読んだり、書いたり、編んだり 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリア★ブレイク―障がい者福祉の常識をブチ壊す金髪魔女のデイサービス(宮袋季美)

バリア★ブレイク―障がい者福祉の常識をブチ壊す金髪魔女のデイサービスバリア★ブレイク
―障がい者福祉の常識をブチ壊す金髪魔女のデイサービス

(2013/10)
宮袋季美

商品詳細を見る

『We』161号(売り切れ)で登場した、富山の宮袋季美さんの本。161号の特集タイトルは、宮袋さんがやってる「ふらっと」の活動理念「大いばりでいこう!」を使わせてもらった。宮袋さんのド金髪は、自閉症の息子がすぐわかるように。

富山型デイサービスといえば、「このゆびとーまれ」の惣万佳代子さんの本や、「にぎやか」の阪井由佳子さんの本は、もうだーいぶ前にいろいろと読んだことがあるが、ここに「ふらっと」の宮袋さんの本が加わって、"三大魔女"の本が揃った。

バリアフリーならぬ「バリア★ブレイク」を掲げ、サブタイトルのとおり"障がい者福祉の常識をブチ壊す金髪魔女"のことが縷々書かれている。
第3章「就学バトルの一部始終」は、息子が地元の学校へ行けるか養護学校へやられてしまうかの瀬戸際で、教育委員会やらとバトルした経験が書かれている。もうこんな古い話は、本に入れんでもええやろと思っていたら、どっこい、まだ今も、"障害がある"というと地元ではなくてトクベツ支援学校へと勝手にやられてしまうケースが少なからずあって、この経験も参考になるかもしれんということで、本に入った。"地域で生きる"をやってきた豊中のお母さんたちのこともちらっと出てくる。

▼私は正直な気持ちをブチまけるのが精いっぱいだった。
 県外施設研修で出会った大阪府豊中市の障がい児のお母さんたちの魂が乗り移ったように、私は、発達がなんだ、訓練がなんだとしゃべくり倒した。
 「障がいが治らないのは百も承知です。それとも養護学校に行けば、治るとでもいうんですか? 近所の子どもたちといっしょに、同じ学校に行きたいというのは、そんなにおかしいことですか? 彼の一生の中で地域の仲間と接する機会は、地元の学校に通うときぐらいじゃないですか?」(p.76)

そして、"居場所"だとか"地域がどうの"とか何とかいうのが、マジックワードのように思えたりもする私には、「居場所というなら来る人を選り好みするな」「扉はいつも開けて置かないとダメ」というのが、ぐっと印象に残った。

▼私は「居場所」という言葉が好きじゃない。かゆくなる。私は「溜まり場」という表現が好き。クサい物や汚いものを寄せ付けてしまう力が「溜まり場」にはあると思う。…
 本当に居場所なら、「あんたたち気を使わんで来られ」といって欲しい。だけど、実際はそうじゃないところが多いから。…人を選り好みするなら「居場所、居場所」と主張するなといいたい。
 私の言葉でいえば「溜まり場」だ。…
 …「溜まり場」はもっとクサいところ、汚いところ。生きるってそういうことだ。そして扉はいつも開けて置かないとダメ。閉めるとそこにいる人だけの世界になる。新しい人が入って来ないと空気がよどむ。(pp.238-240)

「新しい人が入って来ないと空気がよどむ」、まさにそう思う。動く、入れかわる、出入りする、そういうのが必要だと思える。

(1/5了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4842-bea9a33a
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。