FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

気分はもう、裁判長


気分はもう、裁判長
北尾トロ(著)
100%ORANGE(装画・挿画)
東陽片岡(本文漫画・イラスト)
\1,260
理論社よりみちパン!セ
2005年

北尾トロといえば、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』や『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』などの、裁判傍聴をもとにした本がある。のは知っていた(読んでないけど)。

パン!セにも一冊あったので借りてきた。
表紙などは100%ORANEGEなのだが、本文に挟まれている漫画は東陽片岡という人のもの。青木雄二風の、ちょっとくどい感じの絵である。

パン!セの一冊として、なかなかよかった。

気になったのは、北尾トロが想定している裁判官なり裁判長が「男性」らしいということだ。たとえばこんな風にさりげなく、その想定がみえる。

▽法廷では神様のような立場だけれど、裁判官の制服(法衣)を脱いだら、ひとりの人間にすぎない。
 居酒屋でビールを飲むのが大好きなおじさんかもしれない。休みの日にはいつまでも寝ていて、「お父さん、いい加減に起きなさい」とお母さんに叱られているかもしれない。子供とキャッチボールするのが楽しみなパパかもしれない。出世のことで悩んでいるかもしれないし、家を建てるのが夢かもしれない。(pp.165-166)

北尾トロはかなりの裁判を傍聴しているようだが、女性の裁判官にあまり(まったく?)当たっていないのかねえ。

ちょっと統計を調べてみたら、昨年(2007年)の裁判官(判事、判事補)に占める女性の比率は14.6%で、実数でいうと、全体で3416人に対して女性が499人。多いとはいえないかもしれんが、検察官の女性比率(10.9%)や弁護士の女性比率(13.6%)に比べれば、少しは多い。


 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/542-6d740d03
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ