読んだり、書いたり、編んだり 

コットンが好き(高峰秀子)

コットンが好きコットンが好き
(2003/01)
高峰秀子

商品詳細を見る

ヨソで本が積んであるなかにこの文庫本があった。ちらちらっと中を見せてもらい、帰ってから図書館で借りだした。久しぶりに読む高峰秀子の本。これは高峰が60をむかえるころに単行本が出て、それからまた20年近く経って文庫になっている。その文庫の発刊も、もう11年前のこと。

文庫のあとがきに、高峰はこう書く。
▼月日が経つのは早いものだなァ、とおもうが、そうではない。六十歳をすぎたころから気力、体力、能力、といったすべての力[りき]が低下して、こちらの生活テンポが緩慢になっただけのことである。(p.268)

70代の後半になっている父、母と同い年の70代半ばになろうとする近所のおばちゃんの姿などを見ながら、かつてのようにすたすたとは歩けなくなること、ひとつひとつの動作や行動がゆっくりになること、重いものが持てない…といった変化を、この数年はとくに感じてきた。自分の先にある、老いるということの実例をみせてもらっているという気がする。

図書館で借りてきてすぐ読んだあと、返却期限のまえにもう一度読みたくなって、またてっぺんからゆっくり読む。
これは、高峰が共に生きてきた道具や小物にまつわる思い出や感慨を綴ったエッセイ集。徳利、手塩皿、しょうゆつぎ、小引き出し…といった、それらのものの写真もかなりたくさん入っている。

少女の頃から、美しい衣装やアクセサリーなどよりも、家の中の道具や食器、それも新しいものよりは「さんざ人の手を経て、こなれた味わいのある古いもの」ばかりに心ひかれてきた高峰は、ひまさえあれば古道具屋をウロついて、一つまたひとつと求めてきた。

▼だから、今日現在、私の周りにある道具や小物たちは、私と共に生きつづけてくれたかけ替えのない戦友のようなものである。常時コキ使っているものばかりで(中略)私にとっては、みんな愛しく、かわいいものばかりである。(中略)いつか私がこの世から片づいてしまったあとも、これらのものは、どこかの誰かの手に渡って、また新しい主人のために生き続けていくだろう。何処の、何方さんか知らないけれど、私はその御方に、「どうぞ、いつまでも可愛がってやってくださいね」と、お願いしたい。(p.5)

たとえば、「大皿」というタイトルの小文には、こんなふうに書いてある。ある日、高峰は大きなお皿が一枚ほしくなった。中国料理屋やふぐ屋で、大皿にデン!と盛られたところへ皆が箸をのばす形式が、昔から好きだったのだ。それから、高峰の大皿探しが始まる。

▼大きな陶器のお皿はどれも高価であった。けれど、人間が力いっぱいにこね上げた土を、あんなに平たくのばして、美しい模様を描き上げた大皿を、そおっとかかえるようにしてかまどに入れて、丹念に焼き上げる人の気持ちを思うと、高くてもしかたがないような気もしてきて、私は大皿を買うことをあきらめなかった。心を入れて作られたものを、心から求めて、心をこめて使ったら、大皿だってうれしいにちがいないだろう、と思った。(p.52)

「心を入れて作られたものを、心から求めて、心をこめて使ったら」のところが、きもちいいなと思った。そして、高峰が母から教えられたことについて書いた箇所がこれに重なって、"気に入らなかったら捨てたらいい"みたいな心持ちとは、まったく違うものを感じた。

高峰は六歳のときご飯を残して叱られた際の、「人さまが作ったものをそまつにしてはいけません。お前は一粒のお米でも自分で作ることができますか? できたら作ってごらん」(p.21)という母のことばを書きとめている。当時を振り返って、自分でお米を作ってみろという難題に子ども心に当惑して私は泣いたらしいと、高峰は書く。

ご飯の茶わんを見ると母を思い出す、自分以上に無学無教養だった母だが「ひたむきににんげんの初歩を私に教え込んでくれた。私はそういう母を偉いと思うし、好きである。」(p.22)と、高峰は母を思う。

高峰秀子が亡くなって三年あまり。高峰が心から求めて使った道具は、いまどうなっているのだろうと思いながら再読を終える。

(12/27一読、1/13再読)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4834-cd0829d1
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ