読んだり、書いたり、編んだり 

O介(大鋸一正)

O介O介
(2014/07/23)
大鋸一正

商品詳細を見る

8月末につくった「ブックマーク」82号でこの本を紹介した人があって、(著者名が読みにくいなー)と思った私がルビを振ったのはいいが、調べが甘くてそのルビを間違えてしまった! 著者のお名前は「おおが・かずまさ」さんでした。伏してお詫び。

その後手にした本の実物では、タイトルについては表紙にも背表紙にも扉にも奥付にも「オーすけ」と入っているのだが、著者名にはルビがなく、巻末のプロフィールページにあるローマ字の「OGA KAZUMASA」が読みの手がかりだが、私の間違ったルビのように「おが」と誤読される可能性なきにしもあらず。できれば、どこかに分かりやすくお名前のルビ希望。

まず表題作から始まって、7篇収録。この表題作「O介」は、私のスキな平田俊子の「おおまいごっど」云々の詩を思い出させた。「O介。」と挟みながら続くところが、似た印象を受けるのか。そして、続く章を読んでいて、パパとママがなぐりあってお互いこわれていくような様を描いた場面の出てくる「ブルーベリー狩り」なんかが、やはり平田俊子の夫を捨てにいく詩を思い出させたからか。いや、たんに「オー」という音のせいか。
出版社サイトの短い紹介文にある「O介と呼ばれる赤ちゃんに優しく呼びかける声。その声に見守られ、O介は育っていくが、次第に明らかになるその声の主とは…!?」というストーリー(?)は、私にはいまひとつ分からなかったけど、読んでいて、私のアタマでは、平田俊子の詩がひらひらと浮かんでいた。

そして、『O介』を読み終わって、平田俊子の詩集を本棚から出してくる。
『(お)もろい夫婦』である。

私のアタマのなかで断片が舞っていた詩「嗚呼神代毎夜賑(おおまいごっどよごとのにぎわい)」をまず読みなおす。そのてっぺんは、こんな感じだ。

オー、マイ、仏陀。おれはタクシードライバーにならずにほんとによかった。
オー、マイ、ゴンドラ。それはどうして。
タクシードライバーになってみろ。おまえはきっと仕事についてくるね。助手席に乗り込み、一緒に街を流すのだ。
オー、マイ、権帥[ごんのそち]。それはすてきね。ずっと一緒にいられるなんて。
すてきなものか。楽しい気分はせいぜい初めの十分だ。…
『(お)もろい夫婦』、p.14)

詩はこのあとも、「オー、マイ、ガッデム。」とか、「オー、マイ、「ガット」は関税貿易一般協定。」とか、「オー、マイ、がんも。」などと、字と響きをややずらした呼びかけを挟みながら、続いていく。

さて、夫を捨てにいく詩はどれだったかな…と、「ネンブツさん大忙し」を読みなおす。

たぶん全然違うのだろうけれど、私のなかでは『O介』と平田俊子の詩がつながってしまった。もしかしたら、うっすらと怖いようなおもしろさが、似ているのだろうか。

(9/14了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5098-607c6cdb
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ