読んだり、書いたり、編んだり 

アメリカ様(宮武外骨)

アメリカ様アメリカ様
(2014/02/06)
宮武外骨

商品詳細を見る

『宮武外骨伝』を読んでいるとちゅう、出かけるときにカバーをかけて持って出たつもりが、リュックの中に本がなく、読むものがナイナイナイと、途中の本屋で在庫のあった外骨の『アメリカ様』を購入。うしろには、増補改訂版の『筆禍史』が(主に明治の部分のみ)抄録されている。

「アメリカ様」は、言論の不自由な時代を長らく過ごした外骨が、"勝ってくださったアメリカ様"がもたらした初めての言論の自由のなかで綴ったものである。本が出たのは1946年5月3日、この日は東京裁判の開廷日だったという。

序には"アメリカ様"のおかげについて、こんなふうに書かれている。
▼…今日の結果から云えば、この敗戦が我日本国の大なる幸福であり我々国民の大なる仕合せであった。もしも(万一にも)こちらが勝ったのであるならば、軍閥は大々的に威張り、官僚や財閥までも共に威張り、封建的思想の残存で、ますます我々国民を迫害し、驕傲の振舞、憎々しい態度、肩で風切り、反身になって、サアベルをがちゃつかせるに相違ない。その上、重税を課し、兵役を増し、軍備を倍加し、以て八紘一宇とやらの野心をつッぱり、侵略主義の領土拡大を策するなどで、我々国民はどんなに苦しめられるか知れない。これを思えば敗戦の結果、総聯合軍のポツダム会議で決定された我日本を民主化の平和国とするべき意図の実行で、代表的のアメリカ様が御出張、マックァーサー元帥の指導命令で日本の官僚、軍閥、財閥をたたき付けて下さる壮絶の快挙、これに加え、我国開闢以来、初めて言論の自由、何という仕合せ、何という幸福であろう。… (pp.14-15)
入獄・罰金・発禁をなんどもうけてきた外骨は、この降って湧いたような「言論の自由」のなかで、これまで書いても出せなかったこと(自身の筆禍のことも含めて不敬がどうのとか)や、ほいほい書けなかったようなこと、とりわけ戦争につっこんでいった軍部と政府への批判をたたきつけるように書いている。

ありがたき「言論の自由」とはいえ、"日本を負けさせて下さった"アメリカ様も都合の悪いことは葬ろうとするのであって、現に外骨の「アメリカ様」のうち一頁「近頃若盛りの強盗が多い理由」はマッカーサー司令部より削除を命じられている。

甥の吉野孝雄による巻末の解説によれば、この時に外骨は「なんだ、自由の国といっても(戦前の日本と)変わらないじゃないか」(p.231)と落胆したそうだ。吉野は、「戦後のスピード感ある自由化政策を見て、言論の自由を完全に保障する国だと拙速に思い込んでしまうような人の良さと単純さも、外骨は同時に持ち合わせていたのだ」(p.231)という。

文庫では、それを「参考のため保存」と外骨が筆で記したらしきページ(文庫p.129)と、削除を命じられた本文(文庫p.130)とを収録している。国会図書館の近代デジタルライブラリーでは、この「アメリカ様」の初版をデジタル画面で見ることができる。
「アメリカ様」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270316/32

だが、このデジタル画面では削除を命じられたページは見当たらず、ハテ、この外骨自筆風の「保存」のページはどこから出てきたものか?と思っていたら、別のところが読みたくて借りてきた『宮武外骨著作集 第八巻』に「アメリカ様」も入っており、谷沢永一による「解題」の部分で経緯がちょっと分かった。

文庫p.129に掲げられている「保存」云々は、著作集p.802(解題)にある資料[=ゲラ刷に校正した脇に毛筆で書いてある]で、こう書き添えてある。
▼埼玉県立浦和図書館の池田文痴庵文庫には左に掲げる資料がある。毛筆は外骨による書き込みであり、晩年の外骨を見舞った文痴庵が外骨から借用したまま手許に残したものであろうか。(著作集p.802)

ともかく、外骨のように日本政府とアメリカ様と、双方から筆禍を受けた人物がほかにいるんやろか?(おらんのちゃうかーという気がする)

文庫巻末の解説は、西谷修による「「アメリカ様」と「強い日本」」。これがまたおもしろい、いやおもしろいというより、あまりなタイミングの現況がちょっとこわい。

この巻末解説を一部抜粋したものが、西谷修のブログに掲載されている。
「乱視の「戦後レジーム」、宮武外骨の名著復刊に寄せて」
http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/p/gsl/2014/02/post_232.html

(3/12了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5228-da371668
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第42回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ