読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの(堀川惠子)

死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの
(2009/11/24)
堀川惠子

商品詳細を見る

死刑判決に拍手と歓声?
2009年4月、光市母子殺害事件の、高裁での差し戻し判決。広島の元同僚から聞いた、判決当日のようすを聞いて、著者はことばをうしなった。

▼判決当日、広島高等裁判所のまわりには、判決を待ちかねる報道陣のテントや中継車が所狭しと並び、傍聴券をえられなかった市民たち数百人が敷地内に残っていた。せめて判決を聞いてから帰ろうということであった。死刑判決であれば、主文は最後に言い渡されるから、午前10時過ぎには結論が分かるのだ。
 法廷では主文が後回しになった。記者たちが判決を生中継で伝えるため、お決まりのスタイルで法廷からダッシュで玄関先へ飛び出してきた。「主文は後回しです、死刑判決が濃厚です!」と興奮のまま大きな声で繰り返した時のことだった。まわりにいた市民たちから、拍手と歓声があがったというのだ。(p.7)

著者は、裁判が進むなかで、具体的な争点や死刑と無期を分ける法律的な論争などがまったく聞こえてこないまま、世論が日ごとに被告人に対する"死刑コール"の様相を濃くしていくことに気持ち悪さを感じてもいた。

永山則夫が書簡に記した"生きた言葉"
永山則夫は膨大な書簡を遺している。1970年代後半から、手紙を書く際にカーボンで複写を取ったり、別の便箋に控えを取ったりしていた自分が出した手紙と、受け取った手紙をあわせ、その数は1万5千通をこえる。「永山は、二つの言葉を使い分けて生きていた。社会を糾弾するための、"たたかう言葉"、そして、自分自身の本音を語る"生きた言葉"である」(p.18)。その"生きた言葉"を、著者は多くの書簡の中にみる。

▼永山の「本音」と「心情」が交錯する書簡は貴重な材料である。それら膨大な書簡からたどることのできた関係者の証言や、永山事件にかかわった元裁判官たちの証言は、これまでの永山則夫像を覆し、永山裁判の隠された真実を明らかにするものとなるだろう。(p.22)

この本は、永山書簡とその周辺の人びとの取材を通して、死刑の基準のように言われてきた「永山基準」が、どういう経緯で判決として書かれたか、またその後の運用のなかで当初の意図とはずれたかたちで普及してしまったことを明らかにしている。
控訴審の無期懲役判決
永山則夫が起こした事件の控訴審に臨むにあたって、船田光雄裁判官は、「死刑」という判断を下す際に裁判官、ひいては裁判所がどうあるべきかを示す決意があったと思われる、と著者は書く。弁護団との事前打ち合わせで、船田裁判官が「石川鑑定」(*同じ著者の『永山則夫 封印された鑑定記録』に詳しい)を細かく読みこんでいることを確信し、同時に最初から死刑だと決めつけてこない姿勢を感じ取って、弁護団は情状をメインにする審理をしようと考えた。

船田裁判官は、若い頃に携わった二つの裁判で、自分が無期懲役相当と思った事件が死刑になり、自分が死刑相当と思った事件は後に無期懲役に減刑されて確定するという経験をしていた。自分が思うのと反対の結果になったこの経験で、もし自分が裁判長であれば、それぞれの裁判は逆の結果になっただろうということに船田裁判官は疑問をもった。日本の裁判所で同じ事件を審議し、死刑になるか否かが問われるときに、裁く人によって結果が違うようなことで本当によいのかと考えたのだ。

有期刑での量刑の長短とは次元が違う。「死刑」か「無期懲役」かを争う裁判は、人の命がかかっている。ある裁判官に当たれば死刑で、別の裁判官に当たれば生きられる、これでよいのかと船田裁判官は考えたようだ。

死刑の原判決を破棄、無期懲役の判決としたその判決文で、船田裁判官は、そのことを書いている。
▼しかしながら、死刑はいうまでもなく極刑であり、犯人の生命をもつてその犯した罪を償わせるものである。…(略)…死刑が合憲であるとしても、その極刑としての性質にかんがみ、運用については慎重な考慮が払われなければならず、殊に死刑を選択するにあたつては、他の同種事件との比較において公平性が保障されているか否かにつき十分な検討を必要とするものと考える。ある被告事件について、死刑を選択すべきか否かの判断に際し、これを審理する裁判所の如何によつて結論を異にすることは、判決を受ける被告人にとつて耐えがたいことであろう。…(略)…極刑としての死刑の選択の場合においては、かような偶然性は可能なかぎり運用によつて避けなければならない。すなわち、ある被告事件につき死刑を選択する場合があるとすれば、その事件については如何なる裁判所がその衝にあつても死刑を選択したであろう程度の情状がある場合に限定せらるべきものと考える。立法論として、死刑の宣告には裁判官全員一致の意見によるべきものとすべき意見があるけれども、その精神は現行法の運用にあつても考慮に値するものと考えるのである。(pp.219-220)

*偶然性[=裁判所によって刑期に長短があったり執行猶予がついたりつかなかったりすること]

高裁判決への批判、死刑コール
永山の無期懲役の判決を受けて、法廷から出てくる和美さんを撮影しようとするマスコミに、和美さんは「どうか遺族の人々の心も分かって下さい」と撮らないよう頼んだ。「生きて罪を償うということは、私たちにとって助かったっていうことじゃなかったんです。命が助かったんではなくって、より重い『ごめんなさい』の始まりだったんです。愛する息子を殺されたご両親たちのことを思えば、喜ぶなんてできません。無期になったから嬉しいのではなく、生きるということの意味を、どうか分かってほしいという祈りだけしか私にはありませんでした」(p.226)という和美さんは、与えてもらった命を、永山と一緒に分け合って生きるのだと思っていた。

だが、週刊誌などでは船田判決への批判が続く。著者は、当時の新聞や雑誌に目を通して、まるで光市母子殺害事件の裁判での差し戻し審でマスコミがこぞって起こした死刑コールと同じだと思う。

司法においても、船田判決の衝撃は大きかったという。当時、東京高等検察庁の検事だった土本武司さんは「裁判官にあるまじき判決」だと思ったと語っている。
▼「…無期を下した船田判決は、その前提として、死刑にするにあたっては、誰がその衝にあっても、つまり、どの裁判官が当該事件を取り扱っても死刑ならば死刑ということでしょう。、そこまで表現をするということは、行間には死刑は廃止せられるべきである、俺は死刑の適用はしないということをいっているのと同じだと思いました」(pp.244-245)。

弁護団が確定を願った無期懲役判決は、検事上告され、最高裁に判断が預けられた。

「原則は死刑不適用」のねじれた理解
著者は、このとき永山事件が係属した最高裁第二小法廷で調査官として事件を担当した稲田輝明さんに会っている。最高裁判決に関わった判事はすでに全員が鬼籍に入り、当時を知るのは稲田さんのみ。稲田さんは、永山事件についての「判例解説」(最高裁の判例委員会の議論を経て出された正式な見解)を書いている。

永山事件の最高裁判決と、稲田調査官による判例解説を照らし合わせると、位相の異なる「総論」と「各論」が見え、その両者のねじれが、その後のさまざまな誤解をうんでいると著者はいう。

最高裁判決は、死刑の適用には慎重でなければならないと、高裁での船田判決の精神は肯定している。そのうえで、9つの量刑因子として「犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性・残虐性、結果の重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等」をあげて、やむをえないと認められる場合には死刑の選択も許される、としている。

最高裁も高裁も、基本的に「原則は死刑不適用」で「例外が死刑」という主張だ。稲田調査官は、9つの量刑因子についても、従来から死刑判決にあたっては慎重に判断すべきとされてきた因子で目新しいものではなく、それらと基本姿勢を改めて明文化したにすぎないという。

そのうえで、1983年の最高裁判決は、個別のケースとして永山の事件を差し戻した。

▼永山事件の最高裁判決は、「基準」という言葉そのものを明示したわけではなかった。しかし、その後に行われた死刑事件の裁判の審議においては、最高裁判決の「各論」、つまり破棄された永山事件と比較検討して結論を導き、判決文には九つの量刑因子を掲げた「総論」の表現を引用するという手法が多くとられている。そのような運用が続くうちに、九つの量刑因子を満たせば死刑にゴーサインを出せるその根拠として「永山基準」が存在感を強めてきた。

高裁の無期懲役を破棄差し戻し
永山事件の後、高裁で無期懲役とされた判決を最高裁が破棄して差し戻した、3番目の事例が、光市母子殺害事件だった。広島高裁の差し戻し審では死刑判決が下された。

これは、「永山基準」を引用しながらも「特に酌量すべき事情がない限り、死刑を選択するしかない」としており、「原則は死刑不適用」から「原則は死刑」へと、永山基準の精神を覆したと指摘する専門家も多いという。さらに18歳になって間もない少年であったことは「死刑を回避すべき決定的な事情であるとまではいえない」と、少年事件を扱う基準を大きく踏み出すものになったという指摘もある。

1997年、最高検察庁は、被害者が1人で、高裁で死刑が無期に減刑された事件を5件連続で上告した。うち4件は棄却されたが、1件は高裁に差し戻した。これが高裁無期を最高裁が破棄した戦後2番目の事例で、「被害者が一人でも死刑が下せる」という実績作りとなったと著者は書く。

1997年以降の厳罰化は、死刑適用の拡大にもみてとれる。1997年に出された死刑判決は9件、それが2007年には46件、2008年には27件となっている。

▼「死で償う」という言葉がある。しかし「死刑」は、被告人に"更正(ママ)"は求めていない。反省しようがしまいが、償おうとしようがしまいが、ただ殺す"罰"である。社会に不都合な存在を抹殺し、永遠に葬り去ることで、私たちはそこから何を学べるのだろうか。(p.338)

人を裁くことのこわさ
稲田調査官は、九つの量刑因子だけを取り出して「永山基準」と呼ぶのは、判決の精神を理解しないものではないかと語っている。現在おこなわれている裁判員裁判で、死刑判決にあっても「多数決」で運用されていること、つまり9人のうち5人が死刑だといえば、他の4人の異論があろうと死刑が下されることも、死刑の選択には慎重であるべきだという精神を理解していないのだろう。

稲田さんは「逆に自分が裁かれているような気持ちになった」と後に刑事裁判官を辞めている。真実を知っているのは被告人だけであって、裁判官である自分が読み上げている判決が正しいのかどうか、人を裁くことが怖くなったのだという。

* * *

裁判員裁判が始まり、裁判員をあまり長く拘束はできないと、審理は迅速におこなわれるようになっている。そこで「慎重であるべきだ」という死刑選択が、本当に慎重におこなわれているのかと疑問に思うし、多数決のようなことで死刑判決が下されて本当にいいのかと思う。

著者の取材に応じてくれた、永山の中学校時代の同級生で学級委員長だった佐川克己さんは、判決が死刑に戻ることが確実と予想された東京高裁の審理で、「永山が、生きるか死ぬかの瀬戸際にいるのだったら、同級生だった自分としては、何かできることをしたい」と永山側の証人として東京へ足を運んだという。

「…(略)…逮捕されてずいぶん経ってから、新聞なんかに載るようになった写真が一枚あるでしょう。拘置所かどこかで撮ったんでしょうけど、ちょっと上を向いた感じで、少し誇らしい感じで明るい顔をしている写真。あれを見てね、ああ、良かったなと思ったんです。監獄って所は死刑を待つだけの暗いところかと思ってたら、彼の場合はそうじゃなかったんだよね。まあ、本来は人を更正(ママ)させる場所だからね。
 生まれてから逮捕されるまでずっと暗い陰気な顔だった永山が、逮捕されてから監獄で色んな人たちと出会って、初めてあんな明るい表情ができるようになったんだろうなあって、思えたんですよ。」(pp.48-49)

佐川さんがそう言った写真は、278日をかけた「石川鑑定」の最終日に、石川医師が撮影したものだ。このこと一つとっても、少年事件に向き合うこと、被告人に向き合うことには時間が必要だと思える。

「いっしょに生きよう」と永山に会いにきた和美さんの存在が永山の心を揺り動かしたことも、強く印象に残る。『無知の涙』を読み、永山と手紙を交わすようになった和美さんは、自分がこれからどう生きていくか、永山との文通を通して、自分の過去を整理し、生きる力を得ていった。

だが、自分を救ってくれた永山は処刑されて死のうとしている。幼い頃から親の愛も知らぬまま絶望と生きてきて引き金をひいた永山の姿は、一歩間違えば自分だったと和美さんは思う。「則夫の元に行ったのは、則夫のために何かをしようと思ったわけじゃなくて、"生きたかった"からなの。生きていきたかったの。与えられたこの命で、"一緒に生きていこう"と思ったの」(p.146)と和美さんはふりかえって語っている。

2人は20~30分の短い面会時間ながら毎日のように会い、話しきれないことは手紙で毎日のように送りあったという。和美さんがアメリカから日本へ来て一週間後の手紙で、永山はこう書いている。「ミミからの手紙を読んだ後、事件のことを忘れるくらい幸福感がありました。オレにも人としての感情があるのだなと強く思わせてくれました」(p.156)。

人としての感情をゆさぶられる、それくらいやわらかな心を取り戻すことのないまま、死刑送りにしてしまっていいのかとも思う。謝罪も償いも、そこからという気がするから。

(5/13了)

*途中、えらい誤字が多かった。変換ミスと思えない箇所もあり、謎。
p.149 閉塞館 →感
p.137 心を沈めた →鎮めた、あるいは静めた
p.147 初対面から永山は強行だった →強硬
p.156 家族のなかでたった一人親っていた長姉 →慕っていた
p.162 若干二八歳の →弱冠
p.172 主人裁判官として →主任
p.174 「盾の会」を主催 →「楯の会」、主宰
p.279 『死刑なんだよ』っておわなければいけなの? →いわなければいけないの

「更生」を使うと思われるところが、ほとんど「更正」になっていたのも気になった
p.49、p.163、p.206、p.330、p.338等

『ウィメンズ・ステージ』 No.33(2012年8月)
堀川惠子さんインタビュー「死刑問題から見えてくるもの 社会が、家庭が、ゆがんでいる」
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4972-892ca914
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第44回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。