読んだり、書いたり、編んだり 

一箱古本市の歩きかた(南陀楼綾繁)

一箱古本市の歩きかた一箱古本市の歩きかた
(2009/11/17)
南陀楼綾繁

商品詳細を見る

よくお便りをくださる「ブックマーク」読者のIさんより、"メッチャおもろいです"と伺って、読んでいなかった本を借りてくる。もう5年余り前に出た本だということに、読み終わって気づく。

著者も関わって、東京の通称"谷根千"エリアで、「不忍[しのばず]ブックストリートの一箱古本市」が始まったのが2005年の4月(もう10年前だ)。このエリアに住み始めて10年ほど経っていた著者と、その妻(『捨てる女』『世界屠畜紀行』、その他の著書のある内澤旬子さん)との「この辺りで古本市ができたら、面白いね」「お寺の境内を借りられたら、かなりたくさん本が並べられるなあ」(p.18)という会話が、そもそもの発端だったという。

内澤さんの「べつに一カ所に集めなくても、いろんな場所に少しずつ出したらいいんじゃない?」(p.19)とう発想から、イメージが立ち上がる。

▼お店の軒先を借りて、七、八カ所で開催する。スペースが限られているので、出店者が出せるのは一人一箱とする。量が限られているので、プロよりもシロウトの本好きを中心に集める…。当然、イベント名は「一箱古本市」だ!(p.19)
ご近所の本屋や古本屋の店主に谷根千工房のスタッフを交えたメンバーでの忘年会で、この一箱古本市の思いつきを披露し、そこから実行委員会をつくって、実現に向かってどう動いていったか…という経緯が「第一部 不忍ブックストリートができるまで」で綴られている。

ゆるくてやたら時間のかかる会議(それは「楽しく気持ちのよい会議」でもあったそうだ)、内澤さんがイラストを描いた「不忍ブックストリートMAP」(無料)の作成、掲載した店舗を中心に地図配り、一箱古本市の店主さん募集、そして当日の運営、運営になくてはならない助っ人のこと、今後の課題、等々。

この本を書くまでに5年やった活動をふまえて、著者はこう書いている。
▼…この先、「不忍ブックストリート」をどんなカタチにしていくのかについても考えなければならない。…(略)…活動自体が収益につながらなくても、その活動に関わった人たちが何らかの利益を得て、やる気を維持できるようなしくみをつくることはできないだろうか。…(略)…
 まだまだ手探りの状況だが、一箱古本市や地図によって生まれた、「本」を媒介としたコミュニケーションがこの地域全体に広まり、店と店、人と人がつながっていく。その結果、この地域が名実ともに「ブックストリート」になる日が来ればいい、とぼくは思う。(pp.70-71)

この本の大部分を占める第二部は「日本全国「ブックイベント」ガイド」で、福岡の"BOOKUOKA(ブックオカ)"、名古屋の"BOOKMARK(ブックマーク) NAGOYA"、仙台の"Book!Book!Sendai"、東京(早稲田・目白・雑司ヶ谷)のエリア名の頭文字をつなげた"わめぞ"、東京の中央線沿線でおこなわれているあれこれ、米子の一箱古本市、広島の"空中一箱古本市"、長野(追分・小布施)の靴をぬいであがる古本屋や図書館まちとしょテラソでの一箱古本市、長野(高遠)での"本の町"のこころみ、関西のブックカフェのいくつか、個人などが出すフリーペーパーのこと…。

フリー(タダ)ではないけど「ブックマーク」という本ネタのミニコミをやってる私は、どれも興味ぶかく読んだ。本のイベントには行ったことがなくても、"Book!Book!Sendai"のことが載った紙モノはいくつか入手して読んだし、米子の今井書店にも行ったことがあるし、昔住んでいたことのある広島は多少の土地勘もあるし、紹介されている関西のブックカフェには行ったこともある。

そして第三部「書とともに街に出よう」では、自身の経験と上の世代とを比べて、本の読み方や本とのつきあい方が変わってきたのではないかと推測し、とりわけ現在は「読んだ本を身のうちに取り込むだけにとどまらず、そこで得たものについて多くの人と話し合ったり、情報として提供したりしている」(p.289)"能動的な読者"、つまり「読んだり、買ったりするだけでなく、本と遊んでいる」(p.289)人たちの声が聞こえてくるようになった、と書く。そんな人たちが、ブックイベントに集まっているのではないか、本をめぐる状況をもっと面白くしたいと考えているのではないかというのだ。

もしかすると、そういう中から、想像しなかったようなカタチで、本に関する新しい動きをはじめる人が出てくるかも…と夢想して本文は終わる。

「おわりに」の中で、「ブックイベントの「儲からないことの楽しさ、美しさ」を強調する文章をブログで書いたために、怒った妻が家出するという事件も起こった」(p.302)というところに、個人的にはかなり笑った。

この本を読んでたら、私も「一箱」もって、古本市に出してみたいなーと思いもした。一箱に詰めて売りにいくとしたら?と、本棚から抜く本を考えもしたのだ。

(2/11了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5207-4a45aa46
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ