源氏物語絵巻と鳥獣人物戯画も、列のうしろからのぞいた。

 しまいまで行ってからもう一周見ようかとも思ったが、だんだん館内は込んできて、人でぎゅうぎゅうになってきたので、まんぞくして出る。
 売り切れを案じていた図録も入手して出たのが10時。「入館2時間待ち」「源氏物語絵巻を前でみる列は40分待ち」というスゴイ状態になっていた。
Genre : 日記 日記
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5691-20f5032e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ