読んだり、書いたり、編んだり 

すいか(木皿泉)

すいか 1 すいか 2

「ブックマーク」81号で、テレビドラマのシナリオであるこの本を数年ぶりに再読して、やっぱりおもしろかった!というのを読んでいて、文庫になった1と2を図書室で見かけて借りてくる。

テレビドラマ「すいか」は2003年に放映されたというのだが、今と同じくその頃もほとんどテレビを見てないので、私は全く知らないのだった。舞台は東京の三軒茶屋にある朝夕食付きの下宿「ハピネス三茶」で、34歳の信金OL・基子をはじめ、ここに暮らす4人を中心に、10話が書かれている。

34歳の基子は、同じ信金でもう14年勤めている。一緒に入った同期のほとんどは結婚やら何やかやでいなくなり、残っているのは馬場チャンだけ。一緒にお弁当を食べていたその馬場チャンが、3億円を横領して行方をくらますという「事件」のあと、ひょんなことから基子は、実家を出て、ハピネス三茶に住むことに決めるのだ。
下宿の大家(といっても親がバックレて、学生のゆかがやっている)、大学教授になった今も学生のころから同じこのハピネス三茶にずーっと住んでる夏子、売れないエロ漫画家の絆に、新たに加わった基子、この4人がここで暮らした1年ほどが描かれる。周りの人に照らして、みんな、自分が何を思ってるか感じてるかが見えてきたりする。自分はこんな人間だったんだ!と気づいたりする。

どの人もおもしろいけど、私がとくにおもしろかったのは夏子。学生とのやりとりで、時に学生は泣き、あるいは怖ぁ~とおそれられ、しかし夏子はまったくひるまない。
▼「自分の頭で、考えようとしない。自らの手で学問を捨て去ろうとする、その事の方が、はるかに、私を恐怖させますッ!」(1-p.22、夏子)

お金や数字がらみのエピソードがくりかえし出てくるところも、印象にのこった。

馬場チャンの唯一の同期だということで、マスコミから馬場チャンの写真を貸してもらえないか、1枚5万払うと言われた基子は、自分より先に母親が馬場チャンの写真を渡して1万もらったことを知ってうずまく自分の胸のうちをしっかとみつめる。

▼基子「私、心の中でケーベツしてたの。母親の事、馬場チャンの事、何で、そんなに、お金みたいなものにコロッていってしまうんだろうって。最低だって──でも、本当は、私が一番、お金にコロッていく女だった──たった5万円で目の色が変わってしまって──母親の何に腹が立ったかっていうと、1万円で売ったからで、本当は5万で売れた物をって。何で勝手に1万で売るか。4万も損したじゃんって。頭ン中、4万の損、4万の損って、グルグルして、許せなくて、それって、結局、私が、一番セコいんです。私は、昔からケーベツされても文句言えない女なんです(ジワッと涙が出る)」(1-p.78)

絆と散歩に出た時に、たまたまその日が絆の誕生日だと知って、ケーキを買ってきて渡す響一。

▼響一「お金なくて、小さいのしか変えなくて、すみません」
  絆「あんた、もしかして、ケーキで気持ち、あらわす人なの?」(1-p.106)

絆にそう言われながら、響一は、やはり好意をブレスレット(6万8千円)で示そうとする。

▼基子「ま、みんな、そうなんだけどね。中身なんか、どうでもいいんだよね。数字だけ。今日は、タクシー乗らなかったから660円得したとか、エレベーター止まって5分損したとか、昔、偏差値が75だったとか。みんな、そんな事ばっかり言ってるじゃん。体重が3キロ減って嬉しいとか。新作のバッグを19万で買っちゃったぁ、それ買うのに2時間並んじゃったぁ。それが何だっつーのよ。得したとか損したとか、とにかく、数字。この世の中はね、何やったって数字でしか評価してもらえないの。それなのに、何であんたまでさ、数字なんかで好意を示そうとするわけ? 6万8千円分なんてさ、中途半端な数字でさ」(1-p.140)

響一にそう言いながら、基子は、自分こそが数字にこだわってきたのだと気づく。欲しいものがあるわけでもないのに、もっと百円玉を貯めたいと、子どもの頃からずっと貯金箱を大きく大きくしながら貯めてきて、いまではでっかいポリ容器にアホほど百円玉が貯まっているのだ。

▼基子「馬場チャンだって、3億使った女って呼ばれてるけど、馬場チャンの人生は、それだけじゃないわよ。ふざけるなっつーの。そんな数字だけで人を呼ぶなって私は言いたい。何よ。数字が何だって言うのよ。お金をいくら持ってるとか、貯金がいくらたまったとか、えばるんじゃ──(絶句)」(1-p.140)

あるいは、基子の接客時に信金のお客さんの大切な人形が割れ、なんとかして同じものを探そうとする基子に、課長が言う処世術。

▼課長「いいよ、いいよ。同じ物探すって先方には言ったけどさ、メーカーもわかんないし、どーせ、無理なんだから」
 基子「いえ、でも──」
 課長「とりあえず、時間おいて、探しましたけど、ありませんでしたってことにしとけば、いいと思うよ」
 基子「そんな──」
 課長「こんな小さな事、いちいち気にしてたら、仕事がたまって仕方ないよ。この程度のことは、弁償すれば、なかった事に出来るんだからさ」
 基子「(え? と顔を上げる)」
 課長「お金ですむってこと」(1-p.252)

基子が、なかった事になんかできない、探しますと言うと、課長は意味わからん、勝手に探せば?融通きかねえ奴という態度。

そんな課長がいる会社で、働いてきた基子と馬場チャン。馬場チャンが逃走したあと、何でもいいから馬場チャンと話してたことを教えてと部長に言われて、基子は、馬場チャンがこんなことを言っていた、こうも言っていたと思い出せることを話す。

その中でも、この馬場チャンの言葉にあるムカつく気持ち、悔しい気持ちは、わかるー!!と思う。

▼基子「仕事出来ない課長に、女の子って呼ばれる度にムカつく。私ら34だっちゅーの。何が悲しくて、お昼のお弁当を電気もつけられない部屋で食べなきゃなんないのか? 節電って言うけど、支店長室は伝記ついてるじゃないか。会社は、私達の事を粗末に扱ってないか? その事が、とても悔しい。十四年間、粗末に扱われる事に慣れようと努力してきたけど、それでも慣れなかった私が悪いのか」
 呆然としている部長と課長。
 基子「ただ、まっとうに、ヒトとして扱って欲しい、と思うのはそんなに悪いことなのか──今、思い出すのは、こんなところです」(1-pp.28-29)


第7話に出てくる、かつて夏子の研究室の学生だったという八木田(=花柳)の設定が、なんだかちょっと謎だった。本人は「ゲイだ」と言ってるが、性転換の手術を受けて今は女として(?)生きているらしく… セクシュアリティは変わりうるし固定的なものでもないけど、この設定は私には分からなかった。(この第7話のみ、木皿泉ではなく、山田あかねが書いている。)

(4/9了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4935-37b76ee8
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ