読んだり、書いたり、編んだり 

新しいおとな(石井桃子)

新しいおとな新しいおとな
(2014/03/18)
石井桃子

商品詳細を見る

年明け恒例の"お年玉本"の候補で、ちょっと図書館で借りて読んでみた。タイトルからして、もしかして思春期間近の小5にいいかな…と思ったけど、どっちかというと文庫活動をやってるような大人向けだった。

石井桃子が亡くなってから、単行本に入っていなかった文章を編んだ本が数冊出てるらしく、こないだ本屋で『においのカゴ』という創作集を見かけた。同じ河出が出した他のタイトルを調べて、『新しいおとな』がちょっといいような気がしたのだった。

巻末の初出一覧をみると、古いものは1941年の文章で、1950~60年代の文章もかなり多く、紹介されている本の値段も"「熊のプーさん」岩波書店 1円20銭"とか、"中勘助「銀の匙」岩波文庫(80円)"とか、当時の値段のままなのがおもしろい。「熊のプーさん」(この「熊」と漢字で書いた古い本は、児童文学館所蔵のものを歴博の展示で見たことがある)が1円20銭だった頃、その値段でどんなものがほかに買えただろうと考える。

子どもや読書をめぐる文章が収められている中で、「働く年少者の作文をよんで」が印象深かった。1960年代の初めに、石井が「働く青少年の作文」の選者をしたらしい。それで読んだ150編ほどの作文から、まず石井は「この日本に連日連夜、働いている生身の若者や少年たちがいるのだという事実に圧倒される」(p.65)と書く。
▼そして、読んでいる間、何よりも私の心を動かしつづけたのは、これを書いた若者、少年少女のひとりひとりが、けっして絵空ごとでなく、からだを動かし、汗をかき、糸くずにまみれ、牛乳をのせた自転車をひっぱり、働いているのだという事実だった。おなじ年ごろの子どもが、母親にかしずかれ、ねぼうをし、学校にゆき、先生の欠席を喜んでいる時に、かれらは、働いている。しかも、こういう境遇の差が、偶然、そこに生まれあわせ、または、ある小さい企業に雇われたということのために、決定的になっているというのは、何という不公平だろう。私は、子どもの降伏が、母親にかしずかれ、学校にいくことにあるとは思わないし、また、働くことが、絶対的な不幸だと思ってはいない。しかし、いまの日本で、年少の身で働くことは、やはり育つ上にいろいろな制約をうけることであるし、偶然が、一人の人間に決定的にのしかかってくることは、やはりたいへんなことだと思わずにいられない。(pp.65-66)

ある青年は、自分が風邪をひいた時に店主がそれを悪いことのように扱われ、店主自身の子どもが風邪をひいた時とは何というちがいだろうと書いていた。お店で住みこみで働きながら夜学に通うむすめは、夕方店を出るときに「すまない」と思っている。石井は、もしこのむすめが制度のととのった国に生まれていたら、同じ年頃で働きに出たとしても、夜学にいくのにすまないなどという気持ちはまるで持たず、まったく別の人間として育つのではないだろうかと記している。

さらに、この若い人たちのために、いまのままでもやれることがあるとしたら、その大きな一つは、昼間の学校にいってないことについての劣等感をとりのぞいてやることだろうという。働く青少年たちの作文の多くに、高校に進んだ友人たちから軽蔑の目で見られ、劣等感に苦しむことが書かれているというのだ。

この本には、石井が自宅をひらいてやっていた図書室「かつら文庫」のことを書いた文章も多い。その中で「漫画」と「雑誌」について石井が書いている部分は、当時どんなもんやったんかなーと思いながら読んだ。

▼「かつら文庫」には、漫画も雑誌もありません。あるのは、本だけです。しかし、そこにある本なら、どの本を出しても文句はいいません。(p.79)

▼私は、ながい間、特に漫画を意識したり、敵視したりしないで、子どもを「本」を読む方向にむけることができるのではないかと、頭のなかだけでは考えていました。しかし、自分の子どもというものをもたず、学校で教えたこともないので、それを自信をもって云いきることはできませんでした。…(略)… 漫画の本は、一冊もありませんが、これは、図書館びらきの日に、みんなにことわりました。しかし、「漫画がいけない」なんてことは、ひと口も云いませんでした。「家には漫画はないのよ。でも、みんな、友だちと借りっこして読むんでしょう?」と言ったら、「うん」と云って、笑っていました。(pp.138-139)

この後ろには、かつら文庫の人気ものは、文章も絵もよい絵本、各国の民話だという話があって、これは文庫にくる子どもたちが漫画を読まなくなったということでしょうか、そうではないのですと続く。

▼子どもたちに聞くと、友だちと貸し借りして、漫画があれば、それに読みふけってしまうのだそうです。しかし、またべつのところへくれば、ちゃんとよい物語をよみ分け、美しいひびきを聞き分けています。…(略)… おそろしいのは、漫画だけになり、成長過程の子どもから、せっかくもっている能力をねむらせてしまうことです。(pp.141-142)

という末尾の部分を読むと、やはり石井はどこかで、漫画を敵視とはいわないまでも、そればかりになっては困るモノと考えていたように思える。

文庫をひらいて一年経った頃には、こうも書く。
▼この一年の経験で、「漫画をおかないでも、子どもは本を読みにくるか」という心配は、まったくいらないことだったということがわかった。子どもたちは、ここなら文句を言われずに楽しめるなと感じた場所には、いさんでやってくるのだ。(p.149)

これはもう、漫画がどうのという話ではなくて、場のつくり方やなーと思う。

文庫に来ていた小5のSさんが、岩波少年文庫の編集部にあてて出した手紙には、これまで読んだ少年文庫のなかで、おもしろかったものの感想が抜粋されている。その中に「あしながおじさん 続  正よりおもしろい。手紙の文章だけでできているがこ児院の改良がおもしろい」(p.161)というのがあって、金井美恵子のお手紙小説を読んだばかりの私は、なになに「手紙の文章だけでできている」?と、あとでこの続を読んでみたくなった。

巻頭の「私の読書」で、ごく最初の本の記憶として書かれている、舌切りスズメの物語を読んでもらったときの心のうごきの描写が、わけてもよかった。

(1/2了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5172-688979b9
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ