読んだり、書いたり、編んだり 

8月に読みおわった本

8月に、てっぺんから最後まで読んだ本のリスト。この半年、映画館へ行ったり、DVDを見たりで、月に何本か映画を見ていたが、今月は映画館へ行きそびれ、DVDも見ずで、本読みにシフト(元に戻っただけか)。

いつもの年より植えるのが遅かったゴーヤは、8月に入ってボチボチと収穫できて、十数本がお腹へ。空は秋めいてきて、あと数本ぶらさがっているのがすんだら、そろそろしまいになりそう。

7月下旬に何日か猛暑日があって、また今年もやってくるのかと身構えていたが、ふたをあけてみれば8月の猛暑日はなく(ウチの最寄りのアメダス地点で観測した8月の最高気温は34.4度だ)、真夏日にならなかった日さえあり、むしろ降る日が多かった。台風による大雨もあったし、傘を持ち歩く日が続き、まるで梅雨どきのようで、ほんとに変な天気だった。

月末の印刷発送をめざして、8月に入ってからちょっとずつちょっとずつ「ブックマーク」82号の支度をしてきて、発送作業も本日ぶじ終了。ことしも3分の2がすぎる。

-----
○濱口桂一郎『日本の雇用と中高年』ちくま新書
○クレマンティーヌ・オータン『子どもと話す マッチョってなに?』現代企画室
○大沼紀子『てのひらの父』ポプラ文庫
○よしながふみ『きのう何食べた?(9)』モーニングKC
○佐藤雅子『季節のうた』河出文庫
○上野千鶴子『上野千鶴子の選憲論』集英社新書
○山崎光祥『子を看るとき、子を看取るとき―沈黙の命に寄り添って』岩波書店
○鶴見俊輔『日本の百年〈9〉廃墟の中から―1945~1952』ちくま学芸文庫
○ジャンニ・ロダーリ作、杉浦明平訳、B.スチェエーヴァさし絵『チポリーノの冒険』岩波少年文庫
○芳賀優子、松森果林『ゆうことカリンのバリアフリー・コミュニケーション』小学館
○志村ふくみ『私の小裂たち』ちくま文庫
○林瑞枝『フランスの異邦人―移民・難民・少数者の苦悩』中公新書
○ジャンニ・ロダーリ『パパの電話を待ちながら』講談社
○乃南アサ『すれ違う背中を』新潮文庫
○中脇初枝『きみはいい子』ポプラ文庫
○乃南アサ『いつか陽のあたる場所で』新潮文庫
○玉岡かおる『ひこばえに咲く』PHP研究所
○齋 正弘『大きな羊のみつけかた―「使える」美術の話』仙台文庫
○乃南アサ『風の墓碑銘 下』新潮文庫
○乃南アサ『風の墓碑銘 上』新潮文庫
○田辺聖子『しんこ細工の猿や雉』文春文庫
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5066-5959b73d
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ