読んだり、書いたり、編んだり 

ラモーナ、明日へ(ベバリイ・クリアリー作、アラン・ティーグリーン絵)

ラモーナ、明日へラモーナ、明日へ
(2006/01)
ベバリイ・クリアリー作、アラン・ティーグリーン絵

商品詳細を見る

『ラモーナとあたらしい家族』の続き。ラモーナのシリーズもこの巻がさいご。あとはヘンリーのシリーズに小さいラモーナが出てくるというのをさかのぼって読むか。

ラモーナは4年生になる。新学期、みんなに言いたくてたまらないのは「うちに、赤ちゃんが生まれたんだよ」ということ。担任のミーチャム先生が、先生によくわかるよう自分のことについて短い作文を書いてくださいと配った紙に、ラモーナは猛烈なスピードで書いていった。自分でも気に入ったその作文を、帰る前にミーチャム先生はみんなの前で読んだのだ!新入りのデイジーとは仲良くなれそうで、上々のスタート。

でも翌日、正しい綴りの勉強になって、ラモーナのうきうき気分はしぼんでしまう。黒板に書いてある練習問題は、ラモーナが昨日の作文で間違った綴りと、正しい綴りだ。ミーチャム先生は、昨日、いくつか綴りが間違っていても、ラモーナが何を言いたいか読み取ってくれたのに。
だからラモーナは、「つづりがちがってたって、意味がわかればいいんじゃないですか?」と思ったことを先生に言った。新学期が始まって2日目だというのに、ラモーナはミーチャム先生は嫌いだと決めた。先生は、勉強はたのしいと言ったけど、少なくとも綴りの勉強はたのしくない。

▼ラモーナは、なにもつづりをまちがえたいわけではありません。ただ、まちがえないようにするのが、めんどうくさいだけです。つづりより、もっとおもしろいことがあるはずです。それが何かは、今すぐにはいえませんが。ラモーナは、しかめっつらをしながら、自分が書きまちがったのや、ほかの子がまちがったことばを勉強しました。やっている間、いやでいやでたまりませんでした。(pp.30-31)

そんなこんなの胸のもやもやを、お母さんに話して、ラモーナはちょっと気分がよくなる。お母さんはラモーナのことをよく分かっていて、ラモーナの話を聞いたあと「あなたは誇張してると思うわ」と言う。その次の、ラモーナの気持ちを書いたところがおもしろい。

▼ラモーナは、おかあさんのいうとおりだと思いました。でも、自分の感じ方からいうと、そうなのでした。誇張するのは、気分がいいのです。(p.46)

妹のロバータが、ラモーナのことをじっと見ているので、ラモーナは「イイーン」と舌をつきだしてやった。やった途端に、かわいい無邪気な赤ん坊の妹に、なんてことをしたのかとラモーナは恥ずかしく思うが、それよりびっくりしたことが起こる。ロバータが、ラモーナに向かって舌をつきだしたのだ!

ただの偶然かもと思って、もう一度ラモーナが舌をつきだしてみると、やっぱりロバータはうれしそうに笑ってまた舌をつきだしてくる!お母さんは、赤ん坊はわたしたちが思ってる以上に観察力があって、見たものをお手本にするんだと教えてくれた。

ロバータの相手をしながら、とてもうれしくなったラモーナは、お手本(role model)という綴りを頭の中で練習していた、というところが、話としてもうまい。

姉のビーザスは高校生になって、青春まっただなか。ある日、ビーザスがピアスをつけて帰ってきた。どうしてやる前に訊かなかったのというお母さんに、「あたしの耳だし、あたしがベビーシッターしてもらったお金使ったし、それに、もし、きいたら、おかあさん、いけないっていったでしょ」(p.92)とビーザスは言う。「姉」の私は、その次のビーザスの言葉に、分かるーーと思う。

▼「あたし、いつもすなおで、ききわけがよくて、しっかりしている自分にあきたの。みんなに、なんておりこうさんでしょう、っていわれるの、もううんざりなの。たまには、いかすかっこうをして目立ってみたいわ。みんな、いつもいつも、あたしに、あれしてちょうだい、これしてちょうだいってたのむわ。あたしにさせれば、きちんとするってわかってるからよ。そうなの、あたし、ピアスをつけて、口紅ぬって、だれかべつの人になりたいの。パーティーのためにすてきなかっこうしたいし、おもしろおかしくやりたいの!」(pp.92-93)

お母さんは、そんなこと思いもしなかったと涙をにじませて、お前はいつだって満足しているように見えていたとビーザスに言う。「外っかわだけよ」「心の中じゃ、そうじゃないわ」と言い放つ。

ラモーナは、そんなビーザスを見ながら、ビーザスや自分が大人になることを考えた。「ラモーナは、おもしろい本を読んでいるときのような気分になりました。次にどうなるか、知りたいと思ったのです。」(p.99) うまい表現やなあと思う。

ずっと女の子の親友がほしかったラモーナは、デイジーと親友どうしになる。自分のうちと同じように、ほどよく散らかったデイジーの家で、遊んでいるうちに天井を突き破ってケガをしたり、新聞の広告の文言がおかしいというので、デイジーと一緒に、その広告を出した会計事務所へ手紙を書いたり(しかも、それにはちゃんと返事がきた!)、デイジーの一家が学期休みに旅行に出るときに猫シッターを引き受けたり。

姉のビーザスの世界が広がっていくのを見ながら、そしてラモーナをお手本にする妹のロバータを見ながら、ラモーナは自分のことを考え、周りの人のことを考え、失敗したり、得意になったり、いろんな経験をしていく。

ラモーナが10歳になる誕生日、それは「ゼロティーン」で、あたしもいよいよティーンエイジャーになるのだとラモーナは思う。だって、9から10へ、数字が2桁になる!2桁というと重みがあって、えらそうに聞こえる。今年はゼロティーン、来年はワンティーン、再来年はツーティーンで、というラモーナの考えを家族はおもしろがる。

自分の誕生日パーティーを公園でやりたいと考えたラモーナの計画どおり、青空の広がるその日は完璧だった。苦手だったスーザンのことは、もうそれほどいやじゃなくなったし、校庭ザルのダニーは、自分のことが好きだし。

ティーンエイジャーのラモーナが、どんな子になっていくのか、もっと続きが読みたいけれど、作者のベバリィ・クリアリーさんは、そろそろ100に手が届こうというお歳だし、画家のアラン・ティーグリーンさんも80が近いお歳だし、もうこのあたりが潮時か。それでも、シリーズが終わりというのは、残念で、さびしい。(この本の原著は、1999年刊、作者が83歳、画家が64歳のときのもの)

(7/10了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5040-62db2398
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ