読んだり、書いたり、編んだり 

点滴ポール 生き抜くという旗印(岩崎航・著、齋藤陽道・写真)

点滴ポール 生き抜くという旗印点滴ポール 生き抜くという旗印
(2013/06/28)
岩崎航・著、齋藤陽道・写真

商品詳細を見る

仙台のKさんが「ブックマーク」81号で紹介してくださった『点滴ポール』は、近所の図書館にあって、すぐ借りてきて読んだ。図書館で借りた本をじーっと読んでいて、これは!と思い、近所の本屋で注文して買った。それから、また何度も読んだ。

仙台では、"『点滴ポール』でつながる仙台のマチ ~みんなでつくる旗印~"という、一冊の本で本屋がつながるイベントがひらかれていたそうで、Kさんも行ったと言ってたし、やはり仙台に住むSさんからも行ったよーと聞いた。
↓それは、こんな風だったらしい。
http://d.hatena.ne.jp/nanarokusha/20140114

著者の岩崎航(いわさき・わたる)さんは、五行歌というかたちで詩を書いている。「詠み手の言葉のリズム(呼吸の切れ目)で五行に分かち書きする」というもの。

私のこころに残った詩のひとつは、「痰」。
http://skynote21.jugem.jp/?eid=563(詩集では、p.137)

 今、あきれるほどの
 痰の多さにうんざりなのだが 
 それは体内での
 知られざる
 生の攻防戦の証しでもあって
詩集の巻頭にあるエッセイの一節で、岩崎さんはこう書く。
▼授かった大切な命を、最後まで生き抜く。
 そのなかで間断なく起こってくる悩みと闘いながら生き続けていく。
 生きることは本来、うれしいことだ、たのしいことだ、こころ温かくつながっていくことだと、そう信じている。
 闘い続けるのは、まさに「今」を人間らしく生きるためだ。(p.7)

私より7つ若い岩崎さんが、20代前半で自分の人生を「余生」としか考えられなくなっていた、という。3歳で発症し、翌年診断された進行性筋ジストロフィーとともに岩崎さんは生きてきた。20代の半分は、ひどい吐き気にたえまなく襲われ、徹底的に打ちのめされた。「ただ静かに余生を送りたいだけなんだ!」と思い、「家族と一緒に束の間の歳月を穏やかに生きられたなら、周りに迷惑をかけないよう、自分が苦しまないよう、病気で死んでいければそれでいい」と思っていた。

その頃を振り返り、そんな絶望のなかでも、みずからの命の奥底には小さく燃えている埋み火のようなものが残っていた、闇の中でそのかすかな光を見いだした、という経験が綴られ、詩にも書かれている。

そして岩崎さんは、くるしむ自分の背をさすり、祈り続けてくれる親のありがたさを心の底から実感する。詩には、お母さんのこと、お父さんのこと、家族のことが折々に書かれる。わけてもお母さんのことが。

先日、友人Yさんと会った時にこの詩集をお貸しした。岩崎さんはお母さんのことをずいぶん書いていたが、「お母さん」が読んだら、どうかなあと思っていた。Yさんには、進行していく筋ジスとともに生きる子どもさんがいる。Yさんと、またゆっくりこの詩集のことを話したい。

私はまた図書館で『点滴ポール』を借りてきて読んだ。岩崎さんの詩を読みながら、母のことをふと思ったりもする。

今の私に印象深くのこる詩のいくつか。

「腹を決める前の」(詩集では、p.33)
http://skynote21.jugem.jp/?eid=375

「桜」(詩集では、p.38)
http://skynote21.jugem.jp/?eid=532

「特別ではないよ」(詩集では、p.67)
http://skynote21.jugem.jp/?eid=589

齋藤陽道(さいとう・はるみち)さんの写真も、いい。

(3/7了、以後くりかえし読む)

*岩崎さんの公式ブログ
http://skynote21.jugem.jp/
*岩崎航さんへのインタビュー
生きる、ということ。岩崎航・詩人・進行性筋ジストロフィー・点滴ポール
http://www.1101.com/iwasaki_wataru/2014-02-05.html
*齋藤陽道さんのサイト
http://www.saitoharumichi.com/
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4900-32876359
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ