FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

バカンスとは「空白」の時

『We』の入稿も近づき、ゲラの校正も大詰め。
ウチの巻き紙ファックスでぞろぞろと届くゲラを、次号分まとめて持つとずっしり重い。

この2週間ほど、出勤シフトの合間を縫って出たり入ったり、行ったり来たりで、その間に『We』と『ヒューマンライツ』の原稿をそれぞれ書き、校正仕事もあって、多忙感が募るばかりでなく、実際へなへなにくたびれていた。先週も今週もとうとう手話を休んでしまったくらいだ。

いかんいかんいかん。こんなに働いていてはいかん。
ということで、やっと年休を1日とる。シフトの具合で出勤人数が少ない日にはどうしても休みづらいのである。

で、おととい図書館で『残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ』を借りてきたのをちょろっと読む。

残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ残業ゼロ
授業料ゼロで
豊かな国オランダ

(2008/09/19)
リヒテルズ 直子

商品詳細を見る
よーろっぱのバカンス風景がこんな風に書かれている。

▼大人たちは、子どもを目の届く川辺や林間で気ままに遊ばせながら、自分は、青葉の茂る大木の緑陰や、ブドウの房が垂れ始めたバルコニーの下などにガーデンチェアやハンモックをしつらえ、そこに大きな体をどっかり預けて、ひぐらし、分厚い小説に読み耽ったり、うちらうつらと軽い寝息を立てながら昼寝をしたりしています。

 気が向いた時に近くの村を散策し、気が向いた時に安いワインを開け、気が向いた時に手のかからないバーベキューで夕食をすます……バカンスとは、その名の通り「空白」の時。時間に縛られた生活を忘れ、自然に身を任せ、心からくつろぐ時間なのです。(p.24)

そうか! バカンスとは「空白」か。
そうかそうか vacance ってのは、エイゴでいえば  vacant(空っぽ) というあれやな、と気づく。

空っぽな感じのヒルネを思い出して、ちょっとヒルネのできる空間がもっと欲しいのうと思うのであった。

hirune_naoshima_convert_20090117140940.jpg
(木陰の長椅子でヒルネ)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/54-1b5a950e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ