読んだり、書いたり、編んだり 

女の子よ銃を取れ(雨宮まみ)

女の子よ銃を取れ女の子よ銃を取れ
(2014/05/23)
雨宮まみ

商品詳細を見る

この人の『女子をこじらせて』というのをちょっと読んでみたいと思ったことがあったが、図書館に入る気配なく(今もない)、どういう選書かわからないが、この人のいくつかある著書のうち、この『女の子よ銃を取れ』だけが図書館に入り、借りてきてみる。

持って帰ってきた日に、ぴらっとめくってみるが、目次を見てもそそられず、何ページかざっと読んでもあまりノらず、そのまま積んでいた。予約していた本がまとまって届き、読むなら読んで、返して、次の本を借りようと思い、読んでみる。

なにかに似てる、これと似たようなのを読んだことがある気がする…と、読みながらしばらく考えていて、酒井順子や!と思う。ですます文体と、自己分析を絡めつつ、読者の皆さんにこうしてみてはいかがでしょうかと提案する風な文章が、私には、いっときまとまって読んだ酒井順子の文章に似たものに感じられた。

正直あまりおもしろいと思えないまま、ほぼ惰性で読んでしまう。とはいえ、なぜ「女子」の悩みが深くなるのか、外見や内面について、ああだこうだと、まるで矛盾するようなことを同時に言われまくって(ダブルスタンダードというやつ)、そこに引っかかってしまったら、にっちもさっちもいかなくなるのは理の当然でしょう、といった分析のところは、それなりにおもしろかった。
とりわけ若いことやカワイイことを意識させられる「日本の若い女」の毎日は、旅に出てそこから離れてみれば、ハッとするほどに息苦しいものだったりする。著者は、そういう価値観のなかでもがくほど悩んできた人であるらしい。巻頭の文章は、そういうのを、なんとかくぐり抜けてきて、書かれているようだった。

▼「美しくなりたい」と思う気持ちは、私の中では「自由になりたい」と、同義です。社会の圧力から、常識から、偏見から、自分の劣等感から、思い込みから、自由になりたい。いつでもどこでも、これが自分自身だと、全身でそう言いたい。「美しくなりたい」とは、私にとってはそういう気持ちです。(p.9)

「女」になんやかやのバイアスがかかりやすい今の社会で、装いの正解がわからないし、どう転んでも納得がいかないと著者はいう。

▼このような男社会で、いったい、どのような服装で、どのようなふるまいをすれば受け入れられるのか、「女」というバイアスをかけずに仕事相手として対等に見てもらえるのか、私には正解がわかりません。
 そして、正解があったとしても、そのように装うことが良いことなのかどうかもわかりません。
 「女」という偏見で見ている側が悪いのに、なぜ女に生まれただけで、女の側が「その偏見を解いてください。私たちは普通の仕事仲間で人間なのです」ということを主張するファッションをしなければならないのか、納得がいかないのです。
 たとえいまが過渡期なのだとしても、時代の犠牲にならなければいけないなんて、冗談じゃない、と思います。(pp.92-93)

「世間では、こうするのが正解なのだろう」と薄々わかっていても、私は絶対にそうしたくない、ということがよくあった。勝手に「女」の意味づけをされるようなことは、なんとしても避けたいと思っていた。20代の頃にそういう気持ちがいちばん強かったように思う。今は、そこまで「絶対に」と思わなくなったのは、歳をとってくるだけで、「女」がどうのというめんどくさいことに捕まらずにいられるようになったからかなーと思う。

(11/21了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5141-7c309b3a
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ