読んだり、書いたり、編んだり 

さらさらさん(大野更紗)

さらさらさんさらさらさん
(2013/03/13)
大野更紗

商品詳細を見る

6月に図書館で借りていちど読み、何人か予約待ちの人がいたのですぐ返して、また順番待ちの最後について、もういちどまわってきたのを借りてまた読む。

一冊目の本、『困ってるひと』が出てから、「作家」としてものを書くようになった大野さんが、「作家以降」にさまざまな場所で書いた、あるいは語った文章をおさめたのが、この本。「個展」のような本というだけあって、装丁もふくめ、どこを見ても、どこを読んでも、大野さんが湧きだしてくるようなつくり。

大野さんのもの言いは、なかなかきつい。その、歯に衣着せず、というようなところがおもしろい。大野さんは、ずどーんと率直である。ああ、こういう人が、あの『困ってるひと』を書いたんやなーと思う。
たとえば、古市憲寿と大野さんとが、『POSSE』の座談会で話したやつだと、こんな具合。

▼大野 実は、今回『POSSE』の編集部の方からいただいた座談会のテーマは当初、「若者は社会を変えられるか」だったんですね。率直に言いますが、「何を言ってるんだろう、この人」と思いました。川村くんとは一度話したことがあって、ブラック企業に悩んでいる若者の労働相談にのっていることも知っていましたから、なおさらです。
 「若者は社会を変えられるか」という問い自体に違和感を感じます。何かしようがしまいが、社会というものは変動していきます。わたしは、定期的に自分より若い人に会ってもらって、話を聞かせてもらうようにしています。頑張っている人がゴロゴロいます。頑張りすぎているくらいです。その人たちのことが見えないんだとしたら、相当「浮世離れ」しているか、何か違うものを守ろうとしているのではないでしょうか。あら、シーンとしちゃった。はっきり言いすぎたかな。(p.84)

あとのほうでも、こんなとこがある。

『POSSE』はそもそもブラック企業問題の雑誌ですけど、若い人にはあまり読まれていませんよね。非常に限られた関心領域を持つ大学生や大学院生しか買わないでしょう。美容院で働いている子とか、それこそブラック企業に就職しようとしている私立女子大の女の子とか、18~22歳くらいの子たちに会ってもらうとき、『POSSE』を見てもらいました。「何が書いてあるかわからない」とはっきり言われました。(p.104)

厳しい(笑)。そしておもしろい。大野さんが読んだら、『We』なんか、なんて言われるやろ…と考えてみたりする。

そして、大野さんは、本を読んで紹介するのがめっちゃ好きな人であった。巻末に収録されている「困ってるひとの本棚」の約100冊の選書をみても思う。そこには「わたしは本が好きで、他の人が書いた本の宣伝をするのが大好きです」と書いてある。

あるとき、大野さんが選んだ本を、丸善ジュンク堂書店に100冊くらい置いてもらえることになって、「ポップは手描きします!わたし、全部にコメント書きます!」と豪語した大野さんが、ちぎってはなげ、ちぎってはなげ状態で書いたポップが、この巻末の数ページに入っている。

私が読んだことのある本も、読んだことのない本も、知ってるのも知らないのもいろいろあって、これがおもしろい。

これは私も読んだことのある『知の広場~図書館と自由』の近くに、大野さんが「ハラショー!すばらしー!」と書いてる『夜明けの図書館』とか、「本は人を、自由にする」と書いてる『刑務所図書館の人びと』とか、「図書館関係者、必読!!」と書いてる『デンマークのにぎやかな公共図書館』が並んでいる。このあたり、ぜひ読みたい。

(6/15、一読)
(8/15、二読)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://we23randoku.blog.fc2.com/tb.php/4690-bf597463
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第42回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ