読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とは何か―「個人」から「分人」へ(平野啓一郎)

私とは何か―「個人」から「分人」へ私とは何か
―「個人」から「分人」へ

(2012/09/14)
平野啓一郎

商品詳細を見る

小説は読まないという人が、平野啓一郎のこれは気に入った、実用的でよかったと言っていて、その小説ではないらしき本を借りてきて読んでみる。平野は小説『日蝕』でデビューした人だそうで、その後もいろいろと小説をたくさん書いてるようだが、私はこれまで全く読んだことがない。

▼本書の目的は、人間の基本単位を考え直すことである。
「個人」から「分人[ぶんじん]」へ。
 分人とは何か? この新しい、個人よりも一回り小さな単位を導入するだけで、世界の見え方は一変する。むしろ問題は、個人という単位の【大雑把さ】が、現代の私たちの生活には、最早対応しきれなくなっていることである。(p.3、【】は原文では傍点)

individual、つまりdivide(分ける)に由来するdividualに否定する接頭辞のinがついた単語は、「不可分」「これ以上分けられない」という意味をもつ。

「個人(individual)は分けられない」というのは、人間のカラダを考えてみれば、そのとおりだろう。では、人格はどうか?カラダのように分けられないものか? 「本当の自分」は1つきりなのか? そこのところに分け入ったのが、この「分人」論。
Aさんとつきあっている「私」と、Bさんとつきあっている「私」と、Cさんとつきあっている「私」…が、それぞれ違うのは、多重人格とか八方美人とか猫かぶってるんじゃなくて、アタリマエではないか、というようなことを著者は言っているらしい。それはAさんとの分人、Bさんとの分人、Cさんとの分人…なのだと。そのことを著者は「個性とは、分人の構成比率」(p.88)と表現したりする。

▼誰とどうつきあっているかで、あなたの中の分人の構成比率は変化する。その総体があなたの個性となる。十年前のあなたと、今のあなたが違うとすれば、それは、つきあう人が変わり、読む本や住む場所が変わり、分人の構成比率が変化したからである。十年前には大きな位置を占めていた当時の恋人との分人が、今はもう、分かれて萎んでしまっていて、代わりにまったく性格の違う恋人との分人が大きくなっているとする。すると、あなた自身の性格、個性にも変化があるはずだ。個性とは、決して生まれつきの、生涯不変のものではない。(p.89)

著者が言ってることはおおむね分かった気はするものの、「分人」というアイデアは、アイデンティティの複数性みたいな話と似たものなのか、また違うのか、ちょっと頭がごちゃごちゃする。

文中でやたら自分の小説のテーマを解説してるところは、なんか説教臭い(?)感じがしてイマイチと思い、あと喩えの表現を読むと(この人は異性愛が当然の大前提の人っぽいなー)と思った。

たとえば、「女子修道院に入っている年頃の少女が、外にこっそり恋人を作ってしまえば、当然、そのカレとの分人が肥大して…」(p.119)とか、「あなたが男性で、二人の女性がいるとする。一人は、…(略)。もう一人は、…(略)。どっちと、またデートしたいと思うだろうか?」(p.136)みたいなところ。

まあ、それはそれとして、この人の小説は全然読んだことがないし、分人ネタが出てくるという『ドーン』をちょっと読んでみようかなーと思った。

(11/5了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5128-2b506824
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。