読んだり、書いたり、編んだり 

「みかんの島」の介護日記 ~23歳のリエとナオミが挑んだ不器用で誠実な福祉の道~(山口放送)

「みかんの島」の介護日記 ~23歳のリエとナオミが挑んだ不器用で誠実な福祉の道~「みかんの島」の介護日記
~23歳のリエとナオミが挑んだ不器用で誠実な福祉の道~

(2010/08/06)
山口放送

商品詳細を見る

図書室をうろうろしていたときに、表紙を見せておいてある本のなかに、「みかんの島」という文字が見え、その脇には「山口放送」とある… これは周防大島のことか?と手に取ってぱらぱらっと見ると、はたして「みかんの島」は、やはり周防大島のことだった。

ここ数年、冬には周防大島でKさんがつくっているみかんやその他の柑橘類を食べていることもあって、借りてきて読んでみる。周防大島は宮本常一のふるさとでもあって、『宮本常一著作集』にはみかんに言及した箇所もあるとKさんに教えていただいたこともある。

さて、「みかんの島」の本は、テレビでやったドキュメンタリー(NNNドキュメント'06「笑って泣いて寄り添って~リエとナオミの介護日記~」)をもとに、再度取材を重ね、2人の若いヘルパーとお年寄りたちの日々を構成した、というものらしい。
周防大島は「長寿の島」とも呼ばれているそうで、人口は2万人余り(と本にはあるが、2014年4月時点の人口統計では1万8千人余り)、高齢化率は46%(2014年4月時点の人口統計では49%、山口県全体の高齢化率は30%)、島民のほぼ半数が65歳以上。

サブタイトルに名前のあるリエは青見理絵さん、ナオミは中津尚美さん。2人は2001年にNPO法人として訪問介護の会社をおこした。「24時間、365日、いつでも対応できること」が会社の自慢。島内の高校で福祉科の同級生だった2人は、卒業後にそれぞれ大きな施設で働いた。数年後の同窓会で再会し、ともに「介護が「作業」になってしまっている」という悩みを抱えていることを知った。

集団生活の施設で、何人もの利用者を相手に介護をしていくなかで時間に追われ、一方でお年寄りのためにも次のヘルパーのためにも「後ちょっとだけ」と思うことがよくあった2人。そこで「仕方がない」とは考えず、できる範囲の中で「作業」ではなく「介護」をと思っていた。

そんな2人は、お年寄りの家を訪ねて介護する「訪問介護」を考えるようになる。在宅なら1対1で対応できる、家族の声を直接聞いて、自分の仕事に繋げていくこともできる、自分たちのやりたい「温もりのある介護」ができるだろうと。勤務先を辞めて、まず訪問介護ステーションで働きながら、自分たちの会社をつくることを2人は考えていった。

本は、心の通う介護をしたい、巡り合ったお年寄りを最期まで見守りたい、という「志」を支えに働く2人を追う。年中無休の介護と初めての会社運営のなかで、2人が若さと体力にまかせて眠る暇もないほど働いた1年目から、10年経つ今までを、お年寄りとの関わりの現場、2人の悩み、苦労もまじえて記している。

リエとナオミが関係してきたお年寄りのすべてが、「家で最期を迎えたい」(p.239)と言って亡くなったという。ナオミは「自分も家で家族に囲まれて死にたい」(p.240)と言う。ナオミの実家では、リエがほぼ毎日のように介護に入りながら、ナオミの祖父母3人をナオミの両親が在宅で最期まで見ようとしていた。

それは、多くのお年寄りが望むことで、2人にとっての理想かもしれないが、「家で」とか「家族」というものの見方に、読んでいる私はちょっと引っかかりもする。

たとえば冒頭では、二人の関わり方がこのように書かれている。
▼お年寄りたちの生活では介護保険でまかなえない部分も多い。
 「おはじきで遊ぼう」
 「昔の写真を見て欲しい」
 「テレビが映らないよ」
 そんな要求にも、お年寄りの心を充たすために、二人は笑顔で応える。
 当然、無償だ。
 困っていれば家族がそうするように、何をおいても駆けつける。
 介護の常識では考えられないような深い関わり方をしていた。(p.8)

「当然、無償」というのは介護保険でまかなえないという意味もあるのだろうが、「困っていれば家族がそうするように」という箇所とあわせて読むと、家族の無償の働きを、そんなに当然のように思ってええんかなと考えてしまう。すくなくとも私自身は、「何をおいても駆けつける」のは気持ちのうえで無理があると思うし。

親の介護をすることで感じるもの、見えてくるものもあるのだろうと思う。たとえばナオミの父は、自分の父親を介護した経験をこう述べている。

▼「介護をするということは、親父の体に直接触れるということだった。肌を通して親父の優しさを知った。親父との距離が縮まっていくのが分かった。それまで忘れていた昔のこともおのずと思い出した。速かった親父の山歩き。高かった肩車。大きかった胸。毎朝、介護の前に親父の頭を撫でた。『今日も一日一緒に生きていこう』と。僕にとっては、何ものにも替え難い日々だった」(p.275)

ナオミの母は、夫とそのきょうだいのことを「親の介護を通して、姉弟が一つになったんですよ。一つの命が終わる時に、家族が一つになったんです」(p.276)と語っている。在宅介護の苦労のすえに、そんなこともあるのかもしれない。

それでも私は、「家族」や「身内」が介護をするキツさを思ってしまう。「家で」「地域で」というエエような言葉の向こうに、どんな介護があるんやろうなーとぼんやり考える。

この本の冒頭から私が気になってしかたなかったのが、リエとナオミの2人が身を包んでいるという「介護服」のこと。本文をずっと読んでいても、2人はほとんどいつも「介護服」でうろうろしているようなのだが、介護のための服? 図書館で働く人の多くがエプロンをつけているようなものか?

(12/27了)

※リエとナオミのNPO法人「海祐会」
http://npo.pref.yamaguchi.lg.jp/ninsho/000046.html
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5168-a876f988
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第42回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ