読んだり、書いたり、編んだり 

あと少し、もう少し(瀬尾まいこ)

あと少し、もう少しあと少し、もう少し
(2012/10/22)
瀬尾まいこ

商品詳細を見る

「ブックマーク」の前号であがっていた本だが、そのころはまだ図書館の本には予約待ちがずらっといてはった。そろそろどうかなと図書館の本をチェックすると、空いていた!ので借りてきて読む。

駅伝の話、というのは聞いていた。これは山深い場所にある中学校の、ブロック大会入賞をめざした(ブロック大会の6位までが県大会に出られる)駅伝の話だった。

昨年までは厳しい体育教師の満田先生がいて、先生の言うとおりにやれば勝てる、強くなれる、と思える環境だった。その満田先生が転任し、陸上部の顧問は、美術教師の上原(20代女)になった。美術部の部員がゼロになって、それで陸上部に回ってきたらしい。

陸上のことは知らない、練習メニューも組み立てられない、アドバイスもできない、そんな上原に、満田信者だった陸上部員の不満は高まっていく。駅伝を走るメンバーも陸上部だけでは揃わない。おれの中学校最後の駅伝なのに、絶望的で悲惨だと部長の桝井は思う。
そういう事情が、最初の「0(ゼロ)」の章で語られたあと、「1区」「2区」「3区」「4区」「5区」「6区」の各章で、ブロック大会を走った6人のメンバーそれぞれの物語が、各区間を走る姿とともに、描かれていく。よくもわるくも、いろんな子どもがいる公立中学校、クラスからはみだす奴、自分の家庭環境をことさら知られまいとクールを装う奴、小学校でずっといじめられていた奴、とにかく盛り上げ役になる元気いい奴… 私は、かつての中学校の同級生を何人か思い浮かべながら読んだ。

高校や大学の駅伝ではなく、私立学校でもない、これは公立中学校の話だ。だから、メンバーの層が厚いものすごい陸上部や駅伝部があるわけではないし、勝つことだけが目標でもないし、走るのは1人(たった)3キロだ。6区間のメンバーのうち3人は陸上部の外から加わった寄せ集めで、顧問はたよりない。

物語がすすむにつれて、この6区間を走るメンバー1人ひとりの駅伝に対する思い、互いによせる信頼やライバル心、自分自身に対する戸惑いやいらだち、そんなのがだんだん見えてくる。互いの気持ちが、からまったり、反発しつつも、つながっていって、この群像劇は、こないだ読んだ『ぼくらは海へ』のようでもあるなあと思った(そういうのが、『ぼくらは海へ』にしても、この『あと少し、もう少し』にしても、なんで「男子」の物語になるんかなーとは思うけど)。

そして、顧問をつとめる美術教師の上原がおもしろい。美術の授業の場面はほとんどまったく出てこなくて、ヘタレな陸上部顧問だということが、これでもかというほど書かれているが、ところどころでひょいと口にする言葉が、なかなかいいのだ。

しかも、部長の桝井が発表していた各区のエントリーを、当日になって、「私が監督なんだ。陸上部顧問も私。残念ながら部長よりも権限があるんだ」(p.4)と言い放って、上原は変更してしまう。

どうしてという桝井に、上原は「勝ちたいから」とあっさり答え、俺はスポーツ性貧血だし、最後に力が出ない、そこで勝てる力がないと言いつのる桝井に、「桝井君さ、自分の深さ三センチのところで勝負してるんだよ。だから、さわやかに見える。それだけしか開放しないで、生きていけるわけないのにね」(p.275)と言って、それが駅伝となんの関係があるのだと桝井をいらだたせる。

▼「駅伝も一緒だよ。桝井君はチームのみんなに慕われてるし、桝井君もみんなのことちゃんと把握してる。みんなの走りも性格も状態もきちんとつかんでる。だけどさ」
 「だけど、桝井君は誰のこともわかってない。誰も桝井君に伝えられないんだよ。みんな一目置いてるからね。桝井君、本当にみんなに一目置かれちゃってるんだよ」
 「中学校のスポーツは技術以上に学ぶものがあるっていうの、今までぴんと来なかった。だけど、今はわかるんだ。桝井君がいろいろ見せてくれたからだよ」
 「走れなくてもいい。私が、ううん、私たちが望んでるのはそんなことじゃないから。でも、6区を走るのは桝井君だよ」(p.276)

わかるような、わからないような上原の言葉が、物語のなかでは、すんなりくるような気がするのだ。瀬尾まいこには、「女子」もので、こういう話を書いてみてほしいなーと思う。

(8/29了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4743-0010016e
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ