読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月に読みおわった本

2月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。月初に読んだ斎藤美奈子の『ニッポン沈没』から、「出光」の人たちの本を読んだり、2月6日の台湾南部地震をきっかけに乃南アサの『美麗島紀行』を読み、そこから台湾の歴史の本や台湾がらみの本を読みつぎ、1月下旬に自分が転倒したことに加えて、今月に入って父が二度も転倒したせいで、『転倒予防』を本屋で見つけて読み、月末にかけては、図書館の返却期限をにらんで順々に読み… 「ブックマーク」の支度をしながらのわりには、いろいろ読んだなと思う。うるう年で、いつもより1日多かったせいもあるが。

2月も気温の変動は大きく、20度超えの暑いような日から、氷点下の冷え込む日まで、そりゃインフルエンザも流行るだろうと思った。まだ寒い日は続くが、近所で梅の花がほころびはじめ、季節が変わりつつあるのを感じる。

-----
○三浦しをん『あの家に暮らす四人の女』中央公論新社
○鶴見俊輔『まなざし』藤原書店
○岸本佐知子/編訳『コドモノセカイ』河出書房新社
○清水杜氏彦『うそつき、うそつき』早川書房
○坂野徳隆『日本統治下の台湾―風刺漫画で読み解く』平凡社新書
○花森安治『暮しの眼鏡』中公文庫
○ヤスミンコ・ハリロビッチ『ぼくたちは戦場で育った サラエボ1992─1995』集英社インターナショナル
○武藤芳照『転倒予防―転ばぬ先の杖と知恵』岩波新書
○百田尚樹『海賊とよばれた男(下)』講談社文庫
○港千尋『革命のつくり方 台湾ひまわり運動─対抗運動の創造性』インスクリプト
○周婉窈『増補版 図説 台湾の歴史』平凡社
○伊藤潔『台湾―四百年の歴史と展望』中公新書
○山下祐介、金井利之『地方創生の正体―なぜ地域政策は失敗するのか』ちくま新書
○乃南アサ『美麗島紀行』集英社
○百田尚樹『海賊とよばれた男(上)』講談社文庫
○出光真子『ホワット・ア・うーまんめいど―ある映像作家の自伝』岩波書店
○本谷有希子『自分を好きになる方法』講談社
○出光真子『ホワイトエレファント』風雲社
○L.M.モンゴメリ(村岡花子訳)『虹の谷のアン―赤毛のアン・シリーズ9』新潮文庫
○岩城けい『Masato』集英社
○細谷功/文、ヨシタケシンスケ/絵『やわらかい頭の作り方―身の回りの見えない構造を解明する』筑摩書房
○斎藤美奈子『ニッポン沈没』筑摩書房
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5473-5323cf68
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。