読んだり、書いたり、編んだり 

市のある町の旅 人情と風土にふれる朝市行脚(児玉隆也)

市のある町の旅 人情と風土にふれる朝市行脚(児玉隆也)児玉隆也
『市のある町の旅 人情と風土にふれる朝市行脚』
サンケイ新聞出版局
1973年5月1日 1刷

児玉隆也の著作一覧に出ている本で、近所の図書館にないやつをリクエストしたら、これは鳥取県立図書館からやってきた。観光ガイド風のつくりにも見えるので、多くの図書館ではある程度の年数がすぎたら廃棄の対象になっているのかもしれない。

この本は、"DISCOVER JAPAN BOOKS"という全10巻のシリーズうちの8冊目。カラー口絵にはじまり、写真もたくさん入っている。はしがきには、"「にんげん」を見にゆく旅"と題して児玉の小文がある。「市」を歩きませんか、と。

あとがきには、こうある。
▼「民衆」とか「庶民」とか「市民」ということばを使わずに、市の人びとを書こうと思いました。
 聞き終えて、悔が残ります。
 モンペのおばあさんの家に泊めてもらって、まる一日を、同じものを食べ、同じ労働をし、同じテレビを見たうえで書きたかった、というのもそのひとつです。
 結局は生産者の側からのレポートでなく、通りすがりの旅人が、ズボンの尻を濡らしながら、おばあさんといっしょに座りこんでの聞き書きのトーンで塗りました。(p.238)

『市(いち)のある町の旅』は、北海道から九州まで、各地の「市(いち)」を訪ねた児玉の、聞き書き風の読みものになっている。本が出たのが40年前、なので取材はさらにその前のはずで、私が生まれた頃は、こんなんやったんかなーと思いながら読む。

児玉は本のなかでこんなことを書いている。
▼ぼくは、旅というものは、知らない土地の人間や人間の営みに「ぼく」や「ぼく」の暮らしを照射させ、はね返ってくる響きの中で、「ぼく」を考えてみる作業だと思っている。(p.143)

今も続く「市」がある(京都の弘法市とか輪島の朝市とか)一方で、このレポートされた「市」は今どうなってんのかなーと思うのもある。
『県庁おもてなし課』にも出てきた高知の日曜市は、40年前から、小説に書かれたような具合だったようだ。
▼…東京をはじめとする歩行者天国が「為政」であるのに対し、高知の日曜市は、もうずーっと以前から市民の暮しの必然が支えてきた「歩行者天国」である点、なんとすばらしい市であることか。
 市は、いま日本に原型のままで残る十二の城のうちのひとつ、高知城の天守閣のふもとにある。大手門の濠から、まっすぐに伸びるフェニックスや楠の木の大樹の通りである。およそ六百以上の店が、間口一間、奥行一間の商いを張る。(pp.201-202)

▼…城門からまっすぐに続いたおよそ千軒の店は、鶏売りと古道具売りで終った。
 この筋を端から端まで楽しむと、一時間では足りぬだろう。ぼくは、七時間歩いた。そしてあきなかった。(p.207)

越前大野の朝市を訪ねたレポートには、『君は天皇を見たか』にも出てくる、「敵はアコ敵はアコ」の息子さんの戦死を語る七十七歳の「ある百姓女の聞き書き」がある。

▼子供は七人生みましてな、息子を一人天皇陛下さんがよこせいいやしてな、死なせましたんや。三番目の息子でな、〽勝ってくるぞと勇ましくゥー、ちかって国を出たからはァーちゅうて、白と紅の餅、村じゅうくばって行きよりましたんや。
 あの子がおりましたらァー、と思うとりますがァ、陛下さんがおれによこせといいなはったら、ことわるわけにはいきまへんやろォー。
 それで息子はァー、弾がここのとこ、そうや、首のつけ根に当ってな、倒れてから
 「敵はアコ(あそこ)敵はアコ」と指さしてコロンと死んでな。話しにならへん。
 哀しうござした。
 それ聞いて、嫁がすぐあと死にやした・
 そうですねェー、涙は出ます、涙はようけ出ます。涙は売るほどでやした。
 …(略)…
 へえ、天皇陛下おがみやした。明治天皇陛下。
 はいはい、孫さんの天皇[てんの]陛下はな、ゴザしいて天皇陛下通りなはるのを土下座してな。見ちゃいかんといわれとりましたがな、白馬乗って通りなはるの、わたしこおーして見てやったな。わしの息子をよこせちゅう陛下さんはいっぺん見とかなあかん思うてな。はい、陛下さんからは、息子をたしかに受取ったちゅうご返事はございませんな。なんせようけの息子を受けとんなはったから、いちいちィ、受領証は間にあわんかったんやな。…(p.158)

尾道の「牛が行く、馬喰たちの家畜市」のレポートは、へええ尾道にはそういう市があったのかと(今もあるのか?)思う。父が尾道の出でもあり、尾道は何度も行ってるところだが、山陽本線ぞいに広がる海と島、造船、坂の道…というような印象ばかりがあって、家畜?牛?と思ったのだ。

レポートの冒頭にはこう書かれる。
▼兵庫県北部から、広島、岡山の山陽道にかけて、牛市[うしいち]が各所に立つ。
 但馬[たじま]の養父[やぶ]、村岡[むらおか]、丹波竹田[たんばたけだ]。広島は尾道、三次[みよし]。岡山に入ると久世[くせ]、津山[つやま]、備中高梁[びっちゅうたかはし]。いずれも昔から和牛の産地や集散地として名高い地方である。
 …(略)…
 尾道の市は、日本中でここ一カ所という現金取引きの"袖の下(相対[あいたい]取引)"の風習が残っている。馬喰たちは、この日がくると、手のきれるような一万円札の束を、胴巻や内懐にぶちこんで、全国から集まるのである。(p.184)

レポートは、十年前には市に入りきれずに道にまであふれた牛が、年々少なくなっていると伝える。「尾道 牛市」とネット検索してみると、尾道学研究会というサイトの「古写真が記憶する尾道」尾道風景のなかに、昭和27年の「牛市」の写真があった。千光寺のロープウェイなど、今もある風景にまじって、塩田の写真が何枚もある。(尾道市のサイトを探すと、「尾道と塩田」、それと「尾道あ・ら・かると~塩と鉄~」という、過去の企画展示の資料がpdfであがっていた)

児玉のレポート冒頭の地図をみると、家畜市場は尾道駅からそう遠くないところ、国道2号を西へ行って、祇園橋を渡ったあたりだ。googleの地図でそのあたりを見たところ、市場はあとかたもなさそうだった。牛市のことは、こんど父や伯母ちゃんに訊いてみようと思う。

巻末には、既刊8冊、刊行予定2冊のリストがある。1冊目の『古代遺跡の旅』の著者は金達寿で、"飛鳥を中心に畿内を訪ねて、渡来文化を追う"と書いてある。7冊目は『鈍行列車の旅』で、著者は千田夏光と山田脩二、"のんびりとあわてず風土にふれるホントの旅"とある。他の巻も興味はあるが、とくにこの2冊はちょっと見てみたい。

この本をもう一度借りるのはハードルが高そうなので、『市のある町の旅』の目次にある20の市を書きだしておく。

1 こんな街に「お嫁に来たい」北海の朝市 函館
2 漁師[ヤンシュウ]の街のカニ売り、野菜売り 釧路
3 リンゴの花に囲まれた"明け"の朝市 余市
4 "かつぎ屋部隊"の津軽の朝市 青森
5 "トラさん"もいた、さびれた朝市 横手
6 素朴な湯の里の"あばたち"の朝市 温海
7 太平洋の潮の香ただよう街の朝市 勝浦
8 色にほれて野菜を買う市 新潟
9 働きものの女たちの朝市 髙山
10 海女あがりのかーかたちの朝市・夕市 輪島
11 奥越の小京都のいきな朝市 越前大野
12 女と喧嘩以外ならなんでも売る弘法市 京都・東寺
13 湯の町の、川のほとりのカニ売り 城崎
14 民芸としっくり合う街道筋の市 鳥取
15 牛が行く、馬喰たちの家畜市 尾道
16 魚を見るならこの浜へ、夜明けの魚市 三津浜
17 フェニックスの木陰の下で、楽しい日曜市 高知
18 焼き物の街の、余命危うい朝市 伊万里
19 歌声のように呼びかける朝市 呼子・壱岐
20 原爆の町の、愛情がこもった市 長崎

(7/5了)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4701-6c668886
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ