読んだり、書いたり、編んだり 

ラモーナとおかあさん(ベバリイ・クリアリー作、アラン・ティーグリーン絵)

ラモーナとおかあさんラモーナとおかあさん
(2001/12)
ベバリイ・クリアリー作、アラン・ティーグリーン絵

商品詳細を見る

『ラモーナとおとうさん』に続き、『ラモーナとおかあさん』。前作で失業中だったおとうさんは、マーケットの仕事を見つけた。

ラモーナは「7歳半」、なんだか中途半端な年齢で、もうあかちゃんじゃないけど、ビーザスみたいな若いおとなでもない。おかあさんにミシンを使わせてもらうも、なかなかうまくいかず、おかあさんは「何かもっとやさしいものを縫ったらどうなの」と言うけど、「だって、あたし、むずかしいことをやりたいんだもん」!!!

そんな7歳半のラモーナは、まわりの言動から(だれも、あたしのこと、すきじゃないんだ)と思ってしまったり、あれこれ気がかりがあったり、かとおもうと、うれしくてはちきれそうだったり、こうしたらきっとおもしろいとわくわくしたり、実際にやってみたり(それで失敗したり)。気持ちがふくらんだりしぼんだりするのが少々激しいのは、ラモーナの想像力がゆたかだということか。

とくにおもしろかったのは「一大髪の毛論争」。思春期にはいった姉のビーザスが、髪の毛を家で切ってもらうんじゃなくて、美容師さんに切ってもらいたいと言いだして、クラスでこんなのあたしだけ、そんなことないでしょう、そのもじゃもじゃ頭はどうするのと、ビーザスとおかあさんが言いあう。
ビーザスは、いい子ちゃんでいるのにあきあきしたと言う。「あたし、もうききわけのいい、おりこうさんでいるのにあきあきしたの。」「ラモーナは、なんだってすきなようにするのに、あたしはそうじゃない。何一つしたいようにしたことないんだもの。ビーザスは、いつもいつもききわけのよい、いい子でいなきゃならないのよ。」(p.146)

これにはラモーナもだまっていられない。「そんなことないよ!」「あたし、なんだってすきなようにしたことなんか、いっぺんもないもん。」(p.146)

しばらくの沈黙のあとに、口を開いたのはおかあさん。「そうねえ、おかあさんも、いいおかあさんでいるのにあきあきしたわ。いつもものわかりがよくて、やさしくて。「たまには、おかあさんも、何かばかなことをしてみたいわ。」(p.147)

二人の娘はぎょっとして、びっくりして、「たとえばどんな?」とおかあさんに訊く。表紙のイラストは、おかあさんがたまにはしてみたいという「ばかなこと」なのだ。

▼「お日さまの照っているところで、クッションの上にすわって、タンポポの綿毛をフッてふきとばしたりってことかしらね。」(pp.147-148)

ラモーナは、自分もおかあさんと一緒にクッションにすわって、タンポポの種をふきとばしたいと思った。ふわふわした綿毛を青い空にふきとばすことができたら!おかあさんにすりよって、からだをもたせかけたら、おかあさんはラモーナをぎゅっとしてくれた。

ビーザスが口をはさんで、現実にひきもどす。タンポポをふいちゃいけない、種がとんで芝生におちたら、タンポポは根が深いから抜けない、おかあさんはいつもそう言ってたじゃないと。

「ええ、わかってるわ」「おかあさんは、そんなばかなことはしないってことよね。」おかあさんがそう言って、ビーザスとおかあさんは冷戦状態に入る。ラモーナは、最初はほんの少しだけ、おかあさんがビーザスに腹を立てているのが、うれしいと思っていた。でもすぐに、だれかの髪の毛のことで、家の中ががたがたするなんて、すこしもうれしくないと思った。

おとうさんが失業してからフルタイムで働くようになったお母さんは、仕事は好きで楽しいけれどお疲れ気味でもあって、そこに子どもたちがびーびー言うし、言うことをきかないしで、「いいおかあさん」をちょっと降りてみたくなったんだろう。

でも、いくら威勢のいいことを言って、こうするんだ!とがんばってみても、子どもは思いがけない結果にしょんぼりしてしまったり(お小遣いを貯めて美容専門学校の学生に髪を切ってもらったビーザスもそう)、自分の思い込みにしばられてどうにも動けなくなってしまったりする。

ラモーナが中心の話ではあるけど、おとうさんやおかあさんの側からも読めて、かならずしも完全ではない親の姿やその事情も垣間見えて、そこがこのシリーズのおもしろいところだと思う。

(6/16了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/5009-233a3024
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ