読んだり、書いたり、編んだり 

エール! 1(大崎梢、平山瑞穂、青井夏海、小路幸也、碧野圭、近藤史恵)

エール! 1エール! 1
(2012/10/05)
大崎梢、平山瑞穂、青井夏海、小路幸也、碧野圭、近藤史恵

商品詳細を見る

「ブックマーク」の本のアンケートに入っていて、図書館で空いていたので借りてくる。"お仕事小説アンソロジー"で、6人が書いている。それぞれの話に書かれているのは、

・漫画の注文が来なくなった漫画家
・受講生から妙に懐かれてしまった通信講座の講師
・閉館の危機に瀕したプラネタリウム解説員
・過去の栄光が忘れられないディスプレイデザイナー
・意に染まない仕事を発注されたスポーツ・ライター
・元カレの新婚旅行に添乗するツアー・コンダクター

みんなそれぞれ、ちょっとキツい状況にある。潔くこの仕事を辞めるか、それとも…と迷い、受けている仕事の質量に自分を卑下しそうになったり、言われるがままこの仕事をやっていいのか?と自分に問いかけたり。仕事をしていれば多かれ少なかれ遭遇するような場面で、6人は、それぞれ自分に向きあっている。
好きで選んだ仕事、好きで入った会社…それでも、逃げたくなったり、投げたくなることだってある。6人は、悩んで、揺れて、ときには泣いて、次の一歩をふみだしていく。

この6篇、どうやって書かれたのか、別の短編に出ていた登場人物が、ひょいと出てきたりする。いろんなところで、いろんな人の働きがあって、世の中はまわってるんやなあとも思った。

『はらっぱ』で連載されていた、「働く私たちの、"仕事のゲンバ"」を読んだときみたいに、私も自分の仕事をやっていこうという気持ちになった。

(9/1了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4746-1ace69a7
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ