読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらあらかしこ(木村治美)

あらあらかしこ(木村治美)あらあらかしこ
(1982/10)
木村治美

商品詳細を見る

「ブックマーク」83号掲載のPさん(このミニコミを始めた人)の古文書に出てくる本を探して、こないだは『主婦の天気図』を読んでみたが、ハズレだった。

図書館に所蔵のある本をいろいろ調べて候補をしぼりこみ、まずこの『あらあらかしこ』を取り寄せてみたら、これがアタリだった。

Pさんが引用していたのは、167~170ページの「時はすぎゆく」という文章の一部。Pさんが引いた以外のところに、こんなことも書いてある。

▼日常生活の中で、だれでも経験していること、ドラマチックなことは何も起こらない主婦の心のなかのこと、こんなことが小説のテーマになるなどと思われないことを、バージニア/ウルフは、その繊細な感受性ですくいあげ、描き出してみせてくれるのです。(p.169)

▼私には、ウルフの才能も学識もないけれど、それゆえに、主婦の資格は増しているかもしれません。主婦という平凡な人間の、日常という平凡な生活のなかにある心のドラマを、ある新聞の連載というかたちで、一年三ヵ月書き続けてきました。主婦の喜怒哀楽をていねいに見つめて、正確に描くことが願いでした。(p.170)

この、一年三ヵ月連載した…というのが、私がこないだ読んだ『主婦の天気図』らしい。そして、「時はすぎゆく」は、バージニア・ウルフの小説の話から書き出されているのだ。
で、Pさんの引用箇所を発見したあと、この本を読んだPさんがあれやこれやと記しているので、私もてっぺんから全部読んでみる。

私の印象に残った箇所は、こんなところ。

▼専業主婦であれ、共働きの主婦であれ、子どもたちに家事を手伝ってもらうとき、教育的見地などという建前はださなくていい。
「お母さんは疲れていてできないから、あなたたちやってちょうだい」
 と頼めばいい。それが本音なのですから。そして、過度に自分を犠牲にせずに、家族の協力を求めることは、人間としての尊厳を守ることでもあると、私は思っています。(p.25、「「助けて」と頼んでみたら?」)

「人間としての尊厳」といった文言が、ジンケン系の啓発モノではなくて、エッセイに出てくるところに興味をひかれた。

▼私の共働きは、はじめから計画していたことでなく、はじめから信念があったわけでもありません。現実に直面して、時々に応じて、考えをかえつつ、試行錯誤で、なんとかやってまいりました。(p.35、「あの日、あの頃」)

この「時々に応じて、考えをかえつつ、試行錯誤で」のところが現実に直面した実感に即していると思った。逆にいうと、そういう「現実」に向き合う必要が少なくなってくると、建前でぐいぐい押すことになったりするんかなーと思った。

▼ひと目を気にするということは、文字どおり「ひと目を気にすること」ひとの目に自分はどううつるか。ひとは自分をどう評価するか。それは自分の年齢を意識して、とし相応のふるまいや、言葉遣いに気を配ることでしょう。…(略)… 
 Decencyという英語があります。たいへん日本語に訳しにくい単語なので〈上品〉などといった訳語があてられますが、本当の意味は〈それらしくあること〉ではないかと思います。(p.226、「ひとの目」)

decencyは、「まともな仕事」「人間らしい仕事」とも訳されるディーセントワークのdecentと同語源だと思うが、〈それらしくあること〉とか〈上品〉という訳語と、どうたどっていってつながるかなーと考えた。

装幀は本くに子。

(2/17了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5214-755ee4f5
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。