読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていく絵―アートが人を〈癒す〉とき(荒井裕樹)

生きていく絵―アートが人を〈癒す〉とき生きていく絵―アートが人を〈癒す〉とき
(2013/09/24)
荒井裕樹

商品詳細を見る

去年読んだ『障害と文学―「しののめ」から「青い芝の会」へ』の著者の、別の本。タイトルや装幀をネットで見たときから、なんとなく医学書院の〈ケアをひらく〉シリーズのような気がしていたが、手にしてみると亜紀書房の本だった。前の本は、もとが博論ということもあって、論文ちっくな文章だったが、この本は「ですます」体で書いてあって、印象がだいぶ違った。

この本は、精神科の病院の《造形教室》で作品をつくってる人たちの「自己表現」の意味?を考えていて、作品の図版がカラーとモノクロで入り、主に4人の作品とその作者の話をつうじて、「心病む人にとっての表現」を手がかりに考えたあれこれ、が書いてある。

▼私が試みたいのは、生みだされた個別の表現物(=作品)と、それを生みだす場の力を同時に捉えつつ、自己表現が表現者の〈生〉にいかにかかわるのかを読み解くことです。(p.28)

そして著者は、「〈もの〉としての表現だけでなく、その背後にある〈こと〉としての表現も捉えるような考え方」(p.29)と、「表現者という一人の人間の〈生〉と、表現された作品の両方を、なるべく同時に捉えるような考え方」(p.30)とに基づいて書き進めていきたい、と記す。

自己表現と〈癒し〉の普遍的な関係性を考えたいという著者は、心病む人たちのための理論や療法を作りあげたいわけではない。そのためには、個々人の深層を掘り進めていく作業に徹するよりほかにないのではないか、という。
「心のアート展」(東京精神科病院協会に加盟している病院に入院あるいは通院している方たちの作品を展示するアート展)についてのインタビューで、こうしたアート展を開催する意義について問われて答えている中で、著者はアートのもつ「異化」のはたらきを語っている。

▼アートはきっと「いつもとは違った角度から社会を見つめ直す」きっかけを与えてくれると思います。(p.41)

作品として発表されたもののもつ思いがけない可能性について書いているところは、この本のキモやなと思った。

▼もしかしたら、「絵が自分の意図を超えていく」という点にこそ、アートを通じた自己表現の可能性があるのかもしれません。「アーティスト」というのは「自分の気持ちや考えたことを、正確に表現できる技術を持った人」のことではなく、むしろ「自分が生みだした表現に、自分自身が驚くことができる感受性を持った人」のことなのかもしれません。(p.251)

著者が、自己表現と〈癒し〉の普遍的な関係性を考えたいというのは、なにも、ビッグデータを解析して、心病む人にとってアートとはこうだと言うことではないのだ。あくまで一人ひとりの表現を、一人ひとりが感じたその先にある「なにか」を見つけるようなこと。そのことは、巻末に書かれたこの一文によくあらわれていると思う。

▼一人ひとりの想像力と感受性に働きかけて、かけがえのない「一」の重みや大切さを伝えること。その「一」の傷つきや苦しみに対する想像力や感受性を、いわば「社会資源」にまで育てていくこと。そこにこそ、アートの存在意義があるのかもしれません。(p.275)

作品の図版を見て感じることもあったけど、できることなら、ナマの作品現物を見てみたいと思った。それと収録されている作品のなかに、あの人の絵に似てる!と思ったのがあった。この本を読んで、あの人の絵も、心の中身を吐きだすようなものから、表現することで、自身の苦しみの事実そのものを受け止め、認めていけるようになったのかなーと思った。

(7/23了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5057-23decd1f
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。