読んだり、書いたり、編んだり 

空色バトン(笹生陽子)

空色バトン空色バトン
(2013/12/04)
笹生陽子

商品詳細を見る

読み終わってみると、表紙カバーの絵の4人がよくわかった。小学校高学年以来のお絵かき仲間は、中学3年の文化祭のときに1冊だけマンガ同人誌をつくった。その頃の4人なのだろう。4人のうち、誰が誰かも、読み終わるとよくわかる。

巻頭は、高校3年の望月セイヤの語りから始まる。オレが学校帰りの電車で同級生のまっつんとタイガくんとエロしり取りなんかやってたときにおかんが倒れ、死んでしまった。おかん・望月ショーコ、40歳。旧姓・樹村。

お通夜では、小中の同級生だったという三人組のおばさんがお悔やみを言いにやってきた。学園もののキャラで言ったら「学級委員」と「ギャグ要員」と「女王様」がパーティー組んで来ちゃいましたという感じ。そのおばさんたちから副葬品として渡されたのが、25年前の白黒コピーのマンガ同人誌。表紙には空の絵。
おやつ片手にマンガを読んでる姿なら見たことあったけど、おかんがマンガを描いてた? 葬儀がすんだあと、おかんの年代ものの私物から、その同人誌が出てきた。おかんは本名で乙女チックな内容の少女マンガを描いていた。夢中になっていたおかんの中学時代がちょっと見える気がした。

うつりかわる空の色をつけたとおぼしき6つの章は、それぞれ語り手がかわる。

次の章(青の女王)では、セイヤ言うところの「女王様」、陣ノ内アキが語り手となって、アキが転校してきてショーコたちのお絵かき仲間に加わる小学生時代が描かれる。その次(茜色図鑑)は、「学級委員」の吉野カオリが、お通夜で出てきた同人誌をつくった中学生時代を語る。

続く章(ぼくのパーマネントイエロー)では、同人誌をづくりにたまたま加わった同級生の男子・芹沢ユウイチが、中学当時は不登校だった平岡にあてた手紙のようなかたちで、都内の大学生になった芹沢がある日のコンパで「ギャグ要員」の森川ヒロミと偶然再会したもようが述べられる。

そして、亡くなったショーコが、短大を卒業してすぐ結婚し二人の子をもつ母になった頃のことが、「パステル・ストーリー」の章で、陣ノ内が開く個展開催にあわせて、かつての仲間4人が集まった日を中心に書かれる。乙女チックなショーコが、子どもの頃から胸のうちの王国に住まわせていた小さな女の子リリィと対話しながら、今も過ごしていることもわかる。

最後の章(マゼンタでいこう)は、吉野カオリの娘・14歳のミクが語り手で、両親の離婚によって、都内から、母の実家へ引っ越す前後が綴られる。母の実家で荷物の片づけをしていて、空の絵が描かれた同人誌をみつける。祖母に訊くと、母はかつて親に隠れてマンガを読んだり描いたりしていて「プロになるんだ」と言ってたらしい。

同人誌にあった写真入りの町の地図を片手に町巡りに出かけたミクはケータイを落とし、それを拾って届けてくれたのが、母の死後、ジャージにエプロンつけて犬の散歩をしていたセイヤだった。

高校3年のバカっぽい男子を糸口に、こういう展開になるとは思わなかったけど、連作うまいなーと思った。「青の女王」の章のアキの語り口が「てよだわ」言葉というのか、「~~だわ」「~~ね」「~~なの」「~~よ」のオンパレードで、ここがちょっと読みにくかった。こないだ途中まで読んだ、『翻訳がつくる日本語―ヒロインは「女ことば」を話し続ける』を思い浮かべたくらいだった。陣ノ内アキのキャラ設定としてこういう語り口にしたのだろうけど、こんな「女ことば」の内言でアキはしゃべるんかなー?と思った。

(6/3了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4995-22ee043a
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ