読んだり、書いたり、編んだり 

はしるってなに(和合亮一・文、きむらゆういち・絵)

はしるってなに

和合亮一さんの詩を、なんどか読んだ。
こないだは、ツイッター上のを読んだ。

https://twitter.com/wago2828/status/376363992223973378

爪を切っている「福島は完全にコントロールされている」唖然「福島は完全にコントロールされている」呆然「福島は完全にコントロールされている」全然「福島は完全にコントロールされている」嗚呼 深爪 (9月8日)
図書館にある和合さんの本を調べて、この絵本を借りてきた。「福島絵本づくりプロジェクト」からできた本。「離ればなれになった子どもたちが、いつかまた手を取り合える日が来ることを願って…」できた本。

扉に、問いかけがある。

ふるさとは きみにとって
どのようなものですか


その答えをかんがえるとき、胸がえぐられる思いがする。ふるさとは…。

あのひ

じしんがきた
つなみがきた

げんぱつが
ばくはつして
いえに
いられなくなった



ばあちゃんちに、青森の浅虫というところにやってきた「ぼく」。ここでがんばるからとみおかにかえしてください、ここでがんばるからとみおかに、と島に祈る「ぼく」。あの島と約束したから、がんばってはしっている「ぼく」。

はしる
はしる


きょう、ぼくのことをおいぬいたよ、と父さんに電話する「ぼく」。がんばって走り続ける、ぼくという ひとりの、きみという ひとりの、お話。

(9/11了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4755-8bf5977b
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ