読んだり、書いたり、編んだり 

絲的サバイバル(絲山秋子)

絲的サバイバル絲的サバイバル
(2012/11/15)
絲山秋子

商品詳細を見る

これは『小説現代』誌での、表題どおりの連載だったそうである。
▼略して絲サバ、連載の記念すべき第一回の発売日はなんと私の誕生日。嬉しくもない四十歳。子供や若者に「お姉さんと呼びなさい」とも言えない四十歳。じゃあ、四十にして今までやっていないことに挑戦しようと協議していて、思わず自分から言い出してしまった「一月一回一人キャンプ」。そんなアホなこと誰もやってないですよね。(p.9)

設備ばっちりのキャンプ場や人里離れた山の中、あるいは友人の家の庭や講談社の敷地でテントを張って「一人キャンプ」。読んでいると、まったく一人の行程の場合もあれば、山菜採りやら飲み食いのところは同行者がいる場合もあるが、「寝るのは一人」というかんじ。

そして、焚き火の火をみながらすごす時間。
▼一人キャンプってなんなんだろう、と思う。家から椅子と調理道具持ってきて、メモ取って、ぼーっとして、飯食って酔っぱらったら寝る。なにが日常と違うんだろう。なにやってるんだろう、と思う。その上毎月キャンプしてると体験の貴重さもないなあ。
 この連載を始める前は、自然のなかで一人で夜になったらさびしくて、ひょっとしたら怖くて、誰かに電話しちゃうかもしれない、と思っていた。普段の私は滅多に人に電話なんてしないので、そういう自分がいたら楽しいと思って、電話のやり取りも書こうと思っていた。でも、今は全然そんな気にはならない。そんな簡単に自分は変わらない。幽霊でも見たら誰かに電話するだろうか。でも見ないし。(p.44)

今の私からすると、この人めちゃくちゃ酒飲むなーと思い、やたらコーヒーも飲みはるなーと思う。躁鬱病もちで、眠剤を飲んではるようだが、酒とコーヒーこんなに飲んでて、薬はだいじょうぶなんかな?とちょっと思った。

表紙をはじめ、装画がオモロイ。中村純司という人らしい。

(1/18了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4856-0b9a8191
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第42回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ